【気味悪い】自民・三原じゅん子議員の演説にドン引きの国民続出!「安倍内閣に感謝こそすれ、問責などとは全くの常識外れ」「恥を知りなさい」→ネット「あんたこそ恥を知れ」「どっかのカルトみたい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年6月24日、安倍政権の腐敗を追及する野党が安倍総理の問責決議案を提出したことを受けて、自民・三原じゅん子議員が反対討論に登場。その内容がかなり「カルトチック」だったとして、ネット上でドン引きの声が続出している。

・三原じゅん子氏は、野党に対して「恥を知りなさい」と叱りつけたうえで、「こんな常識外れの問責決議案の試みは、完膚なきまでに打ち砕かないといけない」と主張。その上で、安倍総理に同調しながら「(民主党時代は)まさに悪夢だったのです。尻ぬぐいをしてきた安倍内閣に感謝こそすれ、問責などとはまったくの常識外れだ。愚か者の所業とのそしりはまぬがれません」露骨な安倍賛美を披露。

・この、自らの数々の不祥事を棚に上げながら野党をこき下ろした三原氏の演説に対し、ネット上では「あんたこそ恥を知れ」「どこかのカルトみたい」など批判の声が続出している。

ど迫力の三原じゅん子氏、問責決議案に「恥を知れ」

安倍晋三首相に対する問責決議案は24日午後の参院本会議で、与党などの反対多数で否決された。

立憲民主党の福山哲郎幹事長は、趣旨説明で「この2年、忖度(そんたく)、改ざん、隠蔽(いんぺい)が次々と明らかになった。どの問題をとっても、内閣総辞職に値する」と指摘した。

これに対し、自民党から反対討論に立った三原じゅん子参院議員は「恥を知りなさい」と反論。「こんな常識外れの問責決議案の試みは、完膚なきまでに打ち砕かないといけない」などと主張。腹の底から繰り出す、ど迫力の強いフレーズを駆使しながら、問責決議案提出の野党に反論した。

三原氏は、賃金や倒産件数など、民主党政権での経済状況に触れながら、安倍晋三首相の主張と同様に「まさに悪夢だったのです。尻ぬぐいをしてきた安倍内閣に感謝こそすれ、問責などとはまったくの常識外れだ。愚か者の所業とのそしりはまぬがれません」と主張。「もう1度申し上げます。恥を知りなさい」と発言した。

野党は当然、議席から三原氏に激しいやじをとばしたが、三原氏は「皆さん、やじっている場合ではありません。冷静に」と、淡々と応じた。

~省略~

【日刊スポーツ 2019.6.24.】

統一教会の教祖・文鮮明が好んだ「八紘一宇」を唱えた三原じゅん子氏が、またもカルト臭プンプンのドン引き「安倍賛美演説」を披露!

出典:YouTube

うわぁ…。
これまでもヤバいカルトとの関わりを見え隠れさせてきた三原じゅん子議員が、今度は、こんな気色悪い「安倍賛美演説」を披露したのね。
何から何まで自分たちのことを勘違いしまくっているし、どこからどう突っ込んでいいのか分からないようなトンデモ演説だわ。

さすが、統一教会のかつての教祖・文鮮明が好んで使っていた「八紘一宇」という言葉を国会で得意げに披露したことで、周囲をドン引きさせたこともあった三原じゅん子氏だ。
今回の演説も、文字通りカルト臭がプンプンだし、何よりも、民主党政権こそが「かつての自民党政権の尻拭いをさせられた上に、(自民党と直結している)グローバリストによってあっという間に崩壊させられてしまった」ことを完全に無視した上で、安倍政権自身が歴代政権でも例を見なかったほどに、数々の不正・不法行為を繰り返してきた「犯罪政権」であることも完全に棚に上げつつ、しまいに安倍総理をここまで神格化させてしまうのだから、もう開いた口が塞がらない。
これこそ、カルトの信者だけがなせるような技だし、こんなに恥ずかしげもなく、全国民に向けて超ド級の痴態をさらしてしまうのだから、ここまで来ると逆に「スゴイ」という気もしてくるね。

もぉ管理人さんてば~、感心してる場合じゃないわよぉ~!
こんな連中がこの先ますます日本の中心にのさばるようになってしまったら、それこそ、安倍総理が神様みたいな存在にまつり上げられちゃうし、いよいよ、日本が北朝鮮と同じような「本格的なカルト国家」になってしまうわぁ!!

なんか、すでに「カルト国家」になりかかっているような気もするけどね。
安倍総理のご先祖たち(長州テロリスト一派)によるかつての大日本帝国時代も、混じりっ気無しの「超カルト国家」だったし、日本国民は元々カルトに染まりやすい性質を持っているようにもみえる以上、冗談でなく今のこの状況はかなりヤバいといえる。

カルトというのは、いわば「究極的な思考停止の世界」「極限的な愚民化」ともいえるし、一刻も早くにカルトと距離を置いた野党勢力を大きくしていかないと、(背後にグローバリストの影が控える)巨大カルトと一体化している自民・公明によって、この日本は隅々までカルトに冒された状態に陥ってしまうことになるだろう。

Pocket

 

おススメ記事&広告