「働き方改革(ブラック労働推進)法」成立にグローバル経済界から喜びの声!安倍総理は「70年ぶりの大改革だ」とご満悦!経団連は早速「さらなる規制緩和」を要求!

Pocket

どんなにゅーす?

「残業代ゼロ制度(高プロ)」を含む「働き方改革法」が成立したことを受け、安倍官邸やグローバル経済界から喜びの声が多く上がっている

安倍総理は「戦後70年ぶりの大改革だ」と満足げに語り、グローバル経済界からの強い意向を受けたことで、国民や野党の反対を無視した上で可決・成立に腐心してきた内情を明かした。

・また、経団連筆頭のグローバリストからは早速さらなる規制緩和を要求し始めており、でっち上げのデータが発覚し今法案から外された裁量労働制の採用や、「残業代ゼロ」の適用拡大を求める動きを見せ始めている。

経団連、早くも「次」の規制緩和に期待 働き方改革

「(戦後の労働基準法制定以来)70年ぶりの大改革だ。長時間労働を是正し、非正規という言葉を一掃していく法制度が制定された」。働き方改革関連法の成立を受け、安倍首相は29日、記者団に胸を張った。「最重要」の法成立に、首相周辺は「何とか乗り切った。一段落だ」と息をついた。

株高や雇用改善を政権の支えとする首相にとって、働き方を多様にするとした今回の改革は、人手不足や非効率を解消して経済成長を図るアベノミクスの一環でもあった。「成長戦略に必要。是が非でも成立させないといけない」(官邸幹部)と「働き方改革国会」と銘打ってまで政権の最優先課題にすえた。

中でも高プロの導入は、第1次政権の2007年に「ホワイトカラー・エグゼンプション」として打ち出して以来のこだわりのある規制緩和だった。そのため裁量労働制の拡大は、労働時間データの異常値問題で国会が紛糾すると早々に撤回を決断。政府関係者は「首相は『法案は何がなんでも通す』と言っていた。こだわるメニューを通すために早々と切り離した」と打ち明けた。

法成立を受け、早くも次の規制緩和を目指す動きも出ている。経団連の中西宏明会長は法成立を歓迎する29日のコメントで「残念ながら今回外れた裁量労働制拡大は早期の法案再提出を期待する」と早速、注文をつけた。政府は、再提出に向けた議論の前提となる働き手の実態調査の準備に、今秋にも取りかかることも視野に入れる。(岡本智、松浦祐子)

【朝日新聞 2018.6.30.】

過労死遺族が悔しさと無力感に涙を呑む中で、安倍官邸や経団連やパソナ竹中氏は高笑い!「国民総奴隷政策」の完遂に向け、グローバリストはさらなる労働者締め付けを要求!

日本の労働環境が(悪い方向に)”大改革”される法案が成立したことに、早速安倍総理やグローバル経済界はご満悦みたいね。
過労死遺族の方々があんなに必死に訴えていた中で、これをことごとく無視して可決・成立に腐心した安倍総理は、文字通り「悪魔のような男」だわ。

あらゆる洗脳(マスメディア・教育・インターネットなど)によって日本国民を徹底的に飼い慣らし、思考力を極限まで奪うことに成功している安倍政権(とその上に控えるグローバリスト)は、この先も一切の手加減をせずに、さらなるブラック労働推進による「国民総奴隷政策」に血道を上げていくつもりのようだね。

安倍政権は「アベノミクスの一環」として、この働き方改革法を”最重要法案”に位置づけているけど、そもそもアベノミクスとは、日本の国境を越えたグローバル資本勢力に利益誘導するための経済政策であり、日本国内だけの狭小な単位でこれらを考えると本質を見誤ることに繋がる。

安倍政権や財界が熱望する、いわゆる「ブラック労働推進政策」は、日本国内の経営者への利益誘導だけを目的としたものではなく日本国内の貧富の格差をますます大きく拡大させ、99%の民衆のさらなる疲弊、弱体化の先にある、グローバル資本勢力による「完全独裁支配」を最終目的としたものであると考えた方がいいだろう。

すでに、ご覧のように、安倍政権そのものがグローバル資本勢力による独裁支配下に入っているように見えるし、実質的に安倍総理は、国境を越えて欧米の国家や経済を支配しているグローバリストの「完全なる操り人形」というのが実際のところね。

海に囲まれた島国のせいなのか、この国では、どうしても日本国内だけの範囲内で全てを考え、完結しようとしてしまう思考の人が多いけど、今や、日本の社会や経済は(貿易・金融・株式・軍事などなど)海を越えてグローバルな単位で様々な力や影響を受けているため、常に海を越えた「地球規模の視点」で物を考えないと、安倍政権の本当の姿や日本の実態は中々見えてこない

この法案の導入を安倍政権に強く要求してきた経団連やパソナ竹中氏などは、いずれもこれら海の向こうのグローバル資本の影響力を強く受けている勢力であり、国民が「さらなるブラック労働」によってとことん疲弊させられた上で、本来受け取るべき財産をことごとく吸い上げられると、回り回って最後はグローバル資本勢力にこれが集まっていき、その権力がより増大していくこととなる。

つまり、これも水道民営化種子法廃止カジノ構想TPPなどとも繋がっており、全ては「グローバリズム」という、99%の富が1%により集中する、グローバリストによる「民衆総奴隷計画」の一つということなんだよ。

どうやら、最近保育などの子どもの教育の分野にもパソナ竹中さんが入り込んできているみたいで、日本の教育の分野にまでグローバリズムが浸食しては、子どもの教育すらも徹底的に破壊しようとしていることが浮かび上がってきているわ。

どうも日本人は、俯瞰的・包括的な視点で物を見るのが苦手な部分がある感じだけど、安倍政権がこうした獰猛な国際資本勢力の走狗となって、国民から富や生命、健康を搾取する政策にひたすら腐心している実態を知るべきだ。
そして、このようなグローバル資本に利益誘導する政策に勤しむほど、より強い権力を保障されるシステムが”ステルス的”にこの国に敷かれていることにも気がつかなくてはならないだろう。

こうした本質に国民が薄々気がつかない限りは、野党も一向に力を得ることが出来ないまま、ますます安倍政権や「ポスト安倍政権」がますます強い権力を発揮しつつ、日本国民は極限まで疲弊させられた上で、思考力や脳機能を徹底的に破壊されては、文字通りに”もぬけの殻”になるまでグローバリストに搾取をされ続ける事態に繋がっていくこととなるだろう。

早速、今秋の国会にも「働き方改悪」の「さらなる改悪」が遂行されそうな事態だし、このまま日本国民が目が覚めない限りは行くところまで行ってしまいそうな状況ね…。

おススメ記事&広告

 
Pocket