【朗報】沖縄・那覇市長選、野党支援の城間幹子氏が大差で再選!安倍政権はさらなる打撃!玉城沖縄県政はより安定的な運営に

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年10月21日に投開票が行なわれた沖縄県那覇市長選において、玉城知事と野党勢力が支援する現職の城間幹子氏が、自公が推薦した翁長政俊氏を大差で破り当選した。

先の豊見城市長選に続き、県庁所在地の市長選挙でも勝利を収めた玉城知事率いる「オール沖縄」は、より自らの勢力を固めたことで、安定的な県政を行なう環境が整いつつある。

那覇市長選 現職の城間氏 2回目の当選

任期満了に伴う那覇市長選挙は21日に投票が行われ、沖縄県の玉城知事や野党が支援した現職の城間幹子氏が、自民・公明両党などが推薦した新人を抑え、2回目の当選を果たしました。
城間氏は67歳。ことし8月に死去した翁長前知事が那覇市長の当時に教育長や副市長を務め、前回・4年前の市長選挙に後継として立候補し、初当選しました。

選挙戦で、城間氏は、先月の沖縄県知事選挙で当選した玉城知事の全面的な支援を受け、県と連携して子育て支援策を充実させていくことなどを訴えました。

そして、支援を受けた立憲民主党や共産党などの支持層を固めたほか、支持政党を持たない「無党派層」からも支持を集め、2回目の当選を果たしました。

城間氏を支援した玉城知事にとっては、今後の県政運営に弾みがつく結果となりました。

一方、自民・公明両党にとっては、沖縄県知事選挙に続き、県庁所在地の那覇市長選挙でも支援した候補が敗れる厳しい結果となりました。
城間氏は「1期4年の市政運営を評価して投票いただいた市民の皆さんに心から感謝する。また、翁長雄志前知事の遺志を継いでいることなども評価されたと思う。待機児童や貧困などの問題に取り組み、光が見えてきた部分もあるが、課題もまだまだあるので、市民一人一人に政策が届くような優しい市政運営をしていきたい」と述べました。

【NHK NEWS WEB 2018.10.21.】

出典:NHK選挙WEB

那覇市長選は、安倍政権の推薦候補がほぼダブルスコアで敗北!選挙直前に強行した「行政不服審査法」の悪用による、辺野古基地建設”強行突破”の暴挙も影響か!

出典:YouTube

やったわぁ~!!
沖縄で注目の選挙が続いているけど、豊見城市長選に続いて、那覇市長選でも玉城さんの「オール沖縄候補」が見事にダブルスコアの圧勝を収めたわっ!
沖縄では、玉城知事の当選をきっかけに、「市民密着型政治」に向けてどんどんいい流れに向かってきているわねっ!

にゃにゃ~~!!
しろましゃん、心からおめでとうさんだにゃあ!!
結束力抜群の玉城にゃんの「オール沖縄パワー」に、にゃこもにゃんだかテンションが上がってきたにゃあ!

どうやら今回の選挙は、この前の沖縄県知事選以上に、創価学会員の票が大量に城間氏に流れたみたいで、改めて、まとまった創価学会員の票がひとたび入らなくなると、いかに自民党候補が一気に弱っちくなるのかが見事に表われた結果となった。

まさに、本土の学会員も沖縄のこうしたケースを大いに見習うべきだし、主に学会員の人々は庶民や貧困層に属していることが多いので、本来であれば安倍政権に投票するのは自らの首を絞めるのと同じようなことなのを認識した方がいいし、少しでも良識と判断力を持っているのであれば、現在の公明党の壮大な欺瞞性と悪質さに気がつくべきだと思うよ。

また、安倍政権は、つい先日に会談を行なったばかりの玉城知事による対話の呼びかけ一方的に無視した上で、権力の暴走から国民を守るために作られた「行政不服審査法」を悪用した上で、沖縄県による「辺野古基地建設承認取り消し」の効力無効を求める申し立てを強行したことも、安倍政権への悪印象をより増長させた可能性もある。

まさしく、沖縄を拠点にして、「安倍政権にNO」の国民の声が日々大きくなってきているし、本土のボクたちもこうした沖縄に呼応するように、この機運をどんどん盛り上げていきたいところだね。

さっすが、沖縄の人たちだにゃあ!!
にゃこも負けないように「アベはヤメロ~!!」の声をどんどん上げていくにゃあ!

私も、改めて気合いを入れ直して、安倍政権の前代未聞のメチャクチャな腐敗と悪政に対して、今まで以上に批判と追及の声をアップさせていこうと思うわっ!

おススメ記事&広告

 
Pocket