【また…】千葉・市原でプリウスが暴走し、園児が遊ぶ砂場に突っ込む!女性保育士が重傷、運転手を現行犯逮捕!ネット「またプリウスかよ」「飯塚幸三は一体いつ逮捕されるんだ?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月15日、千葉県市原市五井中央西2の公園に、コイン駐車場を出た乗用車(プリウス)が暴走し、砂場に突っ込む事故が発生。付近で遊んでいた園児をかばった保育士女性(30)がはねられ、右足首の骨を折る重傷を負った。

・警察は、車を運転していた泉水卓容疑者(65)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕。ネット上では、今回も「またもプリウスか」との声が上がっているうえに、4月に発生した池袋暴走死傷事故と比較しつつ、今も車を運転していた高級官僚・飯塚幸三氏が逮捕されていないことに対する怒りの声も上がっている。

公園に乗用車突入、園児かばった保育士骨折 千葉・市原

15日午前10時25分ごろ、千葉県市原市五井中央西2の公園に乗用車が突っ込んだ。砂場で遊んでいた保育園児をかばった女性保育士(30)がはねられ、右足首を骨折する重傷を負った。現場に一緒にいた20代の保育士と、いずれも2歳の園児5人にけがはなかった。

県警市原署は運転していた近くの自称無職、泉水(せんすい)卓容疑者(65)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕した。

同署によると、泉水容疑者は容疑を認め、「ブレーキを踏んでいたのに車が急発進した」と供述している。公園内の砂場から約14・5メートル離れたコインパーキングを出るため、車に乗ったまま窓越しに料金を払おうとした際に急発進したとみられる。道路を横切り、金網のフェンスを突き破って砂場に進入したため、女性保育士がとっさにそばにいた園児1人を突き飛ばして衝突を回避したが、自身は逃げ遅れたという。

~省略~

【毎日新聞 2019.5.15.】

福岡の病院での暴走、池袋での暴走(飯塚幸三事件)などに続き、またもプリウスによる暴走事故が発生!ネット上では様々な声が

出典:YouTube

自動車による深刻な交通事故が続いているけど、今度は千葉の市原市でコインパーキングから出ようとした乗用車が暴走して、園児たちが遊ぶ公園の砂場に突っ込む事故が発生したわ。
幸い、30歳の保育士の女性がとっさの判断で園児をかばって重傷を負った以外、犠牲者こそ発生しなかったけど、今回またプリウスだったことに加えて、今回も(飯塚幸三さんと違って)運転手が素早く現行犯逮捕されたことに対して、怒りの声が上がっている状況だわ。

2016年に福岡の病院で発生した暴走事故の際にもネット上では「またプリウスか」との声が上がっていたけど、それ以降、現在に至るまでここまで続いている状況だからね。

ここまでプリウスによる暴走事故が連発している以上、やはりプリウスはヒューマンエラーを引き起こしやすい機構を持っており、(徐々に運転能力が衰えてくる)高齢者には向いていない車である可能性もあるかもしれないし、(ここ数年で「ブレーキとアクセルの踏み間違い」が疑われる事故例が急増しているように見えることから)様々な複合的な要素から、日本国民全体において、集中力・注意力の低下や、判断力や感覚能力の低下が起こっているのではないかと疑いたくなってくるような状況だ。

例えば、ここ最近の社会状況を見ると、政治権力の一極独裁化に伴い、これまで以上に報道番組の「バラエティー番組化」や、多角的・多面的なテレビ番組が減るなどして、総合的に「深く考える(脳を使う)」機会が減ってきている(いわゆる3S政策の激化)上に、経済的な貧困やブラック労働の蔓延などにより、一般国民の間において、一昔前以上に慢性的な疲労感を感じていたり、日常的にストレスや悩みを抱えている人も増えてきている
ボクの知り合い(30代後半)にも、家族などのことで「深い悩み」を抱えていた時に運転したことで、アクセルとブレーキを間違えて自宅の車庫で事故を起こした人がいるけど、こうした社会全体に蔓延する「疲弊」や「知力・体力の低下」、「負の感情」や「ストレス」なども、何らかの因果関係があるのではないか…?と思うんだよね。

そうした要素も、もしかしたら何らかの形で影響しているのかもしれないし、上のツイートで指摘されているように、もし自動車側に何らかの問題や改良すべき点があったとしても、(マスコミも一切逆らえない)巨大グローバル企業としての「権力」が作用することで、真相が闇に葬られてしまったり、しかるべき対策が行なわれないようなケースも考えられるかもしれないわね。

いずれにしても、ここまで信じられないような暴走事故が連発している以上、特に高齢ドライバーはプリウスに乗るのは控えた方がいいんじゃないかしら?

今回の千葉・市原の事故を機に、滋賀・大津の事故が再びよく報じられるようになっているけど、一方で、元高級官僚で勲章受章者の飯塚幸三氏が池袋で引き起こした凄惨な暴走事故に関する続報が、ほとんど無くなってしまっているのも気になる。
当サイトも指摘したけど、マスコミが(日本の行政の中枢に深く関わってきた)彼に関する詳しい経歴や人物像などをほとんど報じていないのも不可解だし、(これも当サイトがいち早く指摘したように)飯塚氏と同じように、経産省のキャリア職員が役所内で覚醒剤使用して逮捕された事件も、表面的な情報が僅かにしか報じられていないのが現状だ。

これでは、「上級国民制度」に対する国民側の疑いが晴れることは(ますます深まることこそあれど)全くないだろうし、今後もボクたちが常にアンテナを張りながら、あらゆる動きやマスコミの動きをウォッチしていく必要がありそうだ。

その上で、特権的な財力や影響力を持っているグローバルエリート層(いわゆる上級国民)が不当に優遇されることのないように、私たちが厳しく監視を続けながら、権力層や国家制度を盲信することなく、おかしなことや不可解なことに対して声を上げ続けていくことが大切なんじゃないかしら?

Pocket

 

おススメ記事&広告