■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ブラック】竹中パソナによる「日本創生大学校 ギャップイヤープログラム」が話題に!「薄給&多額の天引き」で、まさに「現代版奴隷制度」か!?

【ブラック】竹中パソナによる「日本創生大学校 ギャップイヤープログラム」が話題に!「薄給&多額の天引き」で、まさに「現代版奴隷制度」か!?
Pocket

どんなにゅーす?

・竹中平蔵氏が会長を務めるパソナグループがスタートさせる「日本創生大学校 ギャップイヤープログラム」がネット上で話題になっている。

・同社は「コロナ禍における雇用創出と人材育成を目的にしたプロジェクト」と謳っているものの、給与は大卒で16万6000円・短大専門卒では16万1000円・高卒では15万6000円で、ここから寮費2万6000円、食費5万4000円などがパソナ側に取られる仕組みとなっており、手取りで6万円程度しか残らないことから、ネット上では「現代版奴隷制度」「パソナのビジネスセミナーに住み込みで通わされるようなもの」などの声が上がっている。

パソナグループ 緊急雇用創出・人材育成プロジェクト『日本創生大学校』始動
新卒未就労者支援『ギャップイヤープログラム』 2021年4月開始
~ 日本の将来を担い、未来を創る若者を最大1,000名募集 ~

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之)は、コロナ禍における雇用創出と人材育成を目的にしたプロジェクト『日本創生大学校』を開始いたします。
第1弾として、コロナ禍において困難な就職環境に直面する2021年3月以降に卒業予定の新卒未就労者(大学、大学院、短大、専門学校、高校)を対象に、最長2年間パソナグループの契約社員として働きながら、ビジネスの基礎や社会人としての教養を身につけることで、キャリアブランクを作ることなく、自らの可能性を広げるキャリア形成プログラム『ギャップイヤープログラム』を2021年4月より開始いたします。

パソナグループは、リーマン・ショック後、若者の就職率が急激に悪化した2010年から、働く意欲がありながら就職できなかった新卒・既卒者に、社会人の基礎となる教育研修や就労機会を提供する「パソナフレッシュキャリア社員制度」を提供し、約3年間で約7,300名の就労支援を行いました。

そしてこの度、パソナグループはコロナ禍において困難な就職環境に直面する2021年3月以降に卒業予定の新卒未就労者を対象に、キャリア形成プログラム『ギャップイヤープログラム』を2021年4月より開始いたします。
本プログラムの参加者は、パソナグループに入社し、最長2年間、働きながら様々な研修プログラムに参加することで、社会人に必要な知識・体力・実行力・協調性・創造性・管理能力などを身に付けることができます。

~省略~

【PASONA 2020.12.16.】

「簡単に首を切れる奴隷を大量生産したい」竹中パソナが、満を持して「コロナ禍」を口実にした「奴隷生産プロジェクト」をスタート!?

出典:薄荷らぼ。

↓パソナの「日本創生大学校 ギャップイヤープログラム」の募集要項より。

出典:PASONA

「若者は貧しくなる自由がある」「首を切れない社員は雇えない」などの、日本国民を奴隷化させるための数々の名(迷)言で知られる竹中平蔵氏のパソナが新たに打ち出した「日本創生大学校 ギャップイヤープログラム」が話題になっています。
表向きには「本プログラムを通じて、日本の未来を担う若者がキャリアブランクを作らず、才能・能力を発揮できる機会を創出すると共に、就職先が大都市圏に集中する問題にもメスを入れ、地方でイキイキと活躍する若手人材を育成し、日本全国に輩出してまいります」などと謳っていますが、その実態はネット上で指摘されているように、就職難や経済難にあえいでいる若い人たちを巧みに引き込み、「生かさず殺さず」で搾取しながら「首を切れる社員を大量生産」していくための、「奴隷大量生産プロジェクト」であることを疑うべきでしょう。

「日本創生大学校」とは、こりゃまたいかにも竹中パソナらしい、欺瞞に満ちたネーミングだね。
ネット上では、「就職難であえいでいる若い人にとってはとてもありがたい制度だ」なんていう声も上がっているけど、多くの若い人々に「そう思わせる」ことこそが、実は竹中氏らグローバリストの「大きな狙い」なんだ。

彼らが作ろうとしているのは、まさにりのクンが言っているように「生かさず殺さずの現代版奴隷制度」であり、自由や余裕も全くない「キツキツの生活」をさせながら、なおかつ、「どうにか食いついないで生きていられる」という状況を作り出すことで、自分たちを貧しくさせている「グローバル権力層」に怒りの矛先が向かわないように、巧みに民衆の心理状態をコントロールしている状態だ。

一昔前の奴隷制度みたいに、激しい暴力や圧力で支配しようとすれば、たちまちのうちに民衆から暴動や蜂起が起こるのは歴史が証明している。
グローバル支配層は、そうした「過去の事例」をしっかりと学習しており、戦後以降は、「生きるためには生涯休みなく働き続けないといけない」状態を作り出すことで、「搾取の構造」を以前よりも分かりづらくさせながら、民衆が「適度に疲弊」する状態を作り出し、なおかつ、「偽装民主主義」のシステムを民衆にあてがい、学校教育やマスコミを通じてそれらに対する”信仰心”を育て、さらには日頃のストレスをゲームやテレビ、芸能、性的コンテンツなどに発散させることで、かつてないまでに「従順な奴隷たち」を作り出すことに成功した。
こうした日本国内における「最新鋭の奴隷システム」をけん引してきた中心人物(日本におけるグローバリストの番頭)がまさにこの竹中平蔵氏であり、彼の頭にあるのは、「日本国民からいかに搾取し、思い通りの”使い捨て奴隷”を量産させることが出来るか」だけだ。

ボク自身は、こうした竹中氏の思想の原点には、竹中氏自身の根底にある「日本に対する深い恨み」が存在しているものとみているけど、こうした「売国システム」が、竹中氏ら経済界に加えて、政界・官界さらにはマスコミ界にまで浸透してしまっていることで、今の日本の貧困化や国家そのもの劣化や衰退がここまで進行しているものと考えているよ。

これこそが、1%の支配層が長年かけて構築させてきたグローバリズムの”神髄”であり”カラクリ”ということですね。
このまま竹中氏らが強大な権力を握り続ける限り、私たち日本国民に待っているのは「真性的なディストピア」しかありませんし、まずは、日本国内において「真性的な愛国・保守勢力」を大きくしていき、選挙制度を通じて(今や極限まで腐敗しきってしまっている)政界から変えていくことで、この「最悪のスパイラル」を断ち切っていくほかに方法はなさそうですね…。

幸い、竹中平蔵氏に対する反発や怒りの声は、思想やスタンスを問わずに日に日に高まってきており、こうした動きをより大きなものにしていかなければならない。
竹中氏の「強大な権力の根源」を突き詰めていくと、日本の壮大な闇や腐敗(ディープステート)にたどり着くことになるだろうし、日本も米国同様に、「沼の大掃除」が必要な時期に差し掛かってきたのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事