河井克行法相が電撃辞任!本人と妻・案里議員の公選法違反疑惑を受けて!安倍総理「責任を痛感している」→ネット「なら早よ辞めろ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月31日、河井克行法相が電撃辞任を発表。週刊文春が、先の参院選で当選した妻の案里議員の選挙活動中に、ウグイス嬢に対して公選法で定められている上限を超える報酬を表に見えないように支払っていた疑惑を報道。河井法相自身も有権者にじゃがいもを贈っていた疑惑が浮上した上に、妻の疑惑に夫・克行氏も関与している疑いが出たことを受けて、辞任を決断したとみられる。

・安倍総理は、この事態を受けて、「こうした結果となり、その責任を痛感している」「国民の皆さまに深く心からおわびを申し上げたい」とコメント。これに対し、ネット上では「それならさっさと辞めろ」「いつも口先だけ」などの怒りの声が噴出している。

河井克行法相 妻の参院選に公選法違反の疑い

~省略~

選挙でのウグイス嬢の報酬は、公職選挙法で上限額が1日1万5000円と定められている。だが、「週刊文春」がウグイス嬢や河井氏の後援会関係者、広島県連関係者などを取材すると、案里氏の事務所はウグイス嬢13人に対し、法定額の倍の1日3万円を支払っていた疑いがあることがわかった。さらに、ウグイス嬢の領収書や支払いを記した“裏帳簿“を入手。こうした文書によれば、案里氏の事務所は、選挙期間中には、1日1万5000円を支払ったことにして領収書をウグイス嬢に書かせ、残りの額は、公示(7月4日)前の7月1日付で、選挙が始まる前の「人件費」で支払った形にしていた。なお、取材に応じたウグイス嬢9人は、選挙前には活動を行っていなかったと証言している。

こうした支払い方法の指示やウグイス嬢との連絡は、克行氏の元公設秘書で、当時は案里氏の秘書を務めていた男性が行っており、支払いなどの実務は経理担当の女性秘書が行っていたという。案里氏は、当選するまで事務所を克行氏の事務所に置いており、克行氏が案里氏の参院選を仕切っていた。

~省略~

河井法相と案里氏に、1日3万円の日当を支払っていた事実があるか、確認を求めると「選挙運動は、法令に従って行っております」と回答した。ただ、選挙の経理を担当した女性秘書は、「週刊文春」の直撃取材に対して、複数の領収書を準備して、1日3万円の日当を支払ったことを認めている。

~省略~

【文春オンライン 2019.10.30.】

河井克行法相が辞任 妻陣営の公職選挙法違反疑惑で

河井克行法相(56)は31日、7月の参院選で初当選した妻の案里氏(46)の陣営が公職選挙法で定められた上限を超える報酬を運動員に支払った疑惑をめぐり、安倍晋三首相に辞表を提出した。安倍内閣では25日に菅原一秀衆院議員が経済産業相を辞任したばかり。相次ぐ閣僚の辞任は安倍政権への打撃になるとともに、首相の任命責任が問われる。

~省略~

河井氏は31日、首相に辞表を提出した後、官邸で記者団に対し、週刊文春の報道について「私も妻も全くあずかり知らない」と述べた。その上で、「調査を行う間、法務行政への信頼は停止してしまう」とし、辞任を決断したと説明した。

首相は辞表を受理した後、記者団に「任命したのは私だ。こうした結果となり、その責任を痛感している」と述べ、「国民の皆さまに深く心からおわびを申し上げたい」と謝罪した。

~省略~

【朝日新聞 2019.10.31.】

千葉の台風災害を無視して強行した内閣改造で、早くも2大臣が不正疑惑で引責辞任!安倍一派による「菅潰し」との見方も

出典:YouTube

河井克行法相と妻の案里議員に公選法違反疑惑が浮上したことを受けて、河井法相が電撃辞任しました。
河井氏本人は、有権者にじゃがいもを贈答していた疑惑が浮上し、案里氏は夫とともに運動員を買収した疑惑が浮上しており、まともな国であれば、警察や検察が動き、夫婦ともに逮捕されておかしくないような事案かと思います。

安倍総理は、千葉で発生した深刻な台風災害すら後回しにして内閣改造を強行したけど、「どんなに優秀な閣僚が揃っているのか」と思ったら、まさかの「無法政治家の集まり」だったというわけだ。

安倍政権の自民党議員は、常日頃から当たり前のように不法行為を繰り返していることが改めて痛感されるし、今では、安倍一派(長州閥勢力をはじめとした特権階級勢力)の犯罪は一切不問にされてしまう流れが強固に作られていることから、彼らも安心しきって「やり放題」の様相を呈している。
(ここまで素早く法相を辞任したのを見ても、河井氏本人も、妻の公選法違反にかなり濃厚に関わっていたことがうかがえるね。)

それにしても、最近文春がやけに安倍政権の閣僚の不法行為を積極的にスクープしているけど、先日経産相を辞任した菅原氏も河井法相や妻の案里氏も、いずれも菅官房長官が寵愛している議員であることから、最近、日本の政界で権力を握りつつある菅官房長官を潰そうとする「安倍一派による謀略」を疑う声も上がっている。
もし、そうだとすれば、安倍総理は(わざとらしく苦々しい顔をしながら国民に向けて頭を下げているけど)その内心はほくそ笑んでいるということだし、もしかしたら、一連の辞任劇の背後に「何かの裏」があるかもしれないね。

安倍総理は、あいかわらず、雛形のような形だけの謝罪をしているだけですし、本気で国民に対して責任を取るつもりなどさらさらないことが分かります。
菅原氏の時もそうでしたが、(後任の人事など)やけに手際がいいようにも見えますし、党内の権力闘争が「このような形」で表に出てきている可能性もあるかと思います。

大手マスコミの世論調査を見ても、(閣僚の不祥事が連発しているにもかかわらず)安倍政権の支持率が非常に高いままなので、グローバル支配層も安倍総理に引き続き総理を続けさせる方針であることがうかがえる。
とにかく、日本の警察・検察も完全に機能不全に陥った上で、ここまで法治国家の機構がメチャクチャになってしまっている「諸悪の根源」は長州安倍一派だし、いくら閣僚が次々辞任したとしても、安倍総理の権力が衰退し、失脚しない限り、「日本が崩壊・破綻に向かう流れ」は基本的に変わることはないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事