「黙ればばあ」の平井卓也科技相に、約700万円分もの「宛名無しの領収書」が発覚!専門家は公選法違反を指摘!総資産は3億円超で閣僚最多に!

Pocket

どんなにゅーす?

ニコニコ動画において、福島瑞穂議員に対し「黙ればばあ」と暴言を放ちつつ、「あべぴょん、がんばれ」などと書き込んだことで知られる平井卓也科技相に、17年の衆院選の際の選挙運動費用収支報告書に宛名無しの領収書が61枚、計約700万円分も添付されていたことが発覚した。

・宛名のない領収書は全体の5割近くに達しており、専門家は公選法違反であることを指摘片山さつき地方創生相に続き、安倍政権の閣僚に重大な犯罪疑惑が浮上している。

平井科技相
宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

平井卓也・科学技術担当相(60)=衆院香川1区=が、昨秋の衆院選に伴う選挙運動費用収支報告書に、宛名のない領収書61枚、計約700万円分を添付していたことが毎日新聞の取材で分かった。うち27枚はただし書きも空欄だった。宛名がない領収書は支出額の5割近くに達し、専門家は「支出主体や使途が分からないものは領収書と言えず、公職選挙法に抵触する」と指摘している。【岩崎邦宏】

【毎日新聞 2018.11.15.】

IT担当にも問題発覚 700万円分領収書宛名なし

一部報道を受け、この日の参院内閣委員会で立憲民主党の杉尾秀哉氏の指摘に、平井氏が認めた。「事務所に確認を指示し、支出の目的や宛名のない領収書があったとの報告を受けた。選挙管理委員会と相談して適切に対応したい」と述べた。宛名がないのは平井氏側の要求ではないかと指摘されると、「収支報告書にはその(支出)内容も含めてすべて書いている」と述べ、支出自体は問題ないとの認識を示した。問題の領収書は61枚、約700万円分にのぼるとされる。

平井氏はIT戦略に詳しく、地元香川県のメディアのオーナー一族で「四国のメディア王」とも呼ばれる。

~省略~

【@niftyニュース(日刊スポーツ) 2018.11.16.】

自民党ネット工作組織(J-NSC)を牽引してきた平井卓也科技相に重大な政治とカネの疑惑!資産ランキングは全閣僚で1位の3億円超!

平井科技相、最多3億円超 新閣僚平均6288万円
第4次改造で資産公開

第4次安倍改造内閣で新たに入閣した13閣僚が16日、10月の就任時の保有資産を公開した。家族分を含めた総資産は、平井卓也科学技術相が3億2005万円で最も多かった。13人の総資産平均は6288万円で、公開済みの安倍晋三首相と留任閣僚を含めた内閣全体の総資産平均は8910万円だった。

1億円を超えたのは平井氏を含めて3人。2位は桜田義孝五輪相で1億3678万円、片山さつき地方創生相が1億1700万円で続いた。

平井、桜田、片山各氏ら計8人が家族分を含め、総資産額には算入されない株式を保有しており、実際の資産は公開額を上回る。

~省略~

【日経新聞 2018.11.16.】

出典:Twitter(@hiratakuchan)

社民党の福島瑞穂議員に対して「黙ればばあ」って暴言を吐いたことで有名な平井卓也大臣に、宛名無しの領収書が大量に(約700万円分)添付されていた実態が浮かび上がってきたのねっ!
専門家は「公選法違反」を指摘しているし、これは、「今後は気をつけます」なんかで済まないくらいの重大な犯罪疑惑なんじゃないかしら!?

安倍政権の閣僚において日常茶飯事に色々な犯罪疑惑が出てくるあまりに、なんだか日本国民も感覚が麻痺しかかってきている感じがするけど、絶対にこうした状況に慣れてしまってはいけないね。

ちなみに、これまでも著しい”素行不良”が目立っていた平井卓也氏は、下記のように筋金入りの資産家のお坊ちゃまで、「四国のメディア王」と呼ばれていることから、自民党のネット工作組織「J-NSC(ネットサポーターズクラブ)」の代表を務めたり、制作費1000万円を投じてスマートフォン向けゲーム「あべぴょん」を開発するなど、国民の愚民化や洗脳にも深く尽力してきた人物だ。

平井 卓也(ひらい たくや、1958年1月25日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、 内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策)、自民党香川県連会長。EM菌議員連盟幹事長を務める。
参議院副議長や郵政大臣を務めた元参議院議員の平井太郎は祖父。元労働大臣の平井卓志は父。四国新聞社社主平井温子は母。四国新聞社代表取締役CEO平井龍司は弟。妻と二男・一女。

~省略~

J-NSC代表としては、安倍晋三総裁にFacebookを介したネットユーザーとの交流を勧めたとされるほか、2013年に執行された第23回参院選に際し制作費1000万円を用いてスマートフォン向けゲーム「あべぴょん」を開発した[10]。

~省略~

【Wikipedia(平井卓也)】

しかも、平井大臣は、現在の安倍内閣の中でトップレベルの資産(総額3億円超)を持っているとのことだけど、こうした実態を見ても、ここまでの莫大な資産を築いた裏では、様々な「黒いこと」に手を染めてきたのではと疑いを持たれるのも仕方ないんじゃないかな。

こんな、庶民とかけ離れた”浮世離れ”した環境で生まれ育ってきた資産家側の人間が政治の実権を握ったところで、庶民のための政治なんて実現できるはずもないじゃないのよっ!!
しかも、閣僚の資産ランキングの2位と3位が、あの「1500円」「レンポウさん」「パソコンは使ったことがない」桜田大臣と、数々の犯罪疑惑山積片山さつき大臣だなんて…こんなの何かの悪い冗談だとしか思えないわっ!!

”彼ら”と癒着している既得権勢力やお金持ちは必ず選挙に行って、彼ら”特権階級”に投票するけど、本来であれば、それを上回るほどに多くの一般庶民が選挙に足を運んで庶民目線の野党候補に投票すべきところを、そもそも大多数の庶民が政治に興味も持たずに選挙も自ら棄権してるんだから…そりゃ、国民生活はどんどん悪化して苦しくなっていくのは当然のことだ。

一言で言ってしまうと、トルーマンらによる「愚民化洗脳」が見事なまでに浸透しきっている状態だし、これによって、真面目に毎回選挙に行って野党候補に票を入れている人々までもが「貧困の大波」に巻き込まれてしまっている状況だ。

やっぱり、一般庶民の生活感覚やお金を稼いで暮らしていくことの大変さをよく知っている人間が政治家になり、政権を担当しない限り、国民生活の質が向上することはないだろうし、マスメディアも本来の働きを全く果たしていない中で、もっともっと国民自身がこの状況に危機感を覚えることが必要なんじゃないかな。

ほんとに、今の日本の政治腐敗と民度低下の現状は、相当に深刻よね…。
タダでさえここまでの資産を持ってるくせに、それでもおかしなことに手を染めてさらに蓄財しようとしているのも信じられないし、今の政治家の有り得ないまでのモラル低下と傲慢化をどうにかするためにも、もっと国民自身がこの現状に危機感を感じて、率先して抗議の声をあげていくことが必要なんじゃないかしら!?

おススメ記事&広告

 
Pocket