【IR疑獄】特捜、自民・岩屋毅元防衛相、維新・下地幹郎氏ら5衆院議員(自民4、維新1)を事情聴取!「500ドットコム」から現金を受け取った疑いで!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権と中国勢力による「IR疑獄事件」について、東京地検特捜部が自民・岩屋毅元防衛相や維新・下地幹郎議員ら、衆院議員5人(自民4人・維新1人)を、「500ドットコム」からおよそ100万円を受け取った疑いで任意で事情聴取していたことが分かった。

・事情聴取を受けたのは、自民党の岩屋毅元防衛相、中村裕之氏、宮崎政久氏、船橋利実氏、維新の下地幹郎氏の5人岩屋氏は家族を通じて「コメントすることはない」と回答しているほか、下地氏はメディアの取材に対し「事務所内で事実関係を調査中」とコメントした。

IR汚職、5衆院議員を任意聴取 東京地検、前防衛相ら

日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、贈賄の疑いが持たれている中国企業「500ドットコム」側が現金各約100万円を渡したと供述した衆院議員5人を、東京地検特捜部が昨年末に任意で事情聴取したことが3日、関係者への取材で分かった。特捜部は議員本人だけでなく秘書が受け取った可能性も含め、政治資金規正法などに抵触しないかどうか慎重に捜査している。

5人は自民党の岩屋毅前防衛相=大分3区、宮崎政久法務政務官=比例九州、中村裕之元文部科学政務官=北海道4区、船橋利実氏=比例北海道=と、日本維新の会の下地幹郎元郵政民営化担当相=比例九州。

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2019.1.3.】

IR企業から現金授受 下地氏「調査中」 国場・西銘氏は否定 宮崎氏は連絡取れず

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、中国企業「500ドットコム」側が自民党と日本維新の会の国会議員5人に現金を渡したと供述している問題で、県関係衆院議員のうち、下地幹郎氏(維新)は本紙取材に「事務所内で事実関係を調査中だ」と述べた。

~省略~

超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連)に所属している国場幸之助氏(自民)は「500ドットコムの名前も認識していなかった」と述べ中国側企業との関与を否定。同じくIR議連に所属する宮崎政久氏(自民)とは2日午後10時時点で連絡が取れていない。

西銘恒三郎氏(自民)の事務所は「500ドットコムとの接触も寄付金を受けた事実も一切ない」と否定した。

【沖縄タイムス 2020.1.3.】

ついに、岩屋元防衛相ら自民4議員に加え、維新の下地議員も特捜から事情聴取!「500ドットコム」が安倍政権の深部まで入り込んでいたことが明らかに!

ついに、特捜のメスが、安倍政権の重要閣僚関係者にまで及んできました。
岩屋氏などは、まさに、安倍政権による米軍辺野古新基地の建設強行を担当していた前の防衛相ですが、この話が本当であれば、「中国が攻め込んでくる」などとことさらに振りかざして辺野古新基地の建設を強行しながら、裏では、その中国からしっかりとお金を受け取り、中国勢力による”日本浸食”を助けていた…ということになります。

まさに笑ってしまうほどの節操のなさだけど、要は「自分の金儲けのためなら、どの国に対しても『日本の売国』を率先して行なう」ってことだね。
安倍総理自身がやたらと習近平に擦り寄るようになってからというもの、急に「中国脅威論」を喚く声がネット界からスーッと消えてしまったけど、改めて、安倍自民党の連中は、これ以上ないほどの「真性ペテン集団」なのを痛感するよ。

それから、特捜の動きを見ても、森友事件での動きと比べても、まさに対照的なまでの「やる気満々具合」だし、改めて、「特捜の正体(GHQが創設した米覇権勢力の下部組織)」がいかんなく発揮されているような事態だ。

もし、岩屋元防衛相を含む大量の自民議員が逮捕されれば、もちろん、安倍総理本人の責任と追及がかつてなかったまで高まっていくことは必至だし、普通に考えれば、そう遠くない未来に安倍政権が終わりそうな事態になってきているように感じるね。

特捜が聴取した5議員の他に、国場氏や西銘氏などの名前も出てきていますし、果たして、ここから前代未聞の「自民(維新)国会議員大量逮捕」に繋がっていくのでしょうか?
今後の特捜の動きを見逃すことが出来ません。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事