カンヌ最高賞受賞の是枝裕和監督を”全力無視”する安倍政権を、仏紙が痛烈批判!「記者からの質問でようやく称賛を述べた菅長官の口元は醜い虫歯が巣くっていた」

Pocket

どんなにゅーす?

・日本に蔓延する貧困層叩きへの批判精神から生まれた、是枝裕和監督による映画作品「万引き家族」がカンヌ映画祭で最高賞(パルムドール)を受賞したものの、これに一切の祝福コメントを出そうとしない安倍政権に対し、フランスの有力日刊紙「フィガロ」が痛烈に批判した。

・フィガロ紙は、羽生結弦選手などの平昌五輪のメダリストや、カズオ・イシグロ氏などのノーベル賞受賞者には安倍総理が率先して祝福を行なってきた一方で、是枝監督には対しては全く祝福しない背景には、是枝氏が安倍政権の政治状況を批判してきたことが影響していると分析。

・その上で、記者からの問いに対してようやく祝福を口にした菅官房長官に対し、「この称賛を述べた口元には醜い虫歯が巣くっていた」と痛烈に皮肉り、安倍政権の偏狭さと陰湿さを批判した。

カンヌ受賞の是枝裕和監督を祝福しない安倍首相を、フランスの保守系有力紙が痛烈に批判

5月22日、フランスの有力日刊紙『フィガロ』が「日本政府にとって窮地・困惑」という見出しの記事を掲載した。そこには、是枝裕和監督が『万引き家族』がカンヌ国際映画祭の最高の栄冠「パルムドール」を受賞したことへの、安倍政権の対応について書かれていた。(参照:「LE FIGARO」)
同記事では、リードで「是枝監督がカンヌ映画祭でのパルムドール最高賞を受賞していたが、海外での受賞に絶え間ない賛辞を贈るはずの日本の首相は沈黙を保ったままだ」と書き、その理由として「映画監督(是枝氏)が彼らの映画作品やインタビューの中で日本の政治を告発してやまない」ことをあげている。

そして、本文はこう続く。

「海外での優秀な賞を受賞した日本国籍の人に対して、日本政府が称賛の意を慎むということは非常にまれだ。2016年のノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典氏、それに引き続いてノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏、そして、平昌冬季オリンピックでメダルを獲得した日本人選手たち、かれらはすべて安倍晋三首相から称賛され、賞を授与されたものもいる」

~省略~

「『万引き家族』は、長編作品として保守的政府への強烈な揶揄をした批評として受賞した。そして、是枝映画監督はこの国の過去の政治文化に対して強烈な批判をしてきた」

是枝監督は2016年9月、ウェブサイト「Forbes JAPAN」のインタビューで、東京国際映画祭についてこう述べている。(参照:「Forbes JAPAN」)

「残念ですが、東京国際映画祭はいまだ『日本映画を売り込む場所』という認識が強い。国威発揚としてオリンピックを捉えるのとまったく同じです。『映画のために』『スポーツのために』と考える前に、『日本のために』を考えてしまう、その根本の意識から変えていかないと、映画祭もオリンピックも本当の意味での成功は成し得ないと僕は思う。

~省略~

フィガロ紙は最後に、安倍政権の対応を痛烈に批判した。

「カンヌ映画祭のあった日曜日に受賞した是枝監督のインタビュー記事が、ながながと日本の映画雑誌で報道されても、安倍首相及びその取り巻きの政治家からは一言も言葉が発されなかった。その翌日、月曜日になって、是枝監督の受賞記者会見について発したジャーナリストの質問に対して、ようやく菅義偉・官房長官が『心から是枝監督の受賞を讃える』と答えただけだった。この称賛を述べた口元には醜い虫歯が巣くっていた」

【HARBOR BUSINESS Online 2018.5.31.】

利用できるものは秋田犬すら利用する一方で、安倍政権への警鐘を鳴らしてきた是枝裕和監督を全力で無視する安倍官邸の姑息で歪んだ精神を、仏メディアが痛烈に批判!

↓仏紙に「その口元には醜い虫歯が巣くっていた」と非難された菅官房長官。

出典:Twitter(@tohohodan)

是枝裕和監督による映画「万引き家族」がカンヌ国際映画祭で最高賞の「パルムドール」を受賞しましたが、これを完全に無視し続けている安倍政権に対し、フランスの有力紙「フィガロ」が痛烈な批判記事を出したようです。

フィガロ紙は、有力な賞や栄光に輝いた日本人に対して、安倍総理が(国威発揚のために)いつでもどこでも顔を出しては称賛のコメントを出すにもかかわらず、今回は一切の沈黙を貫いているのはなぜなのか?とした上で、その理由を、是枝監督が従来より安倍政権の政治を批判し、国民に警鐘を鳴らし続けてきたからなのでは?と分析しています。

リテラのこの記事にも、是枝監督が、これまで安倍政権による国家の私物化や歴史改ざん主義などを正面から批判し、近年蔓延しつつある「自己責任論」や「弱者叩き」にも強い違和感を持ってきたことが詳しく書かれているけど、まあ何と分かりやすいことだろう。

是枝監督は、それまでの発言や活動からも、ネット上の安倍シンパからも「反日」やら「パヨク」やら叩かれまくってきたみたいだけど、こうした安倍政権の対応を見る限り、これらネット民からの中傷攻撃についても安倍官邸の「大元」がその指示を出しているのでは?と疑わざるを得ない。

フィガロ紙は、ようやく記者からの問いを受けて(嫌々ながら)祝福の言葉を絞り出した菅官房長官に対して、「この称賛を述べた口元には、醜い虫歯が巣くっていた」と皮肉たっぷりにこき下ろしたみたいだけど、本当であれば、これくらいの言葉を日本のメディアが報じるべきだろう。

こうした安倍政権の”露骨すぎる対応”がますます、「安倍礼賛」と「反安倍」の二つに分断させることに繋がり、「反安倍」とみなした人々を「反日」と見立てた上で、(”本部”の号令とともに)安倍親衛隊が袋だたきにするシステムがすでに出来上がってしまっているし、このままではますますこの傾向が進み、「安倍政権を批判するのは全て反日」との価値観が蔓延することで、個性や多様性を認める文化とは対極にある「安倍政権に異論や反対を唱える”反日勢力”は全て潰す」という恐ろしい世界が本格的にやって来てしまうよ。

本当に恐ろしいことです…。
今や、是枝監督のように、名前も顔も堂々と晒した上で、現政権の批判を行なうだけでも大変なリスクや覚悟と労力を必要とする時代になってしまいましたし、こうした当たり前の記事を書く日本のマスメディアもほとんど皆無になってしまいましたからね。

こうした「当たり前の内容」の記事を海外からしか入手できなくなってきたというのも、現状のヤバさを感じるね。
お上や権力の不正や腐敗に対する批判を「誰でも気軽に恐れずに」出来るような社会こそが、真の平和で豊かな社会だし、今の日本がこれと真逆の世界になりつつあることに、もっと危機感を持つ必要があるだろう。
そして、是枝監督のような、権力側からの”言論リンチ”を恐れずに、「当たり前の社会」を目指して積極的に現政権に対する危機感を唱えている有名人をボクたちが保護し、応援していくことが必要だね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事