【ペテン警報】安倍総理「消費税10%引き上げの税収のうち半分を国民に還元」「財政健全化も進めていく」→ネットでは「またウソに決まっている」の大合唱!

Pocket

どんなにゅーす?

・政府が正式に発表した2019年10月からの消費税10%増税について、安倍総理が「経済に影響を及ぼさないよう対応する」「全世代型社会保障制度へと転換し、財政健全化も進めていく」「消費税10%引き上げの税収のうち、半分を国民に還元する」などと宣伝した。

大手マスコミも、安倍総理による増税決定に対し、国民からの反発を極力抑えるためのプロパガンダに徹している中で、ネット上では日に日に安倍政権に対する強い不信感と怒りの声が上がっている。

引き上げ税収の半分、国民に還元…首相発言

◆消費税率引き上げに関する安倍首相の発言(要旨)

消費税率は法律で定められた通り、2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げる予定だ。全世代型社会保障制度へと転換し、財政健全化も進めていく。

経済に影響を及ぼさないよう対応する。第1に、引き上げによる税収のうち半分を国民に還元する。19年10月1日から認可・無認可あわせて幼児教育を無償化する。

第2に、軽減税率を導入し、飲食料品は8%のまま据え置く。第3に、引き上げ前後の消費を平準化するための支援策を講じる。中小小売業にポイント還元による支援を行う。

第4に自動車や住宅といった大型耐久消費財について19年10月1日以降の購入にメリットが出るよう税制・予算措置を講じる。

19年度、20年度予算で消費税対応で臨時・特別の措置を講じる。消費税率引き上げによる影響を確実に平準化できる規模の予算を編成する。

【Yahoo!ニュース(読売新聞) 2018.10.15.】

安倍総理お得意の「ペテン警報」が発令中!野党は一致団結して「消費税減税」(ベストは消費税廃止)を打ち出すべし!

出典:情報収集中&放電中

安倍総理が「消費税10%引き上げの税収のうち半分を国民に還元」なら、何やら色々と言い出しているけど、これはまたまた大ウソの可能性が高そうね!
まさに「安倍ペテン警報」が発令中の状態だわ!

そもそも、税金って、「国民に還元するためのもの」だし、国民に還元するのは当たり前の話なんだけど…安倍総理にとっては、税金というのはやはり「国民から吸い上げるためのもの」としてしか認識できていないみたいだね。

↓安倍総理「税収は国民から吸い上げたもの­でありまして」(40秒くらい~)

それに、本当に10%に増税されたとしても国民に向けて還元される可能性は限りなくゼロに近い…というか、有り得ないと言ってもいいだろう。
というのも、8%の増税時にすでに”前科”があり、「増税分は全て社会保障に使う」とのウソのプロパガンダを国民に向けて展開し、まんまと騙したという経緯があるからね。
(もちろん、ネットの人々が指摘しているように、「消費増税発表」そのものが単なるブラフである可能性もあるし、選挙直前でこれを撤回することで、参院選での勝利を狙ったり、改憲強行に向けての”カード”に使ってくる疑いも大だ。)

とにかく、消費税以外の分野においても、安倍総理は、国民を騙すのに右に出るものはいないほどの「稀代のペテン師」だし、これまでの総理の数々のウソをほとんどろくに非難してこなかった大手メディアも同じペテン師の一味だ。
そんな大手メディアも、安倍総理の消費増税決定について、やっぱりほとんど無批判のまま政府側の情報を垂れ流しつつ「国民側からの不安の声」を申し訳程度に拾いながら、「何となくの中立性」を装っている状況だけど…こうした大手マスコミの”正体”は安倍政権と同じ、「グローバル資本勢力の傀儡」であり、そもそも消費税というのも、富裕層をより肥え太らせては民衆をより貧困に導くために作り出された、いわばグローバル資本が考え出した悪しき「詐取システム」だからね。

確かに、私たちが懸命に働いて手に入れたお金で物を買うだけで税金がかかるなんて、普通に考えればかなり変な話よねっ!
そもそも、日本だって、少し前まで消費税なんてなかったし、それでも日本は今よりもよほど豊かで庶民もたくさん消費をしていたじゃないのよっ!!

「アベノミクス」やら「異次元の金融緩和」やら、わざと分かりにくいような名称や手段を考え出して、「見せかけだけの景気対策」をやっているけど、これらは全て、国民をより貧困に導いては、グローバル資本により富を集中させるために考え出された一種の「騙しの手口」だ。
お札が大量に刷られ、「価値がきちんと裏付けされていない」紙幣が大量に世の中に出回ると、必然的に紙幣の価値は下がりひとたび国家の信用性が”何かのきっかけ”で一気に低下した時には、ハイパーインフレなどによってお札の価値はほとんど無になり、かつて無かったほどの「破滅」が訪れることになる。

とにもかくにも、最も効果がある景気対策は、「消費税の減税」であり、例えば5%に戻すだけでもかなり消費が増えるだろうし、もし一気にゼロにでもなった時には、瞬く間に消費が活発化して、ほとんどの景気の問題は解決すると思うよ。

つまりは、グローバリストの傀儡の安倍政権が、日本をどんどん疲弊させて、国民をかつて無いまでに貧困に引きずり込むべく、大手マスコミを従えて(いつもの)国民騙しをやってるってことねっ!
いい加減に、日本国民も安倍総理と大手マスコミのペテンに何度も引っかかる前に、破滅を回避するための行動を取らないと、いよいよ取り返しのつかないことになっていくんじゃないかしら!?

とにかく、野党は本気で次の選挙に勝ちたいのであれば、一致団結しながら最低でも「消費税減税」を打ち出すべきだろう。
そして、山本太郎議員のように、説得力のある説明や分かりやすい解説を行なうことで、国民が大手マスコミのペテンに騙されないように意識を変えさせていくべきだね。

これからは、「反グローバリズム」で国民と密着した政治を本気で打ち出していかないと、野党が多くの国民から支持は得ることは難しいし、安倍政権やマスコミなどのグローバル側の勢力を圧倒させるくらいに国民側において「市民密着型政治」を求めていく運動を盛り上げていく必要がある。

道は非常に厳しいけど、「1%が99%を騙し、搾取している構図」に日本国民が一日も早くに気がつき、大手マスコミの報道を鵜呑みにしないくらいに覚醒していくことが必要だし、どこまで多くの野党議員が、山本太郎議員のような本気度の高い「国民密着型の政治活動」を行なっていけるかが大きなポイントになりそうだね。

そうよね。
とにかく、何が何でも、安倍総理による最悪の「国民騙しのペテン」には、私たちはもう二度と騙されないようにしないといけないのは、間違いないことだわっ!!

Pocket

 

 関連記事