福島・宮城の震度6強、各地で深刻な被害や停電が発生!重軽傷者も多数!福島原発でも燃料プールから水が溢れ出す!ネット上では多くの被害画像が投稿される!

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月13日、福島沖を震源とするM7.3の巨大地震が発生福島・宮城の一部地域で震度6強の非常に強い揺れに見舞われたほか、広い範囲で震度6弱~震度5強などの強い揺れが発生した。

・ネット上では、地震の激しい揺れで家具や私物が倒壊・散乱した画像をアップする動きが相次いだほか、広範囲で停電が発生した上に多くの重軽傷者が発生。廃炉作業中の福島第一原発でも燃料プールから水が溢れ出すトラブルが発生し、各地で土砂崩れや交通の寸断、建造物の損傷報告が相次いでいる。

各地の地震発生時、発生直後の映像まとめ【福島・宮城南部で震度6強】

13日午後11時7分ごろ、福島県の中通りと浜通り、宮城県南部で最大震度6強を観測する非常に強い地震がありました。気象庁によりますと、震源地は福島県沖で、震源の深さは55キロ。地震の規模はマグニチュード7.3と推定されています。

震度6強を観測したのは、福島県の相馬市、国見町、新地町、宮城県の蔵王町です。

また、震度6弱を福島県の福島市、郡山市、須賀川市、南相馬市、伊達市、本宮市、桑折町、川俣町、天栄村、広野町、楢葉町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、宮城県の石巻市、岩沼市、登米市、川崎町亘理町、山元町で観測しています。

このほか、震度5強と5弱を、福島県や宮城県のほか、岩手、山形、栃木、茨城、埼玉と東日本の広い範囲で観測しました。

~省略~

【YouTube(TBS News) 2021.2.14.】

燃料プールから水あふれる
福島第1原発5、6号機

東京電力は14日、福島、宮城両県で13日夜に起きた地震の揺れで、福島第1原発5、6号機の各原子炉建屋の上部にある使用済み核燃料プールなどから水の一部があふれ出たと明らかにした。建屋外への流出は確認されておらず、外部への影響はないという。

~省略~

東電によると、あふれた水が見つかったのは原子炉建屋最上階の5階で、プールからの核燃料取り出し作業などが行われるフロア。5、6号機でそれぞれ4カ所ずつ水たまりがあった。

【共同通信 2021.2.14.】

停電、14日午前にすべて解消 最大96万2千戸

~省略~

東北電力の管内では、地震直後に岩手、宮城、福島の東北3県と新潟県の計約10万2千戸で停電したが、14日午前9時までに全て復旧した。東京電力の管内では首都圏や山梨、静岡県の約86万戸で停電が起きたが、こちらも14日午前2時過ぎまでに解消した。

【朝日新聞 2021.2.14.】

東北・関東の広範囲で「悪夢の3.11」を彷彿とさせる強烈な揺れが襲う!インフラ・交通・建物などにも大きな被害が発生!

出典:Yahoo!ニュース

昨晩は本当に驚きました。
私の自宅では物が倒れるなどの被害はありませんでしたが、まさに、「3.11の悪夢」を彷彿とさせるような「非常に不気味で異常な揺れ」でした。

私なんか、よりによって、お風呂に入ってた最中でっ…どんどん揺れが大きくなっていく中で「どうしよぉ~っ」って本気でパニクってしまいましたぁ~~!!

いやあ、本当にびっくりしたね。
ボクの家も、あともう少しで物が色々と落ちてくる寸前だったし、一旦揺れが少し収まってきたかと思いきや、再び長時間にわたって激しい揺れが発生するような、実に奇妙でおかしな揺れで、正味5分くらい揺れ続けていた(激しい揺れが起こっていたのは、大体2分間くらいだったかな)んじゃないかな。
それにしても、M7.1の巨大地震だったにもかかわらず、津波が発生しなかったのが本当に幸運だったし、報道によると、今のところ犠牲者が出ているとの情報もなく、その点においては、まさに不幸中の幸いだったといえるだろう。
さらには、廃炉中の福一の一帯でも震度6弱の強烈な揺れが襲い、燃料プールの水が溢れるなどのトラブルが起こったようだけど、ここでも甚大な被害や放射能漏れのトラブルが発生しなかったというのは、かなりラッキーだったという他ない。

ただし、ここまで激しい揺れにもかかわらず人的被害がそこまで酷くなかったのは奇跡に近かった一方で、経済的な打撃や住民の生活への悪影響はかなり深刻なものとなるだろう
新幹線の復旧にも半月以上の時間がかかる可能性が出てきているし、震度6弱以上が観測された地域においては、住宅などの建造物の損傷がかなり出ていることが予測される。
もちろん、東京五輪なんてますますやっている場合じゃないし、国民の税金をコロナ対策に加えて被災地復旧に優先的に充てていく必要があるのは言うまでもない。
しかしながら、腐敗しきった日本の権力層は、何としても東京五輪を開催するために、今回の地震をも利用して「(森喜朗騒動のような)いざこざや争いを乗り越えて、福島・宮城の人々に大きな勇気を与える東京五輪の実現を…!!」みたいなプロパガンダを仕掛けてくる可能性も大いにある。
そういう意味でも、ボクたちは、この先の支配層の動きについても大きな警戒をしていく必要があるだろう。

そ、それは大いに有り得ますねぇ…!!
とにかく、私たちのかけがえのない税金を、真に困っている日本の国民の皆さんのために効率的に使われていくことを強く願う他にありませんですぅ!

ちなみに、今回の地震が”前震”の形になって、近いうちにさらに大きな地震が発生する可能性も現時点では否めません。
この先も、当面の間は強い警戒の下で、様々な備えを強化しながら、いつ大きな揺れが来ても大丈夫なように心構えをしていくのがいいかもしれません。

そうだね。
気象庁も強い余震に対する警戒を呼び掛けているし、震源から少し離れている地域においても、今回の大地震と連動する形で発生する地震についてもしばらくの間は警戒しておくのが良さそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。