沖縄・翁長知事の「無念の死」に、悲しみと感謝の声が続々!「ありがとう」「あなたの努力と頑張りを忘れません」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年8月8日に膵臓がんでこの世を去った翁長雄志知事沖縄の悲劇の歴史に向き合い、米軍が強固に支配する社会に生きる市民に寄り添いながら、死の直前まで安倍政権や米軍産勢力と戦い続けた生涯に、多くの国民や関係者から続々と哀悼と感謝の声が寄せられている。

沖縄・翁長雄志知事が死去、67歳 9月にも知事選

膵(すい)がんを公表し、治療を続けていた沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が8日午後6時43分、膵がんのため沖縄県浦添市の病院で死去した。67歳だった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に強く反対し、政治的立場の違いを超えて移設反対派の支持を得てきた。葬儀の日程などは未定。

翁長氏は那覇市議や県議、自民党県連幹事長などを務めた後、2000年に那覇市長に初当選。4期目の途中の14年11月の県知事選で、辺野古移設反対を掲げ、当時の現職に約10万票の大差をつけて初当選した。知事就任後も一貫して移設反対を訴え続け、安倍政権と激しく対立してきた。

翁長氏の死去に伴い、11月18日投開票の県知事選は、前倒しされる。公職選挙法は、首長が死亡した場合、死亡から5日以内に職務代理者が選挙管理委員会に通知し、そこから50日以内に選挙を実施すると定めており、9月にも実施されるとみられる。

翁長氏の体調については、謝花(じゃはな)喜一郎副知事が8日午後5時から県庁で会見し、「意識が混濁状態になっている」と説明。8日以降は謝花氏と富川盛武副知事が知事の職務代理を務めると発表していた。謝花氏によると、翁長氏は7日から徐々に意思決定に支障が出てきていた。4日に謝花氏らと面会した際には、がんが肝臓に転移していると明かしたという。

翁長氏は4月に人間ドックを受けた際に精密検査が必要と指摘された。膵臓(すいぞう)に腫瘍(しゅよう)が見つかり、切除手術を受けた。再発を抑える抗がん剤治療を受けながら県議会6月定例会や、6月23日の沖縄全戦没者追悼式に出席していた。

【朝日新聞 2018.8.8.】

死の直前に、前知事による辺野古移設の「承認取り消しの手続き」を行なうことを明言!自身の身体の痛みや苦しみに耐えながら、最後まで「自身の使命」を全うし続けた翁長知事に賛辞の声!

出典:YouTube

自身の力が完全に尽きるまで、その沖縄県知事としての信念を貫き通した、翁長さんに対する哀悼と感謝、賛辞の声がネット上で相次いでいます。
改めて思い返しても、いかに彼の知事生活が「苦難の連続」だったのかが思い知らされますね…。

翁長知事は元々自民党の正統保守系の政治家だし、この現状を見ても、いかに今の安倍政権は、かつての自民党から大きく変質してしまった、保守とは最もかけ離れた集団」と化してしまっているのかが分かるかと思う。

ネット上では、早速一部のカルト集団が、翁長知事の死を喜んだり、彼の名誉を激しく傷つけるような書き込みに勤しんでいる様子だけど…こうした動きを見ても分かるように、安倍政権の背後には、米・イスラエル軍産資本勢力による、日本国民同士を分断、闘争させ、国民を弱体化させるための工作勢力(新興宗教団体、金で雇われた言論人やネット工作企業など)が蠢いており国民が一致団結して、正統的な保守思想による「日本の真の独立」の機運が高まらないように日々コントロールしている実態がある。

非常に厄介な事態だけど、ボクたちが常に認識しておくべきなのは、「国民同士が激しく争ったり、ケンカして分断すればするほど、安倍政権やその上に控えるグローバリストにとっては好都合」ということ、そして、思想や信条ではなく、「ただの金儲けのために、これら安倍政権や軍産を賛美し、翁長知事を誹謗している勢力が大量に存在し、強固に結束し合っている」ということを頭に入れておくことが大事なんじゃないかな。

この強大なお金や利権で繋がる「巨大勢力」に抗いながら、真に県民(国民)のための政治を行なうことがいかに困難なのかを感じますし、沖縄の人々だけでなく、本土の人々も孤軍奮闘で沖縄を守る活動を貫いた翁長さんをもっと守るべきだったのではとも思えてきますね…。

沖縄の人々は、その歴史から見ても、郷土への深い愛情を持つ人が多く、草の根レベルから沖縄の自然や人、地域を守る意識が強い人が多いけど、本土(特に都市部)の場合は、周りの人同士の結びつきが希薄になりつつある上に、日々の喧噪やキツキツな生活に追われ、自身の生活に直結する政治にすら意識を向ける余裕もないような人がかなり増えているみたいだからね…。

確かに、著しく一般良識が欠如した、脳に支障をきたしているとしか思えないような、心のない書き込みに怒りを募らせるのは大いに理解できるけど、これらの書き込みが溢れかえっている背景に、軍産資本による「国民同士を分断させ、激しくケンカをさせる」目的が隠されていることを知る必要があるし、元来、保守的な考えの人が多いとされる日本人こそ、「本来の保守とは何なのか?」ということを今一度考え直してみる必要があるんじゃないかな。

生前の翁長さんの不断の努力をより大きな意味のあるものにするためにも、ますます、私たちがこの先やるべき事はたくさんありますね…!
この先、9月に沖縄県知事選が行なわれるものと見られていますが、翁長さんを支援していた沖縄の人々が今一度結集して、新たな後継者を沖縄県政に送り込むことを期待したいと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket