【鋭い指摘】森永卓郎氏、菅政権のコロナ対応について「『生産性の低い』と考える高齢者を清算しようとしているのではないかと思ってしまう」→ネットで多くの賛同の声!

Pocket

どんなにゅーす?

・意図的に新型コロナウイルス感染を拡大させているようにしか見えない菅政権の後手後手のコロナ対応について、経済アナリストの森永卓郎氏が、「コロナ無策の背景は何か」と題するコラム記事において、「『生産性の低い』と考える高齢者を清算しようとしているのではないかと思ってしまう」などと推測。これに対し、ネット上で多くの賛同の声が上がっている。

【森永卓郎の本音】コロナ無策の背景は何か

新型コロナの感染が急拡大している。21日の新規陽性者数は2592人と、過去最多を更新した。本来なら緊急事態宣言の発動や外出自粛の要請を出してよいレベルの数字なのに、政府の動きは鈍かった。それどころか、「GoToキャンペーン」を継続して、感染拡大をむしろ煽(あお)ってきた。

感染抑制に消極的なのは東京都も同じだ。

~省略~

なぜ、第3波に関しては、政府が強い感染抑制策を取らないのだろうか。

合理的な科学的な根拠は、たった一つしか見つからない。新型コロナの「弱毒化」だ。

厚生労働省の発表によると、11月18日時点の新型コロナの死亡率は1・5%と、7月15日時点の4・4%と比べて3分の1に下がっている。しかも、30代までの死亡率は0・0%で、40代が0・1%、50代が0・4%と、いまや現役世代は新型コロナに感染しても、ほとんど死ななくなっているのだ。

しかし、問題は高齢者だ。現時点の死亡率は、60代で1・9%、70代で6・2%、80代以上は14・8%と、かなり死亡のリスクが高いのだ。感染が拡大すれば、多くの高齢者が死ぬのは、確実なのだ。

~省略~

経済学者には、「清算主義」あるいは「創造的破壊」という思想を持つ人がたくさんいる。経済成長をするには、生産性の低い企業を潰して、生産性の高い企業に資源を集約しなければならないとする思想だ。もしかすると、政府が「生産性の低い」と考える高齢者を清算しようとしているのではないかと思ってしまうほどの動きの鈍さだ。

【スポーツ報知 2020.11.22.】

「日本の”大貧困時代”の到来」をいち早く予言してきた森永氏が、確かな根拠を用いて菅政権の「国民殺し政策」を指摘!

出典:森永卓郎 official web site

大手メディアに出ている言論人としては貴重なほどに「日本の衰退や劣化」を的確に言い当ててきた森永卓郎氏が、菅政権による新型コロナ対策について「『生産性の低い』と考える高齢者を清算しようとしているのではないかと思ってしまう」と推測。これに対して多くの賛同の声が上がっています。

森永氏は、今から17年前の小泉政権が大勝した2003年に「年収300万円時代を生き抜く経済学」という本を出し、日本全体が「小泉ブーム」に沸いていた当時から、日本の労働者の賃金がどんどん下がっていくことをいち早く予言
そして、新たに「年収200万円でもたのしく暮らせます コロナ恐慌を生き抜く経済学」という本を出しては、これからさらに日本国民全体に深刻な貧困が広がっていくことを示唆している、非常に良心的かつ確かな推察眼を持っている人物だ。

↓「グローバル資本主義が音を立てて崩れ始めているために、仮に新型コロナウイルスが収束しても世界的な大恐慌に発展する可能性が高い」と森永氏。

検証「年収200万円時代」予言の森永卓郎氏…本人の暮らしぶりの実態は?

~省略~

――『年収200万円でもたのしく暮らせます』が話題を呼んでいます。そもそも、ほんとうに年収200万円時代が到来するのでしょうか?

【森永】これから、過去に例のないほどの大不況が訪れます。これまで30年間続いてきたグローバル資本主義が音を立てて崩れ始めているために、仮に新型コロナウイルスが収束しても世界的な大恐慌に発展する可能性が高いからです。市場は冷え込み、規模を問わず企業の倒産、従業員のリストラが相次ぐでしょう。みなさんの給料はどんどん削られていくに違いありません。

2003年に私は、『年収300万円時代を生き抜く経済学』(光文社)という本を上梓しし、大きな反響を得ました。

サラリーマンの平均年収は300~400万円にまで落ち込む。抜本的な生活スタイルの改革が必要だと訴えました。いまの経済状況は当時より深刻です。

おそらく、普通の正社員でも、業種・職種によっては、年収200万円台という人が大半を占めるようになるのではないでしょうか。100万円台の人が出てきてもおかしくありません。

~省略~

――意識を変えて、生活スタイルを見直すこと。そうは言っても、「テレビや執筆の仕事で活躍する森永さんは、きっと裕福な暮らしを送っているに違いない」と国民全員が信じて疑いません。

【森永】そんなことはないですよ。じつは、私は30年以上前から都心から1時間半もかかる都会と田舎の中間に存在する「トカイナカ」で生活しており、そこから都心に出稼ぎに出ています。

東京と比べれば、自然も豊かで、人の密集もはるかに少ない。近隣の農家が作った農産物を直接買うこともできます。私自身、畑を借りて、野菜作りもしています。こうしたトカイナカこそ、年収200万円時代でも豊かに暮らすのにふさわしい「理想郷」なのです。

東京の人たちが必死に働き続ける理由の一つに、高い家賃と住宅ローンが挙げられますが、私が住むトカイナカに住めば、家賃は劇的に安くなります。トカイナカにいても、これまで通りの仕事はできます。パソコンがあれば、オンラインで会議や打ち合わせは可能です。

~省略~

【PHPオンライン衆知 2020.8.6.】

ボク自身もこれまで、「菅政権は意図的にコロナウイルスをばら撒き、日本国民に深刻な脅威や恐怖を醸成しているようにしか見えない」と指摘し続けてきたけど、森永氏も別の視点から「意図的に『生産性の低い』高齢者を清算しようとしているのでは?」と言っているし、つまりは、「(半強制的な)ワクチン大量接種」「生産性の低い国民の削減」など、菅政権(とその上に控えるグローバル資本勢力)にとっては、日本国内に新型ウイルスをばら撒くことは、(実は)色んな意味で「様々な利益がある」ってことだ。

一見すると、「既存の経済システムを大きく破壊させる可能性が大きい」というのは、グローバル資本勢力にとっては大きなデメリットなのかと思ってしまいがちですが、森永氏が「『清算主義』あるいは『創造的破壊』という思想を持つ人がたくさんいる」と言っているように、「ニューノーマル」や「グレート・リセット」を掲げては、既存の民主主義社会や経済システムを自ら破壊しようとしているグローバル資本勢力にとって、新型コロナの世界的流行は「渡りに舟」といえるような”最も望んでいた展開”ということですね。

森永氏は、これまでの数々の予測や推測を当ててきた経緯を見ても、「グローバル資本勢力が日本や世界をどのように変えようとしているのか?」を的確に読み解いていることが分かるし、なおかつ、それらを隠さずに(暗示的な表現を用いて)国民に警鐘を鳴らしてきたという意味で、日本でも貴重な信頼性の高い経済専門家と言えるだろう。

菅政権は、竹中平蔵氏やアトキンソン氏など、より獰猛な”ハゲタカ”グローバリストを直接的な経済ブレーンに置いた、より急進的な「グローバリスト内閣」といえるし、まさしく「国民の命や健康よりもグローバリストへの利益誘導」の政策をどんどん推し進めていく危険性が高い。
国民自身も、いよいよ自分たちに「生命・健康への危険や脅威がより高まってきている」ことを肝に命じつつ、出来る限りの防御策やサバイバルしていくための術を手に入れていく必要があるかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事