【カオス】クルーズ船から新たに感染者10人!会見では”渦中”の大坪寛子・厚労大臣官房審議官が登場!「乗客全員の検査見送り」にも疑問や危機感の声!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月6日、横浜沖に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から、新たに10人の新型コロナウイルス感染者を確認。これで、船内の感染者は20人となった。

・この事態を伝える厚労省の会見では、週刊文春で「和泉首相補佐官と公金でコネクティングスイートルーム宿泊」をスクープされたばかりの、大坪寛子厚労大臣官房審議官が登場。ネット上では驚きの声が相次いでいる。

・また、クルーズ船のウイルス検査について、体調不良を訴えている人や感染者と濃厚接触していた人のみ行なっていることについても疑問の声が噴出。いまだに日本政府が緩すぎる対応を続けていることについて、危機感を唱える声が上がっている。

新型コロナウイルス、クルーズ船で新たに10人の感染確認

~省略~

「新たに71名分の検査のうち、10名の方から陽性反応が確認されております」(大坪寛子 大臣官房審議官)

大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、乗客・乗員およそ3700人のうち発熱などの症状が見られる人やその濃厚接触者など、273人のウイルス検査が順次行われています。6日、新たに10人が新型コロナウイルスに感染していることがわかり、神奈川県によりますと、このあと県内5か所の病院へ搬送されるということです。

10人は50代から70代の乗客の男女で発熱などの症状があり、日本人が4人、アメリカやカナダなど外国籍の人が6人となっています。これで6日までに102人のウイルス検査の結果が出て、20人の感染が確認されたことになります。

~省略~

【TBS News 2020.2.6.】

クルーズ船、全員のウイルス検査見送り チャーター機と異なる対応

新型コロナウイルスに感染した香港の男性(80)が乗っていたクルーズ船の乗客乗員について、厚生労働省は全員のウイルス検査を見送った。中国湖北省から政府派遣のチャーター機で帰国した人とは異なる対応で、無症状の感染者を見逃すリスクがあるが、専門家は「まだ検査態勢に限度があり、現実的な判断だ」としている。

厚労省によると、クルーズ船では、発熱などの症状がある人とその濃厚接触者に限定し、ウイルス検査を実施。香港の男性の濃厚接触者も判明次第行う。それ以外の無症状の人は検査を行わないが、厚労省は「このタイミングでの検査は不要」と説明。帰宅後に体調が悪化したら自己申告を要請するにとどめる。

~省略~

【Yahoo!ニュース(産経新聞) 2020.2.4.】

国内感染者がどんどん増加する中、なお日本政府は”ユルユル対応”を続行!さらに、「公金でゴージャス不倫」の大坪氏が会見に登場し、ますますカオスの様相に!

懸念していた通り、「ダイヤモンド・プリンセス」内の感染者がますます増加。現時点で合計20人が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
どうやら、船内のウイルス検査は体調不良者や濃厚接触者に限られるみたいで、これでは、無症状の感染者が全く把握されないまま、およそ2週間後に帰宅することになる可能性が高そうです。

どうやら、安倍政権は、日本国内の正確な感染者の把握や、精度の高い感染率の調査なども全くやる気がないらしい。
こうした動き一つとっても、安倍政権のウイルス対策が「やってるフリ」なのが分かるし、やはり、”どこか”からの命令で、この政権は意図的に日本国内にウイルスを拡散させるつもりのようだ。

それにしても、当サイトでも詳しく紹介したばかりの、”渦中”の大坪寛子審議官が会見に登場するとは思わなかったね。
会見場にいた記者たちは、一体どんな風に思ったのか。
普通の精神の持ち主であれば、とても恥ずかしく出てこれる状況ではないと思うんだけど…驚くほどのしたたかさというか、厚顔無恥さというか…適切なコメントがなかなか思い浮かばないよ。

公金で「特別な設備付き」のスイートルームに泊まりながら、上司とリッチな不倫に明け暮れている人物が責任者に居座っている厚労省が、「国民のための適切なウイルス対応」を行なえるはずがありませんし、まさに、腐敗しきった日本政府が支配する日本国内に、必然的にウイルスがどんどん広がってしまっています。

新型コロナウイルス蔓延とともに「アベノウイルス」も着実に日本国内にどんどん蔓延し続けており、まさしく日本は”沈没寸前”のような状況だ。
間違いなく、日本政府が把握できていないウイルス感染者が、日本国内にどんどん増加し続けているだろうし、この政権が「やってるフリ」のウイルス対応を続ける限り、日本も「第二の武漢」と化してしまうのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事