【祝】沖縄県知事選、玉城デニー候補が当選確実!朝日や地元メディアは開票直後に報じるも、NHKやその他大手は中々出さず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月30日に投票が行なわれた沖縄県知事選で、野党が支援する玉城デニー候補が当選を確実にした。

朝日新聞や地元メディアが20時の投票締め切りと同時に当確を出したものの、NHKをはじめとしたその他大手メディアはここから大きく遅れて21時40分頃に当確を報道

・自公推薦の佐喜真候補は、小泉進次郎氏の応援や徹底した組織票動員に加え多くのデマの拡散など、手段を選ばないなりふりかまわぬ選挙戦を展開したものの、地域密着型の玉城氏の地道な選挙戦の前に敗北を喫した。

沖縄知事選、玉城氏が当選確実 辺野古反対派、政権に打撃

沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う知事選が30日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する前衆院議員玉城デニー氏(58)が、移設を推進する安倍政権が支援した前宜野湾市長佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=ら3人を破り、初当選を確実にした。翁長氏に続く反対派知事の誕生により、政府の移設スケジュールに影響が出るのは必至で、政権への大きな打撃となった。

政権は選挙結果にかかわらず移設を進める方針だが、玉城氏は移設の是非を問う県民投票を実施して反対の意思を示すなど徹底抗戦する構えで、対立がさらに先鋭化するのは確実だ。(共同通信)

【沖縄タイムス 2018.9.30.】

デマの拡散や投票の強要など、あらゆる手段を選ばなかった自公・佐喜真氏のやり口も沖縄では通用せず!玉城氏が当初の情勢を覆すほどの圧勝!

出典:Twitter(@I_hate_camp)

台風直撃による投票率の低下などで、結果が心配されていた沖縄県知事選だったけど、そんな厳しい中で玉城デニーさんが見事に当選確実を果たしたわっ!!
かなりキツい選挙戦を強いられたけど、本当によかったわねっ!!

あはっ!!玉城さんも支援者の皆さんも、とっても嬉しそうですぅ~!!
やっぱり沖縄では、安倍政権のアンフェアなやり口は中々通用しないんですねぇっ!

やったにゃあ~~っっ!!
デニーしゃん、ほんとにほんとにおめでとうさんだにゃ!!

いやはや、地元メディアと朝日系列は20時の投票締め切りと同時に玉城氏の当確を出していたけど、NHKをはじめとした大手メディアはなかなか当確を出さずかなりハラハラしたものの、21時37分頃にようやく一斉に当確を出し、これにより、しばらくの間喜びと不安が交錯していた玉城陣営もついに歓喜の渦が湧き起こったね。

玉城氏を陥れるためのデマ「携帯料金4割削減」の詐欺公約まで掲げていた安倍シンパの佐喜真氏が当選でもしたら、それこそ子どもの教育上にも良くなかったし、さすが沖縄県の人たちは、「悪質な釣り」に引っかからず、本質を見極める目と民主主義に対する高い意識を持ち合わせている人が多いことを改めて感じる結果だね。

しかし、メディアによって当確を出すタイミングがここまで差が出たというのは、異例の事態ではないだろうか。
NHKなどの開票速報もなかなか始まらない状況だったし、ギリギリまでこの事実を覆せないかどうか、安倍官邸内でも色々な策をめぐらせていたのかな?
一部メディアが直後の当確を出さなかった場合、票の操作をされた危険性もあったかもしれないけど、どうにも覆せないほどに玉城氏の票が佐喜真氏を上回っており、安倍官邸もようやく”観念”したというところかもしれないね。

どちらにしても、これで沖縄は翁長氏の路線が継承され、日本でも貴重なほどの「反グローバリズムの拠点」として、日本の民主主義をギリギリで踏みとどまらせるための庶民にとっての「重要な砦」を守ることが出来た

玉城氏の路線は、「在韓・在日米軍の撤退」を描いているトランプ政権の路線とも一致するし、これを足がかりに、日本から米軍が撤退していく流れに向かっていくといいね。
とにかくも、久しぶりのナイスなニュースに、ボクたちもしばし喜びと感慨に浸るとしよう。

私たちも、明日にでも美味しいお菓子を買ってきてお祝いのパーティーを開きましょうかぁ~!

あはっ、いいわねそれっ!!
私も今日は、すっきり気持ちよく眠れそうだわ~。

にゃこも最高の気分だにゃ!!
玉城しゃん、これからとっても大変そうにゃけど、沖縄と日本全体のために頑張っていってほしいにゃ!

Pocket