ジャニーズ事務所、元SMAP3人がTV出演できないよう民放に圧力か!NHKが速報で報じるも、事務所は圧力の事実を否定!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月17日、ジャニーズ事務所から退所して芸能活動を行なってきた元SMAPのメンバー、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんについて、ジャニーズ事務所が3人をテレビ出演させないように、民放のテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして、「公正取引委員会が事務所を注意した」とNHKが報じた

・このNHK報道に対して、ジャニーズ事務所は即座にコメントを発表し、圧力をかけていたことを否定。公取から調査を受けたことは事実と認めた上で、「今後は誤解を受けないように留意したい」とコメントした。

元SMAP3人の出演に圧力か ジャニーズ事務所に注意 公取委

~省略~

関係者によりますと、公正取引委員会が関係者から事情を聴くなどして調査したところ、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに対し、独立した3人をテレビ番組などに出演させないよう圧力をかけていた疑いがあることが分かったということです。

稲垣さん、草なぎさん、香取さんの3人はテレビのドラマやバラエティー番組に数多く出演し、国民的な人気を集めていましたが、ジャニーズ事務所から独立後、出演していた民放テレビ局のレギュラー番組が次々に打ち切りとなり、現在、民放の番組への出演はなくなっていました。

独占禁止法では芸能活動に必要な契約の成立を阻止するなどして不当に妨害する行為を禁じていて、公正取引委員会は独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、17日までにジャニーズ事務所を注意したということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.7.17.】

ジャニーズ事務所「圧力」を否定、調査を受けた事を認める 「元SMAP」3人の民放出演巡り【発表全文】

~省略~

ジャニーズ事務所の発表の全文は以下の通り。

■ジャニーズ事務所の発表全文

2019年7月17日報道に関するご報告

弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道につきましてご報告申し上げます。

弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います。

2019年7月17日
株式会社ジャニーズ事務所

【ハフポスト 2019.7.18.】

民放の幹部は「圧力を受けたとは聞いてないが、制作側が過剰に忖度する構図はあったかも…」とお茶を濁すコメント!

出典:Wikipedia

ジャニーさんが亡くなってからまだ間もない状況ですが、いきなり凄いニュースが出てきました~!
大手のテレビ局がジャニーズ事務所の不祥事を伝えるなんてぇ、これだけでもテレビ界における大事件ですぅ~!

ああ。当サイトでも、ジャニー喜多川氏による、「ジャニーズ帝国」の腐敗や闇を問題視し続けてきたけど、ここまですぐに”変化”が生じてくるとは、いかに、(公取も動けなかったほどに)彼の影響力が凄まじかったのかを物語っているね。

しかし、ジャニーズ事務所は、素早くNHKが報じた圧力の事実を否定しており、どうにかこの件をウヤムヤにして収めようと必死に画策している状態だ。
朝日新聞の報道によると、公正取引委員会がジャニーズ事務所を聞き取り調査を実施したものの、(事情を知る人間も事務所からの報復が怖かったか)明確な違反行為を行なっているとのファクターを掴むことは出来なかったようで、今回は「注意」にとどめたとのことだ。
また、毎日新聞の報道によると、民放のある幹部は「事務所から明確な圧力を受けたとは聞いていない。ただ制作側が過剰に忖度する構図はあったかも…」何とも歯切れの悪いコメントをしており、いまだ、マスコミ全体においては、ジャニーズ事務所を激しく恐れている風潮が色濃く残っていると見える。

今後どこまでジャニーズ事務所からの”呪縛”からマスコミや芸能界が解き放たれていくことが出来るのかはまだまだ不透明だけど、従来とは異なる「新たな流れ」が起こり始めてきているのは確かみたいだし、今後の日本の芸能界における「新たな権力闘争」の行方について、よく見ていくとしよう。

早速この件でネット上は大盛り上がりですしぃ、改めて、今も高い人気を誇っているSMAPの影響力の大きさを感じますねぇ。
もし本当に、3人に対して圧力があったのなら、あまりにも酷すぎる事態ですしぃ、日本の芸能界の深い闇がこれを機に明らかになっていくことを願っていますですぅ!

Pocket