【変でしょ】毎日世論調査、安倍政権支持率が9Pの大幅アップ!安倍総理側近の河井前法相夫婦の逮捕にもかかわらず!→海外メディアも疑問を呈する!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年6月20日、毎日新聞と社会調査研究センターが世論調査を実施。その結果、安倍政権の支持率が36%と、前回調査と比べて9ポイントも大幅アップしたことが報じられた。(不支持率は8ポイントダウンの56%に。)

・安倍総理が法相に指名した上に、首相補佐官も歴任した安倍最側近の河井克行容疑者が妻とともに前代未聞の巨額買収容疑で逮捕されたものの、なぜか、安倍政権支持率が大幅に回復傾向にあることに、ネット上では疑いの声が噴出。折しも、フジ&産経の世論調査で大規模な不正が行なわれていたことが発覚した中、海外メディアもこの調査結果に疑問を呈する記事を発表した。

河井夫妻逮捕、首相の責任「重い」59% 内閣支持率36% 毎日新聞世論調査

毎日新聞と社会調査研究センターは20日、全国世論調査を実施した。河井克行前法相と妻の案里参院議員が公職選挙法違反容疑で逮捕されたことについて、安倍晋三首相の責任は「重い」との回答が59%を占め、「重いとは言えない」は32%だった。安倍内閣の支持率は36%。5月23日に行った前回調査の27%から9ポイント戻したものの、不支持率は56%(前回64%)と支持率を大きく上回る状態が続いている。

~省略~

新型コロナの問題で安倍政権の対応を「評価する」は26%にとどまり、「評価しない」はなお過半数の51%に及んだ。5月6日の調査では「評価する」が22%で「評価しない」が48%、23日は「評価する」が20%で「評価しない」が59%。事業者や個人への給付金がなかなか届かない一方で、給付事業の委託契約をめぐる問題などが批判されたことが評価の低迷につながっているとみられる。

~省略~

フジテレビと産経新聞の世論調査で架空の回答を集計する不正が繰り返されていました。毎日新聞の世論調査で同様の問題は起こりえないことを説明します。

毎日新聞の電話世論調査は今年4月までフジ・産経の委託先とは別の調査会社に実務を委託していました。そこから下請けへの再委託はしていません。

調査はコンピューターで無作為に数字を組み合わせた番号に電話をかけるRDS法で実施。対象者への電話はコンピューターがかけるため、実際に電話していない架空のデータを調査員が捏造(ねつぞう)することはできない仕組みになっています。

調査を実施するオペレーションセンターには必ず毎日新聞の社員が立ち会い、調査員と回答者のやり取りをモニタリングします。調査結果は、一件一件の回答が確認できる生データの形で受け取り、不審な点がないことをチェックしたうえで集計してきました。

~省略~

【毎日新聞 2020.6.20.】

Japan PM Abe’s support rebounds despite ex-justice minister’s arrest

TOKYO (Reuters) – Public support for Japanese Prime Minister Shinzo Abe’s cabinet rose by nine percentage points to 36% despite the recent arrest of his former justice minister on suspicion of vote-buying, a poll by the Mainichi Shimbun daily showed on Sunday.

~省略~

(訳:安倍首相、元法務大臣の逮捕にもかかわらず反発

東京(ロイター)-安倍晋三首相の内閣への国民の支持は、投票購入の疑いで前の法務大臣が最近逮捕されたにもかかわらず、日曜日に毎日新聞による世論調査では9ポイント増加して36%に上昇した。

首相と非常に親しいとみられていた東京の上級検察官が、5月下旬に日本のコロナウイルス緊急事態下でのギャンブルのために辞任した直後に行われた前回調査では、支持率は27%に低下した。)

【Reuters 2020.6.21.】

前代未聞の安倍側近の前法相逮捕にもかかわらず、なぜか政権支持率が大幅アップ!毎日新聞は「調査方法に不正はない」ことを強調も、都知事選に関する設問は公選法違反の「小池サポ」の疑い!

出典:YouTube

ついこの前にフジテレビ&産経新聞による大規模不正世論調査が明らかになったけど、早速、他にもおかしな調査結果が出てきたわっ!!
安倍総理の最側近の前法務大臣が酷い”イカサマ”(票を金で買う公選法違反容疑)で夫婦揃って逮捕されたっていうのに、どうして、安倍政権の支持率が大幅アップ&不支持率も大幅ダウンするのよっ!!

ご覧のように、海外メディアのロイターも、この調査結果に疑問を呈するような記事を出したし、どう考えてもおかしすぎるだろう。
しかも、フジ&産経によるインチキ発覚を受けて、毎日新聞は「自社の調査は一切の問題がない」ことを強調しているけど、そもそも、(この記事でも詳しく触れたように)今回の世論調査の中に含まれていた「東京都知事にふさわしいと思う人を選んでください」という設問は、公職選挙法で禁じられている「人気投票の公表」にあたる可能性があり、この結果をもとに「小池氏が圧倒的な人気がある」ことを大きく報じている時点で、悪質な「小池サポートの世論誘導」(洗脳報道)にあたると考えられる。

そもそも、東京都のコロナ感染数や死者数は、(人口を考慮しても)他道府県と比べて大幅に突出しており、事実上、小池都知事はコロナ対策に大きく失敗しているといってもいい。
それにもかかわらず、小池氏の評価が「うなぎ上り&圧倒的人気」というのは、かなり不可解な現象だし、そもそも大手マスコミが(ここまで有力な情報や根拠が出てきたにもかかわらず)現在ネットを中心に大きな話題になっている小池氏の学歴詐称疑惑を全くと言っていいほど報じないのは、あまりにも不自然だ。
つまりは、(小池氏を再選させたい1%の支配層からの意向を受けた)大手マスメディアが、世論調査や日常的な報道を通じて、小池氏の人気を「人工的に醸成」させ、日本国民を小池氏支持に誘導・洗脳している疑いが非常に強いってことだ。

そういう意味でも、毎日新聞の世論調査も大きな問題があるのは間違いないことであり、いくら「不正のしようがない環境にある」と声高に喧伝しているところで、これを簡単に鵜呑みにするのは危険といえそうだ。

普通に考えても、重要な都知事選の選挙期間にある中で、「誰が相応しいと思うか?」なんて質問すること自体が完全におかしいし、問題大ありじゃないのよっ!!
今回不自然なまでに支持率が上がったのも、前回の調査で実態に近い政権支持率を出してみたところ、これをみて激怒した安倍官邸から激しい圧力を受けて、あわてて数値を”調整”したんじゃないでしょうね!?

そう思われておかしくないくらいの不可解な結果だし、もし、本当に支持率が急回復に向かっているのだとしたら、日本国民の頭が(不安定な陽気やマスコミによる洗脳報道のせいで)ちょっとおかしくなってきているってことだろう。

いずれにしても、ここまで不可解な世論調査やおかしな報道が横行しているところを見ると、ますます、日本のマスメディアが1%のグローバル支配層の影響をモロに受けるようになっていることがうかがえるし、日本国民はよほどしっかりした「自立した思考」や「まっとうな感性」を持たない限り、本来持っている思考力をあっという間に抜き取られては、完全なる「1%のための使い捨てロボット」と化してしまう日もそう遠くないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。