【買収完了】WHOテドロス氏、170億円をばら撒いてくれた安倍総理を称賛!指導者の個人名を挙げるのは異例!外交筋「露骨なリップサービス(ゴマすり)だ」(COVID19)

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年3月13日、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長が記者会見を開き、WHOにおよそ170億円を送った日本の安倍総理を称賛「安倍首相自ら先頭に立った、政府一丸となった取り組み」と、安倍政権が行なっているウイルス対策を高く評価した。

・一方、外交筋からは、テドロス氏のこの”安倍賛美”に対し、「露骨なリップサービス(ゴマすり)」との声が。日本国民からも、国内のウイルス対策よりもWHOの”買収”や情報操作を最優先している安倍政権に対し、怒りの声が上がっている。

WHOトップ、安倍首相を称賛 異例の対応、リップサービスか

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が13日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症への日本の対応について「安倍(晋三)首相自ら先頭に立った、政府一丸となった取り組み」と称賛する一幕があった。

テドロス氏が記者会見で加盟国の指導者の名前を個別に挙げ、ウイルス対策を称賛するのは異例。

テドロス氏は、日本がウイルス対策で新たに1億5500万ドル(約170億円)を、感染国への緊急支援用としてWHOに拠出したことも紹介。外交筋は「あまりにも露骨(なリップサービス)」と述べた。

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2020.3.14.】

ようやく多く日本国民がWHOのインチキさを認識!このままでは、東京五輪も「WHOのお墨付き」により”強行開催”の可能性も…!

出典:YouTube

先の記事で、安倍政権が10億円に続き、新たに46億円をWHOにばらまいたことを紹介しましたが、どうやら、それどころではなかったようです。
13日の会見の中で、WHOのテドロス事務局長は、日本政府が「およそ170億円」を援助してくれたとして、「安倍首相自ら先頭に立った、政府一丸となった取り組み」と、安倍総理を名指ししつつ、日本の新型コロナ対策を強く称賛したとのことです。

どこまでこのWHOの連中は腐っているのよっ!?
まさに「カネ、カネ、カネ」って感じだし、カネさえ渡せば、その国の政府の対応を何でもかんでも大讃美するだけじゃないのよ!!

どうも、日本国民の間で、WHOなどの「グローバル機関」に対する根拠のない盲信や崇拝が蔓延しているように感じていたけど…ようやく、多くの日本国民もWHOの腐敗体質に薄々気がついてきたみたいだね。
当サイトでは、新型コロナが発生した当初からWHOの発表を強く疑い、中国政府に買収されている疑いを持ってきたけど、要は、カネさえばら撒けば、その国の為政者の「良からぬ企み」にあっさり協力してしまう組織ってことだ。

WHOだけじゃなく、IOCも似たような体質の組織だけど、そのIOCは、東京五輪の開催の可否について「WHOの判断に従う」と言っている状況だ。
これは、安倍政権にカネで飼い慣らされたWHOが「東京五輪問題なし」との発表を行なうことで、そのまま東京五輪が「ゴリ押し開催」されるシナリオが動き出している可能性もありそうだね。

これはもう、日本国民が完全に放置されてしまっては、グローバリストたちによる「腐った談合や企み」がますます加速しているような状況ですね…。

この調子では、WHOは(中国と同じように)安倍政権を声高に賛美しながら、「さらなる日本国内のウイルス蔓延」に全面的に協力していきそうだし、日本国民は、まずは権力や権威に対する「無根拠な信仰心」を捨て去ることが重要だ。
その上で、この先の世界的な危機を生き抜いていくために、より論理的かつ科学的な視点を持ちながら「表層的な情報の裏に隠された内情」を見極めていく能力が強く求められることになるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事