【でたぁ】安倍総理、途上国のコロナ対策に1600億円規模の支援を表明!→日本国民には給付金どころか布マスク2枚も大多数の人々に届かず!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ(COVID-19)の感染が世界中に広がっている中で、EUが開催したワクチン関連のイベントに安倍総理がビデオメッセージで登場発展途上国のコロナ対策に1600億円規模の支援を行なうほか、国際的なワクチンや治療薬の開発に880億円規模の支援を行なうことを表明した。

日本国民に対しては、いまだに現金給付が行なわれていない上に、当初表明していた布マスクすら大多数の国民に届いていない中、日本の国民からは安倍政権に対する怒りの声が噴出。日本国民よりもグローバル機関への資金提供や海外バラマキを最優先させる、安倍政権の棄民性が全開になっている。

安倍首相 新型コロナワクチン開発などに8億ドル超の支援表明

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、安倍総理大臣は、4日夜、EUなどが行ったワクチン開発の資金集めを目的としたイベントにビデオメッセージを寄せ、国内外に8億ドルを超える支援を行うと表明しました。

~省略~

そのうえで、ワクチン開発のための世界的な連携機構、CEPI=感染症流行対策イノベーション連合などを通じて新規に拠出するおよそ2億3400万ドルを含め治療薬やワクチンの開発などのため、8億ドルを超える支援を行うと表明しました。

また、新型コロナウイルスの治療薬として効果が期待される「アビガン」をおよそ80か国に提供する方向で調整するほか、途上国に向けて、総額15億4000万ドルを超える支援を決めたと説明しました。

そして、「感染症に国境はない。国際社会が一致団結して、この危機を乗り切ろう」と、結束を呼びかけました。

【NHK NEWS WEB 2020.5.5.】

国家の緊急時にも全くぶれず!国民への補償をケチり給付金もいまだに届けない一方で、グローバル機関や途上国に国富を湯水のようにバラマキ!

出典:Twitter(@today_gochisou)

これまでも、日本国民への経済支援を徹底的にケチっては、海外バラマキばかりに力を入れてきた安倍政権だけど、この期に及んでもその姿勢は全くぶれないみたいねっ!
いまだに、国民に一刻も早くに届けるべきものを全く届けていないくせに、一体何を考えているのよっ!?

なんせ、これこそが、安倍総理がご主人さま(グローバル資本勢力)から課せられた「一番のお仕事」(日本国民が汗水流して得た財産を徹底的に吸い上げ海外に横流しする)だもんね。

WHOをはじめとした国際機関などにお金をばら撒き続けている以上、世界の国々も安倍総理を強く批判することが出来ないし、あとは、マスコミや配下の工作軍団などを使って日本国民を適当に誤魔化したり騙したりしていれば、安倍政権の地位は安泰だし、売国も不正も税金の山分けもやり放題だ。
どうやら、一度総理の座を追われた経験を通じて、自分自身が権力を維持するためのコツや方法をますます心得てしまったみたいだし、日本国民がこうした”仕組み”に気がつき、選挙に行ってグローバリストの傀儡政治家を徹底的に落とさない限り、この状態を変えることは限りなく困難だ。

とにかく、もっと日本国民が、政治家に対して税金の使い道や法律を守った政治をやってるかどうか、徹底的に厳しくチェックしないとどうにもならないし、このままじゃ、日本国民が次々餓死したり自殺者が大量発生するようになってもなお、日本国民に一向に税金を還元しないまま、ますます海外ばかりに国富をバラマキまくるような事態になってしまうわぁ!

とにかくも、選挙に行くことを忘れてしまった多くの日本国民は、選挙権があるにもかかわらずに選挙に行かないことは「自分たちの死」そのものを意味することを理解しなければならない。
こうしたことが理解できるようになっただけでも、大分マシな世の中になるかと思うし、一日も早くに、グローバリストに植え付けられてきた「愚民化洗脳」から目覚める必要がありそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事