【まるで秘書官】NHK政治部記者が、文春記者に”圧力”ともとれる電話!「NHKで二階派を担当しているXと申します」→ネット「これがNHKの正体か」「実名を出せ」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権の腐敗や不正を暴くスキャンダルを報じ続けている週刊文春に称賛の声が相次いでいる中、文春記事の中で触れられていた、自民政治家からの意向を受けて、文春記者に圧力ともとれる電話をかけていた「二階派担当のNHK政治部記者のX氏」が話題に「まるで秘書官」「実名を出せ」などの怒りの声が殺到している。

価値ある政権スキャンダルを連発中の週刊文春をNHKが脅し!?ほとんど自民政治家の秘書官や工作員同然の「NHK政治部記者」!

出典:阿修羅

安倍政権の不正や腐敗を報じ続けている週刊文春に称賛の声が相次いでいる中、ネット上では、文春記者に対して火消しや圧力ともとれる電話をかけていた「NHK政治部記者のX氏」について、大きな怒りの声が上がっています。
これこそ、日本のマスコミの実態や正体をよく表しているものですし、官邸の番記者や政治部記者というのは、事実上の「有力政治家の秘書官や工作員」といってもいいモノのようです。

「見知らぬ番号から電話」ってことは、普段から全く何の交流もない”赤の他人”ということだし、政治部記者というのは”親分の政治家”のために「ここまでする」もんなのか

黒川弘務元検事長と日常的に賭けマージャンをやっていた産経・朝日の記者もそうだけど、あの、伊藤詩織さんとの性暴力裁判で敗訴した山口敬之氏(今も控訴中)も、「元TBSのジャーナリスト」とは名ばかりの、安倍総理菅長官の秘書官のような存在だったみたいだし、彼ら(政治家・官僚などの、いわゆる国家権力者の番記者)は、国民が最も信用してはいけない存在(つまりは国民の敵)といってもいいだろう。
彼らの「仕事」は、仕えている権力者にとって有利な提灯記事を書いたり、ミスリードを流すことであり、平たく言えば、「国民騙し」「洗脳・プロパガンダ」を本業としている詐欺師のようなもんだ。
欧米などの場合は、まだ「マスコミとしての建前や体裁」を重要視しては、政治家と会食をしたり「持ちつ持たれつの関係」を作ることが「恥ずかしいこと」「やってはいけないこと」との認識が浸透しているようだけど、日本の場合は、それすらも全くないようだし、むしろ「これが当たり前」「政治家とズブズブで何が悪い」などとなっている節さえある。

幹部が安倍官邸と一心同体のような状態になっているNHKはもちろんのこと、ほとんど全ての主要テレビ局も同じような状態だろうし、テレビ局に加えて、大手新聞社や通信社の幹部(読売・朝日・毎日・産経・時事通信など)も日常的に安倍総理と飯を食うなど、まさに、根本から腐ってしまっている

これでは、真に国民にとって有益な報道など出来るはずがないし、必然的に(衝撃的な記事を報じ続けないと潰れてしまう)文春などの週刊誌や日刊ゲンダイなどの中小メディアばかりが、よほど有益な記事やスクープを出し続けることになる。

このようにみてみると、すでに日本の大手マスコミは死に体同然といってもいいような有様ですし、安倍政権お抱えの「国民洗脳広報機関」として捉えておいた方が良さそうですね。

言い方を変えると、今や、自らでネットサーフィンするか、書店などに行って「信頼できそうな情報」を吟味し、じっくりと探していくほか、真に国民にとって有益な情報を入手することはできなくなっているということだ。
テレビや新聞、表層的なネット記事などを通じて、「簡単に入手できる情報」ばかりに頼っていると、まさに、1%の権力層によっていいように洗脳され、愚民化されてしまうし、一人でも多くの国民が、「受け身による”劣悪な”情報享受」から脱し、自らで有益な情報を欲しては、信頼できるメディアや情報源を探し当てていく習慣を身に着けて欲しいと思っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事