【メチャクチャ】軽減税率の財源、社会保障費から1000億円捻出へ!ネット「消費増税は社会保障の充実に回されるんじゃなかったのかよ!」「頭おかしいだろ」

Pocket

どんなにゅーす?

・財源が問題にされていた消費増税後の軽減税率について、社会保障費から1000億円を財源にあてる方針が伝えられ、国民から批判が殺到している。

・かねてより(8%増税時から)、安倍政権は「消費増税の理由」として「社会保障の充実のため」と喧伝してきた中で、「頭おかしい」「それならそもそも増税するな」などの怒りの声が噴出している。

軽減税率、財源にメド 社会保障から1000億円

政府は2019年10月の消費増税に合わせて導入する軽減税率の財源に社会保障費から約1千億円を充てる方針だ。事業の終了で浮く事務費や過去の社会保障改革で生じた剰余分を回す。全体で約1兆円の軽減税率の財源にメドが立った形だ。

軽減税率は10%に消費税率を引き上げた後も飲食料品や新聞などの税率を8%に据え置く仕組み。

~省略~

【日経新聞 2018.12.10.】

「社会保障費を軽減税率の財源に」との報道に国民からの怒りが爆発!安倍政権が推し進める「国民総貧困化政策」の実態がますます明らかに!

出典:Twitter(@democratism)

はぁあああっ!?
軽減税率の財源として「社会保障費1000億円」があてられる方針って、気は確かなのっ!?
そもそも、上の広告に出ているように、安倍政権はこれまで「消費増税は社会保障の充実のため」って声高に繰り返してきたじゃないのよぉっ!!

いよいよ、私たちの国の政府が本格的におかしくなってきてしまったですぅ~!!
これじゃ、私たち庶民だけがどんどん貧乏になっていって、いずれは飢え死にさせられてしまいますですぅっ!!

こりゃ、フランスだったら500万人規模のデモに発展しては、マクロンの家やフランスの国会議事堂が全て破壊されるような事態になりそうだね。
ここまで国民をバカにしきった政策は聞いたこともないし、社会保障の充実のために消費増税が行なわれるどころか、消費増税をすることで余計に社会保障費が削られてしまうということだね。

安倍総理は、「消費税10%引き上げの税収のうち半分を国民に還元する」なんて吹聴していたけど、半分を還元するどころか、「増税のために国民の大事な社会保障を削る事態」になってきたし、つくづく、この人は「天性の悪徳ペテン師」と言うほかないね。

気がつけば、私たち庶民ばかりが出口のない生活苦と貧困の未来しか待ってませんしぃ、どうして、安倍総理はこんなに私たち日本国民をいじめる政策ばかりするんでしょうかぁ!
もう「日本人が大嫌い」だとした思えないですぅ!!

さすがのお人好しで我慢強い日本国民も、今回ばかりは黙ってるわけにはいかないんじゃないかしら!?

一言で言えば、安倍政権が推し進めてきたのは「富裕層をどんどんお金持ちにさせては、貧しい人をどんどん貧しくさせる政策」であり、もっと言えば、「貧しい人が持っていた(持つべき)富をどんどん取り上げては、それらを富裕層の人たちに移転させる政策」をしてきたんだ。

したがって、安倍政権によって国民がどんどん貧乏になるのは当たり前のことだし、国民は富裕層(グローバリスト)が作り出した壮大な「国民洗脳」から脱して、「実態を見極める目」とこの状況を変えていくための「思考力」と「行動力」を持つ必要がある。

さすがにここまで露骨にやれば、多くの国民が安倍政権やマスコミによるペテンに気がつくかと思うけど…そもそも庶民をこれ以上疲弊させないためには消費増税なんてやってはいけないし、(当サイトが一貫して警告してきた)日本をここまでダメにしてしまった「グローバリズム」の実態や正体について、多くの国民がより良く理解するべき段階に差し掛かってきたのではと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket