立憲・枝野幸男代表が国会代表質問で切れ味鋭く安倍政権を批判!一般国民主体の「立憲民主主義」「草の根」の政治を主張!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月20日、安倍総理による所信表明演説を受けて、立憲民主党の枝野代表が初めて本格的に国会デビューを飾り、代表質問に立った

枝野氏は、安倍政権による違憲状態の安保法や内容の伴わない教育無償化案、権力・富裕層を主体とした「トップダウン型」の政治を強く批判。改めて、一般庶民を主体とした「ボトムアップ型」の景気の底上げと立憲主義に基づいた謙虚で真っ当な政治を取り戻すことを強調した。

国会代表質問 安倍首相VS枝野代表初対決

枝野代表「いわゆる安保法制、集団的自衛権は立憲主義の観点から決して許されません。立憲主義に反した状況を放置しておいて、真っ当な憲法議論ができるわけがありません。まずは今ある憲法を守ってから言え。それが真っ当な順序であります」

安倍首相「厳しい安全保障の現実に真正面から向き合い、憲法の範囲内であらゆる事態に切れ目のない対応を可能とする平和安全法制を整備しました。政府としてはベストなものと考えています」

枝野代表はさらに、今の状況で自衛隊を憲法に明記すれば、「立憲主義違反を追認することになる上、専守防衛から大きく逸脱する」と批判した。これに対して安倍首相は「専守防衛を堅持することは当然だ」と述べるにとどまった。

また、自民党が国会の質問時間を与党に従来より多く配分しようとしていることについて、枝野代表は「かつての野党時代の主張と完全に矛盾する身勝手な主張だ」と追及した。

【日テレNEWS24 2017.11.20.】

↓ネットでも高評価が相次いでいる枝野氏の代表質問。

枝野代表が謙虚に力強く安倍政権に対峙していくことを宣言!「背中を押してくださったみなさん。私たちがその道を逸れないよう監視を続けてください」

ネット上でも、枝野さんによるこの代表質問を大きく評価する声が相次いでいます。
確かに、久々に聞くような切れ味鋭く、なおかつ現状の日本社会の問題点を的確に突いた質問だったと思います。

やはり、その人それぞれの性格や人間性というのは、おのずと表情や人相に出るものだけど、そういう視点で見てみると、枝野氏はなかなかいい顔つきをしているね。
彼の質問を一通り視聴してみて、少なくとも、あくまで真剣に現状の政治腐敗に立ち向かっていこうとしている強い気概を感じたし、今の日本社会に横たわる様々な社会問題や歪みを是正したいという、純粋な意欲も感じることが出来たよ。

そして、まずは介護士や保育士を優先的に賃金を上げ、それによって介護士の人手不足や待機児童問題などを解消させていくことが重要だということ、「規制緩和」のお題目の下に様々なルールが破壊され、弱者を保護するための歯止めがなくなってしまったことで、貧富の格差やブラック労働などが横行するようになってしまったことなども全くその通りだと思う。
枝野氏が掲げる政策がもし実行されたとすれば、日本はかつての「保護主義」が復活し、弱者に対しても十分な優しさがある住みやすい国になっていきそうな感じがするね。

それに対して、安倍総理の答弁は全体的に覇気がなく、終始いつも聞いたような「お決まりの文句」が並んでおり、この国を良くしようとする気概のようなものはほとんど感じられませんでしたね。

やはり噂通りに体調がすぐれないのか、表情もどこか疲れ切ったような顔をしているように感じたね。
枝野氏と比べてみても、覇気ややる気の違いが如実に表れていたし、少なからず、この先の安倍政権の命運を感じさせるような一連の質疑応答だったのは確かなんじゃないかな。

枝野氏による「背中を押してくださった皆さん、私たちがその道を逸れないよう、監視を続けてください」との謙虚で堂々とした姿勢はとても素晴らしいと思うし、今後も真っ当な民主主義政治と立憲主義を軸に、ルール無視の身勝手極まりない安倍政権をより強く脅かしていく存在になっていって欲しいところだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket