【宣戦布告】宮迫とロンブー亮が告発会見!「会見したらクビだと社長に言われた」→吉本からの脅しの数々を暴露、”全面対決”へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月20日、闇営業問題の発覚で吉本興業から謹慎処分を受けたロンドンブーツ1号2号の田村亮氏と、契約解除を受けた雨上がり決死隊の宮迫博之氏が記者会見を開催。一連の不祥事について謝罪したうえで、吉本興業から不当な脅しがあったことを告発した。

・宮迫氏によると、ロンブー亮氏が吉本の岡本社長に「記者会見を開き、受け取った金額のことなどを話したい」と要請したのに対し、岡本社長は「それなら全員連帯責任でクビにする。」「俺にはお前ら全員クビにする力がある」などと言われたとのことで、会社側から会見をしないように脅されたことを告発。

・また、会社に対して不信を募らせていた2人に対して、「2人の引退会見か、2人との契約解除のどちらかを選んでください」との書面が送られてきたことも暴露。2人は芸能活動を継続したい意向を明かしつつ、不当な圧力を受けてきた吉本興業と対決していく姿勢を明らかにした。

宮迫と田村が爆弾発言でクーデター 吉本激震「会見したらクビだと岡本社長に言われた」

反社会的勢力との“闇営業”問題を巡って、お笑い芸人の雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮がそろって、7月20日午後3時から都内で会見を開いた。

2人はお金をもらっていたことを早期に会見で説明したかったが、会社側からは「静観でいきましょう」と、事実上の口止めを指示されていたと主張。吉本興業の岡本昭彦社長から、「会見したら全員クビだと言われた」と述べた。

~省略~

会見で注目されたのは、吉本興業側がお金をもらっていた事実を6月8日には把握していたのに、6月24日まで発表していなかったという部分だ。

宮迫によると田村亮から「お金のことを言いましょう」と言われた。金額は宮迫が100万円、田村亮が50万円だったので、会社に言わなければいけないと思って、レイザーラモンHGとガリットチュウの福島善成と合流。吉本興業の社員2人、弁護士2人の計8人で6月8日に面談したという。

社員や弁護士にはいくらもらったか金額を全て言ったが、「今更ひっくり返せませんよ」と会社側から言われて、いったん納得したという。その後宮迫は会見を開きたいと強く思うようになったという。

~省略~

そして吉本興業は、6月24日になってお金を受け取っていたことや関係者の処分を公表する。宮迫は岡本社長に会見をさせないよう圧力をかけられたと訴える。

「6月24日に急きょ会社に全員が呼ばれて、『全員謹慎です』と告げられた。もちろん僕自身は謹慎するのが当然ですが、僕と後輩たちの罪はまるで違います。田村亮くんは、『記者会見をやらせてください、自分たちの口で金額、経緯を伝えさせてください』と言ったが、『記者会見をさせるつもりはない』と(会社側の人から)断言された。田村亮は、『辞めてでも僕一人でもさせてください』と声を上げた」

そこで、吉本興業の岡本社長と宮迫ら5人だけで話をしたという。
「『亮、ええよと、お前辞めて一人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんだら全員連帯責任で首にするからな。それでもええんやったら記者会見やれ。俺にはおまえら全員首にする力があるんだと』と岡本社長から言われ、全員何も言えなくなりました。それが6月24日です」

会社側への不信感が高まり、弁護士をつけて交渉することになった。そうすると、会社側から宮迫と田村亮の弁護士に書面で、「2人の引退会見か、2人との契約解除のどちらかを選んでください」という内容が送られてきたという。

~省略~

【AERA dot. 2019.7.20.】

↓宮迫氏とロンブー亮氏による会見全編。

宮迫氏とロンブー亮氏が、「背水の陣」の覚悟で吉本の常軌を逸したブラック体質と、吉本とマスコミとのただれた関係を暴露!「大手局は吉本の株主だから大丈夫と言われた」

出典:YouTube

こ、これは凄いことになってきました!
急転直下で、宮迫さんとロンブー亮さんが記者会見を開催、その場で涙ながらに吉本興業の常軌を逸したブラック体質を告発しつつ、さらには、吉本の岡本昭彦社長の発言を取り上げつつ、吉本と大手マスコミとの腐敗した癒着関係を暴露しました!

ボクも、てっきり吉本からの「尻尾切り」に屈したまま宮迫氏が芸能界を引退してしまうものと考えていたけど、これは予想していなかった動きだったね。
2人の”爆弾発言”を聞いたマスコミ記者たちは、一体何を思ったのかな?

確かに、彼らが反社会勢力の会合や飲み会に参加していたことは間違ったことだったけど、もし、会社側からの圧力で、記者会見を禁止されていたり、「お金はもらっていなかった」などのウソをつくことを強要されたりしていたのだとしたら、これは、かなり話が違ってくることになる。

ここまでマスコミ界や芸能界全体を支配し、さらには政界(安倍政権)とも深く繋がっている吉本に対して、ここまで赤裸々な内情を暴露したということは、よほど2人が吉本に対して強い不信感や憤りを感じているということに他ならないし、吉本からの強い脅しを振り切って、自らの言葉でここまで多くのことを暴露した、2人の姿勢を最大限評価したいと思う。

これまでも指摘してきたけど、今回の闇営業問題は、芸人個人の問題というよりも、吉本の反社会的なブラック体質が引き起こしたものであり、ひいてはお笑い界や芸能界全体が反社会勢力と非常近しい関係を持ってきたことが発端になっているのは言うまでもない。

この先、より事細かな事実関係を明らかにしていく作業が必要になるけど、ここまで背水の陣で吉本に”宣戦布告”した2人に対して、今後応援していこうと思うよ。

そして、ジャニーズ事務所からの圧力問題に続き、吉本がマスコミ界を徹底支配してきた内情も当事者の口から暴露されましたし、様々なシーンを通じて、日本のマスコミ界の激しい腐敗(利得関係者の顔色ばかりを伺う実情)がここに来てどんどん暴かれてきていますね

ここまでの社会現象を巻き起こしている山本太郎氏の「れいわ新選組」を徹底的に隠す動きも、安倍政権のみならず、経団連企業をはじめとした大スポンサーに対して徹底配慮していることが原因だろうし、ここまで来れば、マスコミは落ちるところまで落ちて、一旦解体するしかないんじゃないかな。
それくらいに、日本のマスコミの体たらくぶりが次々と暴かれてきているし、いってみれば、ジャニー氏の死から今回の告発会見、そして山本太郎現象まで、全てが有機的に繋がっているということだ。

これで、吉本と「懇ろの関係」を築いては、政権PRに利用してきた安倍政権のイメージがますますダーティーなものになってきていますし、これらを機に、政界同様に腐敗しきってしまっているマスコミや芸能界も、一気に”浄化”させていくのがいいのではないでしょうか。

Pocket