■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【意味深】橋下氏が「桜疑獄」の安倍前総理に”辞職勧告”!「これが事実なら、議員辞職もやむなしだと思ってます」!→ネット「この人に言われるようならもうおしまい」

【意味深】橋下氏が「桜疑獄」の安倍前総理に”辞職勧告”!「これが事実なら、議員辞職もやむなしだと思ってます」!→ネット「この人に言われるようならもうおしまい」
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年11月29日、「日曜報道 THE PRIME」(フジ)に橋下徹元大阪府知事が出演。現在特捜が捜査を進めている安倍前総理による「桜前夜祭疑獄」について言及し、安倍氏に対し”辞職勧告”発言が飛び出した。

・橋下氏は、「本人であれば、確認できる。このホテルへの確認を国家のリーダーがやらず、『秘書からは補填はないと聞いている』っていうだけで国会答弁をしてたっていうのは本当に残念」としたうえで、「これが事実なら、残念だけど議員辞職もやむなしだと思ってます」とコメント。ネット上では、橋下氏の意見に賛同しつつ、安倍氏に対し議員辞職を求める声が噴出している。

橋下氏、安倍氏「議員辞職もやむなし」 桜を見る会「確認すれば分かる」

元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が29日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演し、安倍晋三前首相に「議員辞職もやむなし」と厳しい言葉を投げかけた。

~省略~

「秘書がやってることを全部、政治家が見きれている訳ではない」と理解を示しつつも「今回の問題は、ホテルに確認すればすぐ分かること」とバッサリ斬った。安倍氏は国会答弁で、ホテル側は「営業秘密に関わる」ために答えることができないとしたが「本人であれば、確認できる。このホテルへの確認を国家のリーダーがやらず、『秘書からは補てんはないと聞いている』っていうだけで国会答弁をしてたっていうのは本当に残念」と悔しそうな表情。さらに「これが事実なら、残念だけど議員辞職もやむなしだと思ってます」と眉間にしわを寄せながら語った。

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2020.11.29.】

田崎史郎ですら批判!「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態を振り返る これで「知らなかった」「秘書が…」が通るのか

~省略~

このように安倍前首相が嘘をついてきたことがついに白日の下に晒されたわけだが、そんななか、あの“安倍首相のスポークスマン”だった男が華麗な掌返しを見せた。田崎“スシロー”史郎氏だ。

昨日25日放送の『ひるおび!』(TBS)で「前夜祭」問題が取り上げられると、安倍前首相が「収支はない」と国会答弁していたことについて、田崎氏はこんな批判をはじめたのだ。

「これは大きな問題ですよ。国会で安倍総理が当時言われていたことが間違いだったということは、もし報道どおりであればね、間違っていたということになるんで、これは何らかのかたちで安倍総理がきちんと話されて、お詫びをしなくちゃいけなくなるんじゃないかなと思いますね」

さらに、安倍氏側の“秘書が補填はないと説明していた”という主張についても、「そこは安倍総理と秘書のやりとりですから我々にはまったくわかりませんよね」と言いつつ、「わからないんですけれども、それを秘書のせいにしてはね、これはやっぱりいけないんだろうと思うんです、それは。国会で答弁されたのは秘書じゃなくて安倍総理ご本人ですから。それはきちんとけじめはつけなきゃいけないと思います」とバッサリ切り捨てたのだ。

あの田崎スシローが安倍前首相をド直球で批判し、至極真っ当なことを言っている……。田崎氏といえば、「前夜祭」問題が取り沙汰されると『ひるおび!』や『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)などに出演しては、安倍前首相の主張には嘘の匂いがプンプンしていたというのに「こういうときは人数の半分くらいしか食事を出していない」などと“解説”して5000円の参加費は妥当だと強調。「安倍事務所もすごい慣れているから、政治資金の処理に。みすみす公選法違反になることはするはずがない」とまで断言していた。

ところが、補填を示す証拠が出てきた途端、この見事な変わり身ぶり。今回の検察の動きの背後には安倍氏の復権を封じ込めたい菅義偉首相の意向があるとも囁かれているが、機を見るに敏な田崎氏のこと、そうした動きを勘案して安倍批判に方向転換した可能性が高い。しかし、いずれにしろ、あの田崎氏が批判をはじめるほど、特捜部が掴んでいるとされる明細書や領収書はそれだけ“決定的証拠”だということだ。

~省略~

【リテラ 2020.11.26.】

田崎スシロー氏に続き、CSISと深く繋がる維新の橋下氏が、安倍前総理に意味深な「辞職勧告」!

出典:Twitter(@bokuhadokoniiru)

あらあら、田崎スシローさんに続いて、これまで全力で安倍さんを支えてきた橋下さんまでもが、「桜疑獄」の捜査が本格化してきた安倍さんに「辞職勧告」をしたみたいね。
一部では「不起訴で捜査終了になりそう」やら「秘書のみが在宅起訴されるくらいで終わるだろう」との見方も出ているけど、思ったよりも「大ごと」になっていきそうな気配が出てきたわね。

当サイトでは、安倍氏が突如総理を辞任した背後に、水面下で(反中系の)ジャパンハンドラーによる「安倍降ろし」が起こっていることを推測してきたけど、辞任後に安倍氏が急に元気になっては「三度目の政権奪取」に動き始めているのを見て、一度は消えかかっていた「安倍潰し」が再燃してきた可能性もありそうだ。
中でも、
橋下氏といえば、CSISのジャパンハンドラーと深い繋がりを持っている維新の(事実上の)スポークスマンだし、そんな橋下氏が安倍氏に対してここまで踏み込んだ発言をしたというのは、実に意味深だね。

いずれにしても、ただでさえ、「権威」や「肩書」が非常に大きく物を言う日本社会において、「総理」と「元総理」では人々の忖度度が全然違ってくるし、ここで国民自身がこれまで以上に大きな声を上げていけば、安倍氏の「本当の失脚」も俄然現実味を帯びてくるかもしれないね。

それにしても、あんなにも安倍さんを全力で支えてきた橋下さんやスシローさんの変わり身の早さといったら。
日本のマスメディアに出てくる言論人の99%が「信頼性ゼロ」のペテン師のような人たちばかりですし、こんなにも重大な犯罪である「桜疑獄」が今頃になって盛り上がってきていること自体も、違和感ありまくりだわ。

いずれにしても、安倍前総理の強大な権力がここに来て一気に揺らいできているのは間違いなさそうだし、橋下氏らの言動や今後の展開をこれまで以上に注視していくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事