【おいおい】福島第一原発、1・3号機格納容器の水位が低下!福島&宮城震度6強地震で格納容器が損傷か!?「1日数cmペース」で水位減少が継続!1号機では40~70cmも水位低下!

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月19日、東電が福島第一原発の1号機と3号機の格納容器内の水位が1日数センチメール減少していることを発表。2月13日に発生した最大震度6強を記録した福島県沖地震の影響の可能性があるという。

1号機で40~70センチ、3号機で約30センチ低下したといい、現在1号機の水位はおよそ1.2メートルほどであることが考えられる。

・東電は、外部への放射能の影響はないとしつつ、「昨年実施した注水停止の試験で低下した量と変わらない」と説明し「問題はない」ことを強調したものの、これまでも重大な事実の隠蔽や虚偽の発表を行なってきた東電に対し、国民から不信感や不安の声が上がっている。

福島第1原発1、3号機格納容器の水位低下 13日の地震の影響か

東京電力は19日、福島第1原発1号機と3号機で格納容器内の水位が数十センチ低下したと発表した。水位低下は1日数センチ程度のペースで続いているという。原子炉への注水や、溶け落ちた核燃料(デブリ)の冷却は維持されており、東電は外部への放射能の影響はないとしている。13日に最大震度6強を記録した福島県沖地震の影響の可能性があるとみて調べている。

同原発では、格納容器底部にあるデブリを冷却するため、毎時3トンの注水が継続されている。格納容器の損傷箇所から原子炉建屋に水が漏れているが、1号機では底部から約1.9メートル、3号機では約6.3メートルの水位が保たれていた。
東電によると、18日午後11時ごろ、運転員が1号機の水位低下を確認。1号機で40~70センチ、3号機で約30センチ低下したとみられる。

~省略~

【時事通信 2021.2.19.】

先日の「福島&宮城震度6強地震」で福一の原子炉が損傷した可能性が大!「大きな余震」が起こればさらに深刻な損傷が発生する恐れも…!

出典:Wikipedia

先日に福島や宮城を襲った最大震度6強の地震によって、福島第一原発の原子炉が損傷していた可能性が高まっています。
東電は「問題ない」ということを強調していますが、1号機で40~70センチ、3号機で約30センチ低下していることが分かった上に、「1日数センチペースで水位低下」って…これは結構まずい事態なのではないでしょうか?

ああ。
震度6といえば、結構頑丈な建物でもどこかしらが損傷してもおかしくないほどの揺れだし、地震の直後にマスコミから(今回もまた”定型文”のように)「異常は見つからなかったとのことです」とのニュースが流れていたのを聞いて「ほんまかいな?」と思っていたけど、やっぱり、ある程度のダメージを受けていたか。(むしろ、これで完全に無傷だった方が奇跡のようなものだろう)
1号機においては現在の水位が1.2メートルほどだというのだから、「1日数センチペース」で水位が減っているのなら、何らかの対策を取らない限り、例えば「1日3センチ」減っているだけでも、およそ1か月強で完全に水が抜けて「破滅的な事態」が起こってしまうだろう。

最もシンプルな対策として考えられるのは、「注入する水量を増やす」ということだけど、単純に水を増やすことで、水位の低下を完全に防ぐことが出来るのかどうかが分からないし、とにかく、どの部分がどんな風に損傷したのかが分からない以上、非常に不安定で暗中模索のような作業を強いられることになるだろう。

さらに心配なのは、(気象庁は「最大震度6強程度の余震に警戒するように」と言っていたけど)こうした「非常に強い余震」が起こった場合、ただでさえボロボロになっている原子炉にさらなる深刻な損傷が発生し、より本格的な水漏れが起こる危険があることだ。
こうなると、なすすべなく「破滅的な事態」が発生してしまう事態も有り得るし、どちらにしても、東電が強調しているように「問題ない」はずがないってことだ。

そもそも、前代未聞の福島原発事故を引き起こした上に、当時にも「メルトダウンは起こっていない」などとウソの発表を続けてきた東電である以上、信頼性そのものが根底から崩壊している状態ですし、「現在もなお深刻な核災害は継続中」である上に、「いつさらなる破滅的な事態が起きてもおかしくない」との認識を持っておくことが必要であるといえるでしょう。

今回のトラブルについても、「本当のこと」「実情」をありのまま発表していない可能性もあるし、一刻も早くにしかるべき対策を行なって、水位低下を何としても急いで止める必要があるといえるであろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事