【ブーメラン】原発事故当時の「議事録がない」のを猛批判する自民党議員の発言が続々発掘される!→あの「超大物政治家」まで!(新型コロナ議事録放棄問題)

Pocket

どんなにゅーす?

・緊急事態を伴った歴史的な国家危機にもかかわらず、安倍政権が新型コロナ専門家会議の議事録を残していなかったことが大きな問題になっている中、2011年3月の福島原発事故当時に民主党政権が原子力災害対策本部の議事録を残していなかったことに対し、これらの民主党の対応を猛批判している当時の自民党議員のツイートをネットユーザーが発見

・菅官房長官や世耕参院幹事長ら有力自民議員の過去発言が次々発掘されている中、「特大ブーメラン」などの声が上がっている。

新型コロナ専門家会議 議事録作成せず 官房長官「適切に対応」

新型コロナウイルス対策を話し合う政府の専門家会議について、菅官房長官は、発言者や発言内容をすべて記録した議事録を作成していないことを明らかにしたうえで、行政文書の管理に関するガイドラインに沿って適切に対応しているという認識を示しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は、行政文書の管理に関するガイドラインに基づき、国家や社会として記録を共有すべき「歴史的緊急事態」に初めて指定し、政策の決定または了解を行う会議などでは発言者や発言内容を記録し、それ以外は活動の進捗(しんちょく)状況などを記録するとされています。

これに関連して、菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、記者団が「政府の専門家会議で議事録が作成されておらず、こうした消極的な姿勢で後世の検証にたり得るのか」と質問したのに対し、「専門家会議は、ガイドラインの『政策の決定または了解を行わない会議』に該当する」と述べ、議事録を作成していないことを明らかにしました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.5.29.】

出典:Twitter(@Futookaiko)

第185回国会 参議院 国家安全保障に関する特別委員会 第5号 平成25年11月20日

027 安倍晋三

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 今委員が、原発事故にどう対応したかと外国との関係も含めた安全保障の政策を議論することを混同された、私、それはおかしいと思いますよ。
原発の事故についてどう対応していくか、これ残すのは当たり前じゃないですか。我が党の議員がそう指摘したことは全く正しいと思いますし、その指摘は今でも当然のことだろうと。我々は、もしそういう同じ事態になれば、どう対応したかということはちゃんと記録に残さなければならないと、このように思っているわけであります。
それが全く記録がないということ自体が私は異常であったと、このように思うわけでありますが、

~省略~

【国会会議録検索システム】

出典:Twitter(@omaeusobakkari)

たったの数年での凄まじい自民党の劣化ぶりに唖然!原発事故当初は「議事録を残さないのは言語道断の行為」などと揃って声を上げていた!

あらあら。
これは超特大のブーメランが大量だわ。
世耕さんにヒゲの隊長さん(佐藤正久さん)に、三原じゅん子さんに、菅長官や、なんとあの安倍総理まで
名だたる自民党議員みーんなが揃って、当時の民主党政権の原発事故対応について、議事録を残していなかったことを「民主主義の根幹を揺るがす行為」などとして猛批判していたなんてね。

お陰でボクも、当時の民主党政権時の原発事故対応の多くの問題点を思い出すことが出来たよ。
それにしても、あの三原じゅん子氏が、民主党政権当時には、こんなにしっかりとした国会質問を行なっていたなんてね。
大変に失礼ながら、「頭のネジが飛んでしまった、危険な安倍カルトおばさん」みたいな印象しかなかっただけに、「たったの数年でどうしてこんなになった?」といった感想しか出てこない。

思えば、河野太郎氏も同じような感じで、かつての面影が完全に消えてしまっては、凄まじいまでの劣化や反知性化を遂げてしまったけど、これらの惨憺たる状況については、上のツイートが結構本質を突いている感じだ。
つまり、この国の政治をよく見てみると、「強い権力や影響力を手に入れたり政権を取ると、決まっておかしくなっていく」ってことだ。

いかに、日本の政治や官僚制度を支配しているグローバル資本勢力(ジャパンハンドラー)の圧力や脅しが凄まじいのかってことだわ。
枝野さんも、官房長官時代には色々と問題が散見されたけど、再び野党に落ちた後に一から出直して立憲民主党を結党したまでは良かったものの、せっかく勢力をある程度伸ばすことができたか思ったら、またまた徐々におかしくなってきてしまったものね。

つまり、グローバリストによる、強烈なまでの「日本国民の愚民化・奴隷化」や「庶民からの徹底搾取」のアジェンダが常に継続的に推し進められてきた中、強い勢力を得たり政権を手に入れた政治勢力は、もれなくこれらのアジェンダを忠実に実行させられるように「システムが出来上がってしまっている」ってことだね。

このように考えてみると、安倍政権の連中がここまで知性が劣化してしまったのも、全てはグローバリストによる「政治勢力への反知性化(おバカ化)計画」による結果なのかもしれないし、要は、ありとあらゆることにおいて、「連中の計画通り」に、日本の民主主義の破壊や国家の崩壊(さらには人間そのものの劣化・崩壊まで)がどんどん進行してしまっているってことだね。

この「最悪のスパイラル」を断ち切るには、文字通り、揺るぎない愛国心と国民の生命を守る強固な意志の下に「命がけ」で政治家をやらないと、たちまち連中の「操り人形」にされるだけですし、果たして、こんな状況で私たちの国を救ってくれる人は現れるのかしら…。

残念ながら、すでに安倍政権はもう手の施しようがない状態の上に、枝野氏も望み薄だしなあ…。
本気でこの強大で凶悪なグローバリストに本気で立ち向かう、よほどの覚悟と信念がない限り、この凄まじい「強大な闇」を断ち切ることは不可能なんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事