■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【品性ゼロ】次期五輪組織委会長「橋本聖子五輪相に一本化」と報じられるも、「橋本大臣はセクハラ常習犯」と文春砲!→本人がますます強固に拒絶して再び白紙に戻る可能性!

【品性ゼロ】次期五輪組織委会長「橋本聖子五輪相に一本化」と報じられるも、「橋本大臣はセクハラ常習犯」と文春砲!→本人がますます強固に拒絶して再び白紙に戻る可能性!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月17日、”女性蔑視発言”で辞任に追い込まれた森喜朗氏の後任となる五輪組織委会長候補について「橋本聖子五輪相で一本化」したとの報道が出て中、18日発売の週刊文春で「橋本氏はセクハラ常習犯」との記事が出されることが判明した。

・文春では、橋本氏からセクハラ被害を受けたとされる女性の証言が掲載されるとみられており、これを受けて、橋本氏本人が受任を強く拒絶する可能性が大に。新会長選びがまたも白紙になる見通しが強まってきている。

橋本聖子五輪相に一本化 新会長候補、検討委が最終調整

女性蔑視発言で辞任を表明した東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)の後任を選ぶ検討委員会が、五輪相の橋本聖子氏(56)を候補として一本化する方向で最終調整していることが分かった。検討委が17日、都内で2回目の会議を非公開で開催して候補を絞り込んだ。

橋本氏は17日夕、国会内で記者団に「ちょっと分からないです」と語った。要請があれば引き受けるのか問われたが、「何もないので」と述べるにとどめ、態度を明らかにしなかった。

~省略~

橋本氏をめぐっては、自民党幹部からは「彼女以外には思い浮かばない」との声があがっていた。大臣規範には「兼職」を禁止する規定があり、仮に橋本氏が会長に就く場合、五輪相は退くことになる。

~省略~

【朝日新聞 2021.2.17.】

〝ポスト森〟橋本聖子氏に一本化で騒然「正気か?」「どんな力が…」 18日に文春砲も

~省略~

だが、ネット上には「正気か!?」と驚きの声が殺到。橋本氏と言えば、日本スケート連盟会長だった2014年のソチ五輪の時に、フィギュアスケート男子の高橋大輔に〝キス強要〟したと週刊文春で報じられた。

これは立場的上位を利用した「セクハラ」に見えなくもなく、橋本氏が新会長になれば蒸し返され、問題視される可能性がある。事実、中国のニュースサイト「新浪体育」は12日時点で「森会長の後任候補は橋本五輪相 かつてイケメンフィギュアスケート選手にキスを強要し、辞職寸前」という記事を掲載。橋本氏の醜聞は世界に打電された。

~省略~

さらに18日発売の「週刊文春」が再び橋本氏の醜聞を報じる。これにはメディア関係者からも「検討委員会は文春が報じてくることを知らないのか。コントみたいなオチになるのではないか」と1周回って心配する声まで飛んでいる。

【東スポWeb 2021.2.17.】

橋本聖子セクハラ常習犯 髙橋大輔にキス強要写真

~省略~

7年前のソチ五輪、閉会式後の打ち上げの席だった。日本選手団を率いる団長だった橋本氏は、当時フィギュアスケート日本代表だった髙橋大輔を抱き寄せてキス。しかもそのキスは1回や2回ではなく、執拗に繰り返されたという。髙橋に対する“キス強要”はセクハラと指摘され、騒動となった。

しかし「セクハラ行為」はこれだけではないことが「週刊文春」の取材によって明らかに。男性に限らず女子会でも“キス魔”となり、男性を相手にした“露出癖”もあるというのだ。橋本氏は、男女平等やハラスメント防止を掲げる五輪の舵取りに相応しいのか。組織委員会会長人事の内幕含む全文(6949字)は購入することで読むことができる。

【週刊文春 2021.2.17.】

出典:週刊文春

新会長最有力候補・橋本聖子五輪相の「さらなるセクハラ行為」を文春が報道!?橋本大臣と森前会長は「父と娘のような関係」!

↓2019年9月13日の記事より。

初入閣の橋本聖子氏 森会長を訪問「父なんです」

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの担当相として初入閣した橋本聖子氏(54)が13日、大臣就任後、初めて東京大会組織委員会の森喜朗会長(82)を訪問した。

~省略~

橋本氏は「森会長に導かれて政界入りして24年。アスリートの経験を生かして、すばらしい日本の姿を描いていける舞台を作り上げるところに仕事ができることを大変、光栄に思っています」と気を引き締めた。森氏は橋本氏について「死んだ息子と同い年で、娘だと思っている。親みたいに大変厳しくやる」とエールを送った。橋本氏も森氏について「父なんです」と笑顔を見せた後「別の形の中で、そばでサポート体制を取らせていただくことができて大変光栄。しっかり役割を果たせるよう頑張っていきたい」と意気込んだ。

~省略~

【日刊スポーツ 2019.9.13.】

本日夕方に「新会長候補は橋本聖子五輪相に一本化」などと一斉にマスコミが報じましたが、明日の文春で橋本五輪相による「さらなるセクハラ行為」が報じられるようです
これまで、フィギュア・高橋大輔選手に対するセクハラ騒動が大きく問題視されてきましたが、どうやら、橋本大臣のセクハラ被害に遭ったという女性による具体的な証言などが掲載されるようですね。

高橋大輔選手に対する執拗なキス行為だって、男女の関係性が逆だったら強制わいせつ罪で逮捕されるような案件だよね。
ネット上では、「(組織委内部の会議で)橋本五輪相で一本化された」との報道に対して、「正気か?」との声が噴出していたけど、橋本五輪相は、(ご覧のように)森喜朗前会長からの推薦で彼女が政界入りを果たしたことから「父と娘」のような関係性があり、いってみれば、「森氏の忠実な子分」のような存在みたいだ。

つまりは、(少し前までは小谷実可子氏などの名前が出ていたものの)直前になって橋本大臣で一本化されたというのも、(密室で決定しかかった川淵氏の一件と同じく)森前会長による強い意向が反映された可能性があるということだし、平たく言うと、東京五輪組織委会長は、「(腐った権力層と太いパイプで繋がっている)何かしらの”脛に傷”を抱えている”問題児”しか就任することが許されない」という内情があるということだ。

まさに、東京五輪そのものが、いかに根底から腐敗しきっているのかを物語っているような展開です。
しかし、かなり強烈な”文春砲”が出されることが確実である中、彼女による数々の常軌を逸したセクハラやわいせつ行為が世界に大々的に報じられるのは間違いないでしょうし、橋本大臣本人が意地でも就任を拒否することで、またも新会長人事が完全な白紙に戻る可能性が高まってきましたね。

結局のところ、どこまでいっても、森氏を筆頭にした(強大なスポーツ利権を持つ)「腐敗した権力層のお気に入り」しか新会長に就任できないということだし、「嘘とカネ」にまみれた「モリンピック」の実情がますます露呈した以上、五輪そのものを中止し、そのお金を(コロナ対策など)真に困っている国民のために投じるべきだろう。

とにかくも、明日の文春において一体どんな衝撃的な内容が出されるのか、要チェックだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事