自民・国場幸之助議員が沖縄県連会長を辞任!那覇市長選の敗北で!安倍官邸も”劣勢”を見越して翁長政俊氏をさっさと見捨て、「辺野古強行路線」を剥き出しに!

Pocket

どんなにゅーす?

沖縄県知事選豊見城市長選那覇市長選での相次ぐ敗北を受けて、「繁華街での暴力騒ぎ」や「不倫騒動」などの不祥事を起こしていた自民党の国場幸之助議員が沖縄県連会長を辞任する方針であることが判明した。

・また、那覇市長選では、自公推薦の翁長政俊氏が劣勢であることを把握した安倍官邸は、さっさと翁長氏を見捨てて、市民に配慮するポーズも取らずに、「辺野古基地建設強行」に舵を切っていたことも判明。翁長氏の支援者からは安倍官邸に対する怒りの声も上がっているという。

国場幸之助氏、自民沖縄県連会長辞任へ 選挙3連敗で引責

21日の那覇市長選で推薦した翁長政俊氏の敗北を受け、自民党県連会長の国場幸之助衆院議員は会長を辞任する考えを明らかにした。那覇市内で記者団に語った。

国場氏は「(選挙結果の)責任は私にある。県連会長を辞して責任をとりたい」と述べた。知事選、豊見城市長選に続く3連敗の責任をとる形で辞任する。近く県連役員会や議員総会を開き正式決定する見込み。

【Yahoo!ニュース(沖縄タイムス) 2018.10.21.】

「こうも簡単に見捨てるのか」 政府与党、劣勢で配慮一転 那覇市長選敗北

沖縄県知事選、豊見城市長選に続き那覇市長選でも敗北し、3連敗を喫した自民党。知事選では菅義偉官房長官ら閣僚や重鎮議員を大量に送り込み、国政並みの選挙戦を展開した政府・与党だが、那覇市長選では翁長政俊氏「劣勢」を見越し、選挙戦に配慮する姿勢を示さなかった。

選挙終盤の17日、政府は名護市辺野古の埋め立て承認撤回への対抗措置を打ち出した。政府はこれまで、投票結果への影響を避けるため選挙中は新基地建設工事を中断することが常とうの手法だった。

今回も、対抗措置は那覇市長選後との見方が強かった。17日の発表を聞いた県連関係者は「厳しい情勢調査の結果を見て、もう、選挙に配慮する必要はないと判断したのだろう」と指摘。「これまで政府とのパイプ役を担ってきた翁長氏をこうも簡単に見捨てるのか」と憤った。

~省略~

【Yahoo!ニュース(沖縄タイムス) 2018.10.22.】

沖縄の人々による「米軍基地建設&安倍政治にNO!」の圧倒的な声を悟り、「寄り添うフリ」を諦めては推薦候補を見捨て、堂々と「民衆蹂躙政策」を強行し始めた安倍政権!

出典:Twitter(@kokubkonosuke)

これまでも、繁華街での暴力騒ぎや不倫騒動などの不祥事を起こしてきていた、「パイ●リ議員」こと国場幸之助議員が、相次ぐ沖縄の重要選挙の敗北の責任を取って沖縄県連会長を辞任することが明らかになったわ。
その上で、野党候補が圧勝した那覇市長選では、安倍政権が全面支援していた翁長政俊さんを官邸がさっさと見捨てていたことも判明して、地元の支援者が安倍官邸に怒っているとのことだわ。

なんだか、沖縄を”震源”として、安倍政権が徐々に外側から崩れ始めてきた感じがするわね。

国場議員は、個人的には、それまでの不祥事(暴力騒動やパイズ●リLINE発覚)でとっくに責任を取って辞めていた方が良かったのではと思うし、「選挙を理由にできたのだからむしろ喜ぶべきだ」との皮肉の声も飛んでいる状況だね。

そして、安倍政権は、いかにも長州テロリスト持ち前の「冷血で悪魔のような本性」が露呈されてきており、自らの仲間だった翁長候補を不利だとみるやいなや、実にあっさりと切り捨てては、もはや「沖縄の民意に添うポーズ」を取ることすら放棄し、法律を恣意的に悪用した「辺野古基地建設強行」の動きを選挙前から見せ始め、堂々と「沖縄の民意を踏み潰す姿」を剥き出しにしている。

この政権が、いかに民主主義を心底憎んでおり、北朝鮮や大日本帝国そのもののような完全独裁的な体質を持っているのかがよく分かるけど、どうやら、沖縄の自民党勢力があからさまに崩壊し始めた感じがするし、この動きをどうにか全国に波及させて、地方(外側)から徐々に安倍政権を壊していくことで、「中心部(安倍官邸)の瓦解と失脚」を目指していくのがいいかもしれないね。

安倍政権に強く反対する国民の声は、言い換えれば「腐敗した特権階級の支配者(1%)と一般庶民(99%)との対立」であって、右やら左やらなんていう概念は全く的外れなものだわ。
「日常的に嘘をつき、国民を騙す政治を許さない」というのは、国民にとってはまったく当たり前のことですし、これを「反日左翼の策動」などと悪質なインチキを振りまいている安倍シンパの「騙しの手法」には注意しないといけないわね。

もう少し踏み込んで言うと、明治維新を通じて不当に日本を乗っ取った「長州テロリストの末裔とそれらを操るグローバル資本勢力」「日本の一般庶民」との対立ということだね。

まさしく、沖縄の人々と本土の人々は「全く同じ立場」に置かれているし、「嘘をつかない、民の声を重視する」という、まったく当たり前の政治を取り戻していくためにも、日本国民が一致団結して、日本のあらゆる腐敗が凝縮した安倍政権に対して、怒りと反対の声を上げ続けていくことが大切なんじゃないかな。

おススメ記事&広告

 
Pocket