■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【選挙違反過ぎる】「桜前夜祭」5千円会費払わなかった人も!?「有権者買収」の実態がますます濃厚に!安倍総理の国会説明も”大ウソ”!

【選挙違反過ぎる】「桜前夜祭」5千円会費払わなかった人も!?「有権者買収」の実態がますます濃厚に!安倍総理の国会説明も”大ウソ”!
Pocket

どんなにゅーす?

・国会閉会後も追及が続いている「桜を見る会疑獄」について、安倍総理の後援会主催による「桜を見る会前夜祭」において、本来支払うべき会費5千円を支払わずに会に参加していた人がいた疑いが浮上。安倍総理の地元・山口県下関市の田辺よし子市議が野党主催のヒアリングで証言した。

・安倍事務所主催の前夜祭について、本来の金額から不当に安くした上で、有権者に余興や飲食物を提供していた疑い(公選法違反・政治資金規正法違反疑惑)がくすぶる中、一切の金銭を支払っていなかった有権者すらいたとの情報が出てきたことで、ますます重大な選挙違反行為があった可能性が出てきている。

会費払わず夕食会に参加か 桜見る会前夜、下関市議が指摘

今年の「桜を見る会」前夜に、安倍晋三首相の後援会が主催した夕食会を巡り、山口県下関市の田辺よし子市議は19日、国会であった野党追及本部の会合で、参加者の中に「会費を支払わなかった人がいる」と証言した。田辺市議自身は参加していないが、地元市民の複数の参加者に聞き取りをした結果、判明したとしている。

田辺市議は、聞き取りをした参加者の中に領収書をもらった人がいなかったとも証言し「発行をしていなかったのではないか」と指摘した。安倍首相はこれまで「受付で事務所職員が1人5千円を集め、ホテル側が発行した領収書を手渡した」と説明していた。
(共同)

【東京新聞 2019.12.19.】

「桜懇親会費払わず」 出席者聞き取り 下関市議が報告

~省略~

田辺氏は、首相に近い下関市議が桜を見る会に多数出席したとも指摘した。

田辺氏は追及本部終了後、記者団に、今年の懇親会に参加した下関市内の約四十人に聞き取りをしたところ、三人が「会費を支払っていない」と答えたと説明した。聞き取りをした人のうち、会費支払時に、領収書をもらった記憶がある人は一人もいなかったという。

~省略~

首相は十一月の参院本会議で、懇親会では安倍事務所の職員が参加者から一人五千円を集め、お金は受け付け業務終了後にホテル側にすぐ渡しており、後援会としての収入、支出はないと説明。公選法や政治資金規正法に触れないとの立場を示した。

【東京新聞 2019.12.20.】

また安倍総理が大ウソ!「受付で事務所職員が1人5千円を集め、ホテルが発行した領収書を手渡した」と説明したのに、「領収書を受け取った」と答えた人は40人中ゼロ!

出典:NHK NEWS WEB

数々の重大疑惑がくすぶっている「桜を見る会前夜祭」に、さらなるとんでもない情報が出てきたわっ!
この、田辺下関市議の聞き取り調査の結果を総合すれば、安倍総理の「受付で事務所職員が1人5千円を集め、ホテル側が発行した領収書を手渡した」との話は、悪質な虚偽説明だったってことじゃないのよっ!!

しかも、田辺市議がおよそ40人の下関市内の有権者に聞き取りを行なったところ、3人もの参加者が「会費を払わなかった」と答えた上に、なんと「領収書を受け取った」と答えた人はゼロ
ホテルニューオータニで行なわれた「前夜祭」の異様な実態に対して、当初から強い疑惑の声が噴出しては、安倍総理の主張を鵜呑みにする人間は(正常な判断力を失ってしまったカルトシンパや工作員以外)ほとんどいないような状況だったけど、「やっぱりそうだったか」という他ない。

安倍総理の(怪しさ満点の)主張を受けて、巷では、「たったの5千円でパーティーを行なうことは可能なのかどうか?」みたいな議論が起こっては、「ビール一杯と乾きものだけなら、不可能ではないかも…」みたいな話が出ていたけど、こうした必死の論争もどうやら”徒労”だったようだ。
領収書すら受け取った覚えがない参加者がここまで大量にいるということは、そもそも会費自体が「あってなかったようなもの」なのだろうし、もっと多くの人に聞き込みを行なえば、さらに会費を払っていないと証言する人が出てくる可能性もある。
どっちにしても、会費を払っていない人が実際にいたのなら「話は早い」し、安倍総理の説明も(例のごとく)稀代の大ウソだったことも確定的だ。

ちなみに、前夜祭については、安倍総理の地元選挙区支部が旅行会社に対して巨額の旅費を支払っていたとの実態も判明しているし、新たに発覚した情報を加味しても、どこからどう見ても、公選法違反と政治資金規正法違反は”確定”としか言いようがない。
特捜は現在、自民・秋元衆院議員のワイロ疑惑について捜査を進めている様子だけど、こっちの安倍総理の公選法違反疑惑の方が、よほど簡単に逮捕まで漕ぎ着けられるし、優先順位が間違っているように感じられるのは気のせいかな?

結局は、「(安倍政権の)子分の違法事件」ばっかりにメスを入れては、日本で最も腐っている総理大臣を捕まえる気は全くないってことね!
やっぱり日本の特捜の存在自体、”インチキ臭い”ことこの上ないし、「本当の上級国民」(長州テロリスト一派)は、どんなズルや違法行為をしても、警察や検察に捕まることはないってことねっ!

改めて、どんな犯罪をしても逮捕されない安倍一族の「超権力」を痛感せざるを得ないね。
でも、日本が世界に冠たる「腐敗大国」であることを世界の人々に強烈に認知されてしまわないためにも、(たとえ一時の「帳尻合わせ」だとしても)いい加減に特捜は「桜疑獄」の捜査に動いた方がいいんじゃないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事