「公選法違反」河井夫妻、参院選前に自民党本部から1億5千万円の異例の資金提供!湯水のように”裏カネ”を投じた「運動員買収」にも安倍官邸の影が!?

Pocket

どんなにゅーす?

・広島地検が捜査を行なっている、河井克行元法相と妻・案里議員をめぐる公選法違反疑惑事件について、疑惑の参院選が行なわれる前に、河井夫妻の政党支部に自民党本部から計1億5千万円もの資金が振り込まれていたことが判明した。

・自民党関係者も「1候補に対し1億円を超える資金が提供されるのは異例中の異例」と話している中で、湯水のように”裏カネ”を投じて選挙運動員を買収していた背後にも、安倍官邸の存在が浮かび上がってきている。

買収の原資か 河井前法相夫妻「選挙資金」1億5千万円の「入出金記録」を入手した

公選法違反(運動員買収)の疑いで広島地検の捜査を受けている河井克行前法相(56)と妻の案里参院議員(46)の政党支部に、参院選の前に合計1億5000万円が、自民党本部から振り込まれていたことが「週刊文春」の取材でわかった。現在、捜査対象となっている運動員買収の資金は、これらの政党支部から支出されており、「違法買収」の原資となった可能性がある。自民党幹部によれば、一候補に1億円を超える選挙資金が提供されるケースは異例中の異例だという。

河井陣営の金満ぶりは、当時から広島県内で話題になっていた。

「案里事務所はタウンメールというビラのポスティングを公示前から複数回やっていたが、1回あたり1500万~2000万円ほどかかるのに、なぜあんなに何回もできたのか。菅義偉官房長官が演説に来たときは駅から数百メートルにわたって看板が立てられるなど、とにかく物量が桁ちがいでした」(自民党広島県議)

それを可能にしたのが党本部からの資金提供だったのだ。

「目下、広島地検は違法買収を可能にした克行・案里両事務所のカネの流れについて徹底的に調べています。押収資料の中には、党本部から大量のカネが次々と入金されていた記録もあります」(捜査関係者)

~省略~

【文春オンライン 2020.1.22.】

自民党本部から異例中の異例の「巨額資金」が河井夫妻に振り込まれていた!「運動員買収」も安倍官邸の指示だったのかどうかが焦点に!

出典:YouTube

違法に運動員を買収した公選法違反疑惑により、広島地検から本格的に捜査を受けている河井克行元法相と妻の案里議員に対して、問題の参院選挙前に自民党本部から1億5千万円もの巨額の資金が提供されていたことが判明しました。
自民党関係者も「異例中の異例」と話していることからも分かるように、当時の岸田派の現職・溝手顕正議員を落選させつつ、自身の子飼い議員を当選させるために、安倍官邸が主導して河井議員を全面的に支援していたことが浮かび上がってきました。

なかなかスゴイ話になってきたけど、場合によっちゃ、安倍官邸が公選法違反の「運動員買収」に関わっていた可能性も浮上してきたというわけか。
当然、安倍官邸側は”無関係”を主張して、トカゲのしっぽ切りに腐心すると思うけど、額が額なだけに、これは相当闇が深そうだね。

こうした全体の構図を見ても、安倍官邸が、岸田派の溝手氏を何としても落選させようと手段を選ばずに河井夫妻を全面的に支援していたことが見えてくるし、改めて、安倍官邸のやり口は本当にえげつないね。

いよいよ、河井夫妻の公選法違反事件が「安倍案件」になってきた様相ですが、問題は、一体どこまで広島地検がこの事件を深く掘り下げ、真相を徹底的に解明することが出来るのか…という点ですね。

なんせ、河井夫妻のバックには、安倍官邸が隠然と控えていることが判明したからね。
IR疑獄もそうだけど、自民党内の権力図が「安倍一派の一強独裁状態」となっている以上、自民党議員をめぐる多くの違法疑惑について、安倍官邸が深奥部分で関与している可能性が大だし、果たして、広島地検がどこまでメスを入れるのか(それとも、安倍官邸の圧力に屈して不起訴で終わるのか)、今後の動きを気をつけてみていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事