【批判殺到】安倍総理が「忖度発言」塚田国交副大臣の罷免を拒否!ネット「そりゃ、忖度された側は罷免しにくいだろ」

Pocket

どんなにゅーす?

塚田一郎国交副大臣が、安倍総理と麻生財務相に「忖度」し山口と福岡を結ぶ下関北九州道路の計画を再開し、予算をつけたことを自慢していた事態について、野党側が塚田氏の罷免を一斉に求めている中、安倍総理が塚田副大臣の罷免を拒否した。

・こうした安倍総理の対応について、ネット上では怒りの声が噴出安倍総理による政治の私物化と、身内同士による利権政治が露骨になってきている。

“安倍・麻生道路で大炎上 塚田副大臣「忖度」発言の真相

国交副大臣の塚田一郎参院議員の発言が大炎上だ。塚田氏は1日、北九州市で行われた福岡県知事選の応援集会で、下関北九州道路(下北道路)の調査が今年度から政府直轄になったことについて、「総理とか副総理が言えないので、私が忖度した」と明言し、「(吉田博美参院幹事長から)これは総理と副総理の地元の事業だよ」と言われ「分かりました」と応じたエピソードまで披露。道路整備で便宜を図ったと口にしたのである。

北九州市と下関市を結ぶ下北道路は、1998年に政府が策定した「海峡横断プロジェクト」のひとつとして調査が進められてきたが、大型公共事業への批判が高まり、2008年に凍結された。ところが、安倍政権下の17年度から、調査費約2100万円のうち700万円の補助金支給が始まり、19年度からは政府直轄で調査することが決定。一度は止まった計画が安倍政権下で復活したわけだ。

「安倍首相のお膝元・山口県と麻生副総理の地元・福岡県を結ぶ計画だけに、地元では『安倍・麻生道路』と呼ばれています。地元財界の試算では、建設費は約2000億円に上るとみられている。両県選出の国会議員にとっては、安倍総理と麻生副総理の在任中に事業化することが“最重要課題”といわれています」(福岡県政関係者)

安倍首相自身も昨年10月、下北道路の整備促進を図る自民党参院議員との会談で「早期建設に向けた活動にしっかり取り組むように」と話していた。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2019.4.4.】

首相、塚田氏の罷免を否定

安倍晋三首相は衆院内閣委で、塚田国交副大臣の発言について「発言は問題だが、本人がしっかり説明し、このことを肝に銘じて職責を果たしてもらいたい」と述べ、罷免を否定した。

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2019.4.3.】

忖度された安倍総理は塚田氏の”続投”を明言!→ますます自民党内に「安倍忖度(国民の税金横流し)」が蔓延の”悪循環”!

塚田国交副大臣「そんたく」発言の詳細

塚田一郎国土交通副大臣は1日、北九州市で開かれた福岡県知事選挙の候補者の集会で、北九州市と山口県下関市を結ぶ道路の整備について次のように話しました。

「11年前に凍結された。
コンクリートから人という、とんでもない内閣があった。
安倍総理大臣は悪夢のようだと言ったが、まさにそのとおりだ。
公共事業はやらないという民主党政権ができて、こういう事業は全部凍結してしまった」

「皆さんよく考えてください。
下関は誰の地盤か。安倍晋三総理大臣だ。
安倍晋三総理大臣から麻生副総理の地元への、道路の事業が止まっているわけだ。
吉田参議院幹事長と大家敏志参議院議員が副大臣室に来て、『何とかしてもらいたい』と言われた。
動かしてくれということだ。
吉田氏が私の顔を見て、『塚田、分かっているな。これは安倍総理大臣の地元と、麻生副総理の地元の事業なんだ。俺が、何で来たと思うか』と言った。
私はすごくものわかりがいい。
すぐそんたくする」

「総理大臣とか副総理がそんなことは言えない。
森友学園などでいろいろ言われているが、そんなことは実際ない。
でも私はそんたくする。
それで、この事業を再スタートするためには、いったん国で調査を引き取らせてもらうことになり、今回の予算で国直轄の調査計画に引き上げた」

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.4.3.】

出典:YouTube

本来なら速攻で辞任するのが当たり前の塚田国交副大臣に対して、安倍総理が塚田氏の罷免を拒否したことに批判が殺到しているわっ!
それに、塚田副大臣の「忖度発言」について、本人が「我を忘れて事実と違うことを言ってしまった」って…こんな見え透いた嘘が通用するわけないでしょうが!!

これも森友・加計疑獄と全く同じ構図による、「安倍独裁」による政治腐敗の典型的なケースだ。
多くの国民がマスコミからの洗脳によって「政治に対するチェック機能」を完全に放棄してしまっている中で、安倍政権の内部腐敗がどんどんと進んでおり自民党内の議員たちは安倍総理や麻生財務相にどうにか気に入ってもらおうと、「不当なプロセス」で国民の税金を横流しするケースが続出、身内同士による「WIN&WINの黒い金儲けシステム」を構築してしまっているということだ。

しかも、今回は「そうした構図」を塚田氏が堂々と公言しており、もはや、不当なプロセスで安倍総理への忖度を最優先し、自らも美味しい見返りを受けるというのが完全に常態化しては、議員自身も「マズイことをしている」との感覚が完全に欠如してきていることを示している。

それに、野党や(高い見識を持つ)国民側からの罷免要求に対して、安倍総理が塚田氏の罷免を拒否しているのも、ある意味当然のことだ。
なんせ、ここまで忖度してもらえれば、安倍総理自身も悪い気がしていないだろうし、こうした様子を他の議員が見れば、「安倍総理に忖度すれば、どんな悪いことをしても罷免されないんだ!」と感じるだろうからね。

もう、この国の良識やモラルはすでに完全に底が抜けちゃってるわっ!!
ネット上の良識のある国民は強く怒っているけど、一方で、多くの国民はすでにだんだん感覚が麻痺しかかっていて、どんな不祥事が発覚しても安倍政権の支持率がほとんど下がらないようになってきちゃってるように見えるし…。
こんな腐った世の中で、私たちの生活が豊かになるはずがないじゃないのよっ…!!

それに、あまりにも世の中に「ウソ」が蔓延しすぎて、それに対する危機感や嫌悪感も徐々に薄れてきているように見えるね。
まさに、国家や人間社会が破壊していくプロセスのただ中にあるような感じがするし、そろそろこの辺でストップをかけておかないと、いよいよ日本国民の脳が本格的に破壊され、「史上最悪の世界」に突入していく段階に入っていくんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告