自民・国場幸之助議員に「お下劣不倫」報道!LINEで「キスしたい」「パイ●リしたい」!女性の夫が文春に怒りの告発!

Pocket

どんなにゅーす?

・自民・安倍政権の衆院議員で、ゼネコン「国場組」一族の御曹司・国場幸之助氏に、既婚女性に対する不倫が発覚。女性の夫が週刊文春に告発した。

・報道によると、国場議員はLINEで「キスしたい」「パイ●リしたい」などのメッセージを女性に送っていたといい、女性の夫がこの件を国場氏の事務所に突きつけると「訴えても無駄だ」「携帯を奥さんに返しなさい」などと圧力をかけてきたという。

〈キスしたい〉自民党「魔の3回生」が人妻へ“不倫LINE”

自民党の沖縄県連会長を務める国場幸之助衆院議員(45)。2012年に初当選し、以来3回連続当選の「魔の3回生」である国場氏が、既婚女性に対し、〈キスしたい〉などのLINEを送っていたことが「週刊文春」の取材で分かった。  今回取材に応じたのは、沖縄県那覇市在住の高橋次郎さん(仮名、40代男性)。

妻と国場氏がやり取りしたLINEの画面を印刷したものを記者に見せながら、こう憤る。

「(国場氏と妻が)こんな関係になっているとは想像もしていませんでした。国場氏には怒りしかありません」

そこには国場氏が高橋氏の妻に送ってきた、〈キスしたい〉〈スカート滅茶苦茶かわいい〉〈大切な女〉などの文言が並ぶ。

「私には『店に早めに行く』などと嘘をついて国場氏と会っていたり、私が知らない間に、妻が東京へ飛び、向こうで国場氏と会っていたこともわかりました」

国場氏は結婚しており、妻と3人の子どもがいる。

国場氏を直撃すると、「(LINEのやり取りは)記憶にないです。(不倫関係は)ないです」などと語った。10月18日(木)発売の「週刊文春」では、W不倫疑惑の詳細や、4月に国場氏が起こした泥酔騒動(路上で喧嘩になり、双方負傷。書類送検されたが起訴猶予)の直前にも、高橋氏の妻と一緒にいたことなどについても詳報する。

【文春オンライン 2018.10.17.】

2018年4月にも那覇市内の繁華街で「暴力騒ぎ」を起こして書類送検された国場議員に、今度は「お下劣不倫」騒動!

出典:Twitter(@kokubkonosuke)

18年4月に那覇市内の繁華街で「暴力騒ぎ」を引き起こして書類送検になった自民党の国場幸之助議員に、今度は「お下劣不倫」騒動が報じられたわ。
さすがにこのLINEメッセージは私もドン引きだわ…。

沖縄県出身者としては初めて自民党副幹事長に就任(18年4月)するなど、(安倍総理もお気に入りな様子の)「魔の3回生」・国場幸之助議員は、沖縄を拠点としているゼネコン「国場組」一族の御曹司で、筋金入りのお坊ちゃまだ。
まあ、これらの話を聞いただけでもあまりいい印象は持たないけど…ネット上では、国場議員の秘書の田中慧氏が沖縄県知事選で(安倍シンパの)佐喜真氏を当選させるべく、様々なデマを拡散していたことを追及している声が多い感じだね。

ボクもこの田中という人物のことは、沖縄知事選の際に様々な問題行動や非常識な発言を行なっていたことから当時に問題視していたんだけど、まさか国場氏の秘書だったとは思わなかったよ。

返す返すも安倍総理界隈は、品格の欠片もないとんでもない人物ばかりだし、日本の国家を預かる国会議員がこんな「反知性の問題児たち」によって占められているのだから、まさに「お先真っ暗」というものだ。

この界隈は、「議員」と言うよりも「人」として終わりかかっているレベルなのよね…。
ほんとに嘆かわしい限りだけど、こんな問題児たちが大量に国会議員になっているのも、私たち「日本国民の民度に問題」があるという可能性もありそうね…。

うむ。残念ながら、グローバリストによる長年の「民衆愚民化」の洗脳に加えて、特に近年は、「反知性の権化」ともいえる安倍政権の誕生と興隆によって、加速度的に国民全体の知性レベルが劣化・崩壊に向かっているのを肌で感じているよ。

今からでも、多くの日本国民は、本来持っているはずの感性や危機管理能力を呼び覚ました上で、”この事態”に真に危機感を持ちつつ、自らの権力強化や金儲けしか目がなく、自らを制御する理性すら持ち合わせていない「ゴロツキ・銭ゲバ・反知性議員」を一人残らず落選させることが絶対に必要だね。

おススメ記事&広告

 
Pocket