■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【注目】立憲・原口一博議員らが北里大学を視察、イベルメクチンについて研究者から説明受ける!「ワクチンに依存しない新型コロナ危機の解決策」として、国民から多くの期待の声!

【注目】立憲・原口一博議員らが北里大学を視察、イベルメクチンについて研究者から説明受ける!「ワクチンに依存しない新型コロナ危機の解決策」として、国民から多くの期待の声!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月28日、立憲民主の原口一博、泉健太、中島克仁の3議員が北里大学・大村智記念研究所を視察。「新型コロナウイルスに高い有効性がみられる」と世界で高い評価を得ている駆虫薬・イベルメクチンについて、研究者から詳しい説明を受けた

・イベルメクチンについては、ノーベル賞受賞者の本庶佑教授が新型コロナ危機に有望な薬として紹介しているうえに、世界各国でも研究や試験が急ピッチで進められており、「ワクチンに依存しない新型コロナ危機の解決策」として、イベルメクチンを使用した治療法の確立について、国民から多くの要望と期待が上がってきている

「イベルメクチン」治験へ コロナ治療に期待

東京都が抗寄生虫薬「イベルメクチン」の新型コロナウイルスに対する治療効果を調べる治験を、都立・公社病院で実施する方向で検討していることがわかった。

イベルメクチンは2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授が開発、アフリカなどで寄生虫による感染症に大きな効果をあげた。

これまでに細胞を用いた実験で、新型コロナウイルスの増殖を抑えることがわかっていて、治験は軽症者などが対象に、イベルメクチンを服用することで、陰性になるまでの時間が短くなるかなどを調べるという。

関係者によると、都は都立・公社病院で治験を行う方向で検討しているが、現在は、中等症や重症の入院患者が多いため、感染状況が落ち着いてから始める方針だという。

~省略~

【FNNプライムオンライン 2021.1.28.】

2019新型コロナウイルスの治療薬としての研究【Wikipedia(イベルメクチン)】

イベルメクチンを使用したコロナ対策に大きな期待の声!ワクチン利権者の圧力を超えるほどの「大きな国民運動」が起こるかどうかがポイントに…!

出典:Twitter(@kharaguchi)

立憲民主党の3議員が北里大学の研究所を訪問し、「新型コロナ危機を克服するための有望な薬」として期待が集まっているイベルメクチンについて、研究者の方から詳しい話を聞いたとのことです。
野党の有力議員がイベルメクチンに強い関心を持たれているというのは、かなり大きな一歩かと思いますし、一般国民や医療関係者の間で認知が広まっていけば、もしかしたら今の流れが変わっていくかもしれません。

ボク自身も、これまで「ワクチンに依存しない新型コロナ危機の対処策を政府自体が率先して模索し主導していくべき」との考えを持ってきたけど、ようやく、野党議員の方からこうした流れが生まれてきたか。
(イベルメクチンとは、ノーベル賞受賞者の大村智北里大特別栄誉教授らが開発にかかわった、40年以上前に開発された世界中で使用されている駆虫薬であり、その信頼性や安全性についても、1年にも満たない拙速なプロセスで開発された新型コロナワクチンと比べても言うまでもないだろう。)

これ自体はとても喜ぶべき流れだけど、問題は、「どうやって、ワクチンを通じた世界支配を企んでいる、(ビル・ゲイツら)グローバル支配層の思惑を潰していくか」ということだ。
なんせ、菅総理自身がビル・ゲイツ氏と電話会談を行なっては、彼らが開発した(色々な意味で)「危険度の高い新型コロナワクチン」について、日本はもちろん、「全世界に浸透させていく」ことで意見が一致してしまっているし、これだけをみても、日本政府がグローバル製薬企業やビル&メリンダ・ゲイツ財団などからかなり強い圧力を受けていることが容易に想像できる。

これまでの流れや新型コロナ危機をめぐる世界的な状況を見る限り、「ワクチンに依存せずにコロナ危機を乗り越える方策は確実に存在している」ものの、これが「様々な思惑や計画を企んでいるグローバル資本勢力による強大な世論誘導や圧力によって潰されている」とみて間違いなさそうだ。

新型コロナ危機そのものが人為的に引き起こされたものである疑いが強まっていますし、まさに、「コロナ危機を通じて世界の”ニューノーマル&グレートリセット”を実現させようとしている」世界支配層の壮大な策謀や思惑が日に日に浮かび上がってきているような状況です。

日本の国会議員の中でも、これまで、ディープステートや軍産複合体の実態に迫るなど、「日本の腐敗の元凶」にスポットを当てつつ、これらを国会で問題提起してきた原口一博議員について、ボク自身好印象を持ってきたし、この先の議員活動についても個人的に期待をしている。
野党が大々的に「ワクチン以外の予防・治療法」について国会で提起をしていけば、今の「ワクチンありき」の悪い流れが変わっていく可能性もあるし、そのためにも、国民自身が積極的に多くの情報を集めつつ、超党派で多くの議員に強く働きかけていくことが大事なんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事