■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【これは酷い】東京五輪の人件費、なんと「1人あたり1日30万円」!?「会場の観客誘導や報道対応」などの業務を電通、博報堂など9社に委託!→ネット「それでもボランティアはタダ働き」「どこまで腐ってるのか」

【これは酷い】東京五輪の人件費、なんと「1人あたり1日30万円」!?「会場の観客誘導や報道対応」などの業務を電通、博報堂など9社に委託!→ネット「それでもボランティアはタダ働き」「どこまで腐ってるのか」
Pocket

どんなにゅーす?

・東京五輪の血税の使い道が”ブラックボックス”と化している中、東京五輪組織委が作成した委託企業への見積額を記した資料において、会場の観客誘導や報道対応などの業務について、委託企業に投じられる人件費が「1日あたり1人30万円」にも上っていることを毎日新聞が報じた。

・この資料について、組織委は「コスト積算のための参考値であり、この額を前提に発注することはあり得ない」と主張しているものの、実際の金額については公表せず。ボランティアに対しては劣悪な条件で”タダ働き”させる一方で、五輪を通じて「政権やお友達企業同士での血税の搾取&山分け」に勤しんでいる内情に、国民から怒りの声が噴出している。

東京五輪人件費「一人1日30万円」 組織委内部資料、実額は非公表

東京オリンピックの会場運営を担う企業への委託費の見積額を記した東京五輪・パラリンピック組織委員会作成の内部資料を毎日新聞が入手した。委託費を積算する際の根拠となる人件費単価は1日当たり最高30万円。組織委はコスト積算のための「参考値」であり、この額を前提に発注することはありえないというが、実際の額は非公表。見えない予算の下、五輪の肥大化が止まらない。【高橋祐貴】

東京五輪は計33競技339種目があり、これを9都道県の42会場で実施する。各会場で観客誘導や報道対応などの業務が必要で、組織委がそうした運営を企業に委託する。

~省略~

【毎日新聞 2021.3.31.】

根元から腐りきった「シロアリンピック」の実情がまた露呈!国民が賢くならない限り、「骨の髄までしゃぶりつくされてポイ捨てされる道」から逃れる術はなし!

またしても、東京五輪の根元から腐りきった内情が表にできたわねっ!!
ボランティアに対しては劣悪な条件でタダ働きさせる気満々の一方で、委託企業に対しては「1日当たり一人30万円」って…一体どこまで国民をゴミくず扱いすれば気が済むのよっ!?

「1日当たり一人30万円」とは、さぞ、特殊な能力や高度な技術・知識が必要になる難しい業務なのだろうと思ったら、「会場の観客誘導や報道対応」の業務って…ボランティアが担う仕事と大して変わりがないではないか
まさに、凄まじいまでの「特権階級と真性奴隷とのコントラスト」というか、これでも喜んでボランティアに参加する人々って、一体何なのだろう。
まさに、グローバリストによる「奴隷洗脳」がこれでもかというほどに上手くいってしまっている状態だし、そもそも、いまだに東京五輪の血税の使い道について、そのほとんどがブラックボックスのごとく覆い隠されてしまっているような状態だ。

今回の業務委託の人件費についても、何重にも中抜きされることで、関係ない連中にも潤沢なお金が流れ込む仕組みになってる疑いもあるし、もう、何もかもが一般常識を完全に踏み外してメチャクチャだわっ!!

多くの一般国民が(日頃からの「奴隷化洗脳シャワー」によって)政権や権力層による血税の使い道へのチェックや監視を完全に忘れかかってしまっている中で、まさしく「やりたい放題」といった現状だし、国民自身がもっと賢くなって、腐敗しきった権力層にとって真に”脅威”となるような存在にならない限り、「骨の髄までしゃぶりつくされて最後はポイ捨てされる道」から逃れる術はないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事