【!?】オリンピックの公式Twitter、ヘッダーがなぜか「22年北京五輪」に切り替わる!→ネット「東京五輪はどこ行った?」「もう完全に見捨てられたか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ危機で開催が疑問視されてきた上に、森喜朗組織委会長の「女性蔑視発言」が世界中で批判の嵐になっている中、オリンピックの公式Twitterのヘッダーが「22年北京冬季五輪」に切り替わったことが話題になっている。

・つい最近まで東京五輪のヘッダーだったとのことで、ネット上では、「東京五輪はどこ行った?」「もう完全に見捨てられたのか」「森会長の発言が原因なのか?」などの声が上がっている。

↓オリンピックの公式Twitterより。ヘッダーがなぜか「22年北京冬季五輪」になっている。

出典:Twitter(@olympics)

森喜朗氏の「暴言報道」の直後に、オリンピックの公式Twitterが「2022年北京冬季五輪」に変更に…!公式からの説明は今のところ何もなし!

えええっ!?
ほっ、本当にオリンピックの公式Twitterのヘッダーが北京五輪のものに変わってしまってますぅ~~!!
…てことは、やっぱあれですか、水面下ではもう完全に中止が決まったってことでしょうかぁ!?

にゃっは~~~!!
こりゃウケるにゃあ!!
関係にゃいけど、北京五輪のパンダしゃんのキャラ可愛いにゃ~!!

本当だ。
しかも、インターネットアーカイブに保存されている情報を参照する限り、森喜朗会長が常軌を逸した暴言を発したことが報じられた(朝日新聞の第一報がウェブで出たのは、2月3日の18時4分)直後の2月3日23時57分の時点でヘッダーが差し替えられており見事にタイミングが一致しているのも気になる。

つまり、この状況を邪推すると、これまでも水面下で「中止」の路線で進んでいた(日本側はこれに猛反対)中で、「森会長の例の発言で、国際機関から完全に見切りを付けられた」といった内情が思い浮かぶし、近々(強制的に中止を言い渡された)日本側が公式にこの状況を発表することになるのかな?

まあ、いずれも憶測の域を出ないものだし、ネット上では「単に北京五輪の1年前になったことで機械的にヘッダーが変えられたのでは?」といった意見も出ているけど、果たして真相やいかに?
ま、いずれそう遠くない未来に全てが分かることになるだろう。

公式側からも今のところ何の説明もなしみたいですしぃ、これはますます様々な憶測を呼ぶことになりそうですねぇ。
そもそも、世界のコロナ危機が終わる見通しがない中で、北京五輪も開催されるのかどうかが危うい状況ですしぃ、これから日本や世界が一体どうなっていくのか、あまりにも分からないことだらけですぅ!!

そうだね。
武漢の研究所からウイルスが流出した疑いも今も大きくくすぶっている上に、中国も実際はどのような感染状況なのかがよく分からない部分が多いし、まさに、ボクたち世界中の一般市民にとって「一寸先は闇」といえそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事