【何やってんだ】立憲・枝野氏が都知事選当日に「#宇都宮」とタグをつけ餃子を語る→「脱法行為」「汚い」と批判殺到!各地の餃子ファンも不快感!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年7月5日、立憲民主党の枝野代表が、東京都知事選投票当日に「#宇都宮」とのハッシュタグをつけて、「宇都宮で育った私は、18才で#宇都宮を離れてから仙台でも東京でも餃子専門店を探したが見つからず」などとツイート。暗に宇都宮健児氏を推しているとの指摘とともに「脱法行為」「汚い」との批判の声が殺到している。

・枝野氏は、さらに続けて「ラーメンや炒飯、野菜炒めがメニューにあるのは中国料理店 ビールもライスもないのが餃子の店 今もそう思うので全国チェーン「餃子の●将」の名前には違和感 味は好きだけど」と加えていたことで、「餃子の王将」ファンを自称する人々からも不快感の声が相次ぐ事態に。記者からの質問に対し「誤解と心配をかけたのは恐縮だが、他意はない」と釈明するも、今も多くの批判が寄せられている。

脱法的・姑息だ…枝野氏のギョーザツイート「#宇都宮」に批判

立憲民主党の枝野代表が東京都知事選投開票日の5日、自身のツイッターに出身地である宇都宮市名物のギョーザの話題に触れ、「#宇都宮」のハッシュタグをつけたことが波紋を呼んでいる。

~省略~

公職選挙法では投開票日当日の選挙運動を禁じている。立民は都知事選で宇都宮健児氏を支援しており、インターネット上では、「脱法的だ」「姑息だ」といった批判が相次いだ。

枝野氏は6日の高知市での記者会見で「誤解と心配をかけたのは恐縮だが、他意はない」と語った。

【読売新聞 2020.7.7.】

↓立憲・枝野代表の問題のツイート。

立憲・枝野氏の「脱法ギリギリツイート」が「宇都宮餃子を政治利用するな」と大炎上!何故か餃子の王将をディスったことで、ますます延焼広がる!

出典:Twitter(@edanoyukio0531)

一体何をやってるのよこの人はっ!?
投票時当日に「脱法行為」と言われても仕方ないような紛らわしいツイートをしたことで、宇都宮さんを支援するどころか嫌悪感の声が大殺到で、結局、選挙には惨敗した上にかんっぜんに「自滅しまくり」じゃないのよっっ!!

「誤解と心配をかけたのは恐縮だが、他意はない」って釈明してるけど、これは、どうみても「暗に宇都宮氏を推している」って指摘されても強く言い返せないだろうし、「まったく何やってんだ」としかいいようがない。
おまけに、地元の宇都宮餃子の町おこし団体も迷惑しているようで、急遽、「宇都宮餃子を嫌いにならないでください」とツイートする事態に(結果、「災い転じて福となす」で、最後はいい宣伝になったかも…?)なっている上に、なぜか最後に餃子の王将をディスっていることから、王将ファンを自称する人々から不快感の声が寄せられる事態になっている。

まさに、「余計なこと」をやってしまったことで見事に自滅してしまってるし、こんなつまらないことで炎上しては、多くの国民に悪印象を与えてしまった時点で、「センスが無さすぎる」としか言いようがない。
今回の選挙戦においても、(野田元総理を応援演説に招いたことなど)全体的にそうしたセンスの無さが目立っていたし、改めて、今の主要野党は、有権者(特に無党派層)の心をつかみ、惹きつける力が圧倒的に欠けていることを改めて感じるよ。

ただでさえ、ここまで野党全体が弱体化してしまってるのだから、なおさら、有権者に好印象を持ってもらうための「小さなことの積み重ね」がとっても重要なのに、こんなことをしているようじゃ、次の重要な選挙でも大きく勝利するのは難しそうね…。

野党の中でも、山本太郎氏によるファンを増やしていくためのPR戦略はなかなか上手いと思うけど、枝野氏もただ太郎氏にジェラシーや嫌悪感を持つばかりでなく、もう少し、自らに謙虚になって「自分たちに足りないもの」をよくよく分析し、何よりも、有権者の気持ちを一番に汲み取り、一人でも多くの国民から好感や期待を持ってもらうための「魅力的な政策やPR」を考えていく必要があるんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事