【これが安倍政権】「裁量労働制」の素晴らしさを国民に刷り込む、”捏造データ”のデタラメさが益々明らかに!厚労省が隠蔽していた調査票も地下倉庫から見つかる!

Pocket

どんなにゅーす?

安倍政権が「裁量労働制」のメリットを国民に刷り込むために用いていた捏造データの中で、さらに一目でデタラメと分かる異常な数値が117件見つかったとのこと。

・さらに、厚労省が「存在しない」と主張していたデータの元となった調査票も厚労省の地下倉庫から見つかり安倍政権による悪質な国民騙しを伴った「ブラック労働推進」の実態が明らかになっている。

裁量労働制
厚労省ずさん調査 異常データ新たに117件

裁量労働制に関する厚生労働省のデータを巡り、問題となっている「2013年度労働時間等総合実態調査」に、同じ人の残業時間が1週間よりも1カ月の方が短いなど、異常な数値が新たに87事業場で117件見つかった。立憲民主党の長妻昭代表代行が厚労省の資料を精査して発見し、21日の野党の会合で厚労省幹部が報告した。安倍晋三首相は国会で「データを撤回するとは言っていない」と答弁したが、データの信ぴょう性がさらに揺らいでいる。

また、これまで厚労省が「ない」と説明していたデータの基となる調査票が、20日に厚労省本庁舎の地下倉庫から見つかったことも判明。野党の指摘を受けて調べたところ発見されたといい、問題発覚後の調査の甘さが浮かんだ。

労働時間等総合実態調査では、全国の1万1575事業場を労働基準監督官が訪問し、その事業場の「平均的な人」に対して、1日▽1週間▽1カ月▽1年の残業時間を聞き取るなどして調べた。こうして一般労働者の1日の労働時間は9時間37分で、企画業務型裁量労働制の9時間16分よりも長いというデータを作成し、国会答弁に使っていた。

【毎日新聞 2018.2.21.】

「ブラック奴隷労働」によって国民を死に追いやりたい安倍政権の、犯罪レベルの捏造工作がますます明らかに!それでも安倍総理は「データは撤回しない」と開き直り!

出典:simatyan2のブログ

はああ!?
安倍総理が「裁量労働制」のメリットを必死に国民に刷り込もうとしていたデータが、ここまでデタラメ三昧だったなんて…!

ここまでメチャクチャなデータを国側が国民に示して、おまけにこれを元に総理が国会で提示して「一般労働よりも労働時間が短くなる」なんて国民にしきりに吹聴していたなんて、すでに国家犯罪レベルのとんでもない詐欺行為じゃないのよ!!

その上に、「データを撤回するのではなく答弁を撤回する」なんて意味不明の開き直りをしつつ、今後もこのデータを元に「裁量労働の拡大」を目指して法案成立を目指すというのだから、正常な脳みそではないし、これを”国賊”と言わずして何なのだろうか

安倍総理は、自身の非も認めず完全に開き直った上で、デタラメに捏造したデータを元に国民を騙しつつ、「定額働かせ放題」の”国民殺し法案”を強引に成立させる気満々の状態だし、これはすでに100万規模の抗議デモや内閣総辞職レベルの話になっているぞ。

この「教育無償化」の公約破りも、すでに支持率半減レベルの悪行だけど、まともな国家や国民であればすでに支持率は1%以下のレベルだと思うんだけどね。

どうしてこれでも、いまだに支持率が50%近くもあっちゃうのよぉ~!!
この安倍政権の詐欺っぷりをあぶり出してくれた、長妻さんたち立憲民主の方がよほど国民のための仕事をしてくれているし、どの野党だって、(維新以外は)嘘と捏造と開き直りと脅ししか能がない安倍政権に比べれば数百倍はまともなレベルだわっ!

とにかく、全ての国民は、この問題を追及している野党の支持率を上げることで、安倍一派にプレッシャーを与えつつこれらの労働問題は「自分自身や家族の心身の健康や命と直結する問題」であることを認識すること。そして、ここまで国民の命をぞんざいに扱っている安倍政権に対して、最大級のパワーでもって怒りの声を上げていくべきだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket