【出た】安倍総理、新型コロナ深刻化受け「対策本部」設置を指示!「五輪延期」で政府&都の動きが”急変”!安倍氏念願の「緊急事態宣言」のカウントダウンに突入!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年3月26日、日本国内で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が深刻化しているのを受け、安倍総理は、先に成立した特措法に基づいた「政府対策本部」を設置するように指示。国民への私権制限を含んだ「緊急事態宣言」を行なうことが可能になる。

・また、東京五輪の延期が正式決定したのを機に、東京都や政府が発表する国内感染者数が”急増”。一転して、日本国内に「危機的事態モード」を一気に醸成させつつ、安倍総理により強い権限を与える「緊急事態宣言」の発動に向けて、行政の動きが慌ただしくなっている。

新型コロナ特措法基づく対策本部設置 「緊急事態宣言」可能に

~省略~

安倍総理大臣は、26日、正午すぎ、総理大臣官邸で、加藤厚生労働大臣、西村経済再生担当大臣と会談し、新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増していることなどを踏まえ、国内の感染状況は、「まん延のおそれが高い」と報告を受けました。

これを受けて、安倍総理大臣は、感染者の爆発的な増加など不測の事態に備えるため、先に成立した特別措置法に基づく「政府対策本部」を設置する方針を決めました。そして、政府は26日、午後、持ち回りの閣議で、「政府対策本部」を設置することを決めました。

政府は26日、夕方、総理大臣官邸で初めての会合を開く予定で、安倍総理大臣が、特別措置法を担当する西村大臣に対し、「基本的対処方針」の策定を指示する見通しです。

対策本部の設置で、全国的かつ急速なまん延によって国民生活と経済に甚大な影響を及ぼすおそれなどが生じた場合は、総理大臣が「緊急事態宣言」を行うことが可能になります。

ただ政府は、専門家の意見を聴くとともに、都道府県の知事などとも事前に調整しながら慎重に判断する方針です。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.3.26.】

「東京五輪強行開催」のために感染数を”過少偽装”していたせいで日本国民が油断!→感染状況がより深刻化したことで、安倍総理念願の「緊急事態宣言」目前に!

出典:TBS News

先の記事で管理人さんが危険視していた展開が、早くも現実化してまいりました。
中でも都内での感染者数が一気に激増したことを受け、早速、安倍総理が「緊急事態宣言」発動を可能にする「政府対策本部」の設置を指示
これにより、安倍総理により強い権限を与えつつ、国民への私権制限を可能にする「緊急事態」をいつでも発動出来る状態となります。

まったく、どこまでも調子がいい連中だ。
これまでは、どうにか東京五輪を強行開催するために、PCR検査を徹底的に抑制することで、国内感染数を少なくみせるように”偽装”
とにかく、「全然大したことない」雰囲気を演出するためにも、「緊急事態」を宣言することがどうしてもできなかったんだけど、五輪の延期が決まった途端に、今度は一転して日本国内に「国難モード」の雰囲気をどんどん醸成させ始めては、「緊急事態宣言」発動に向けて素早く準備を整え始めた。

この状況を簡単にまとめると、もし五輪を強行開催していたとしても、(現状のように)五輪が延期になり緊急事態宣言を発動する展開になっても、どっちに転んでも安倍総理にとっては「非常に都合がいい展開」であるということだ。
(どっちに転んでも自身の権力がよりガッチリ固められるという意味で)安倍総理からしてみれば、この新型コロナパニックは「神の恵み」みたいな存在になっているし、逆に、日本国民にとっては、どっちに転んでも「非常に悲劇的な展開」しか待っていないってことだ。

なんせ、「緊急事態宣言」を発動できれば、マスコミをもより強力に統制することが可能になることで、桜疑獄はもちろん、赤木さんの生前の手記を報じた文春スクープを機に一気に再燃した森友事件をも、まとめて闇に葬ることが可能になりますからね。

そう考えると、やはり、「感染数の過少偽装で国民が油断→五輪延期決定→感染深刻化により緊急事態宣言」という流れが、実質的に「あらかじめ決まっていた」もののように思えて仕方ないんだよね。
こうなると、日本のコロナパニックは「ここからが本番」ということになるし、ボクたち日本国民は、かつてないウイルスパニックや政治体制の激変(民主主義の完全終了)などの「かつてないまでの難局」に備える必要がある。

この先、「政府が発表する感染数が一気に急増→緊急事態宣言発動」の流れがさらに見えてきたし、首都封鎖の可能性も現実味を帯びてきた。
いよいよエライことになってきた感じだけど、今後どこまで深刻な事態に発展していくのか、今後の行方をよく見ていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事