安倍総理、全国の「コロナ対応病床数」を捏造!「2万5千を超す病床を確保」→実際は2分の1以下!安倍総理による「根拠の無いウソ・誇張連発」に、自治体も困惑!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ感染拡大により、日本国内の医療崩壊がすでに始まっている中で、安倍総理が全国のコロナ対応病床数を捏造・誇張して発表していたことが判明した。

・これまで安倍総理は、国会などで「2万5千を超す病床を確保している」と説明してきたものの、病床の確保を担っている都道府県が「目処が立った」としている病床数を足すと、およそ1万600床ほどしかなく、この事態に、厚労省は「指定医療機関にある一般病床も含めた空きベッドの数を都道府県に報告してもらい、足し合わせた」と説明

安倍総理が、自身のイメージアップや国内のひっ迫した事態を覆い隠すために、ウソの情報を国民に刷り込んだ疑いがあり、国民から多くの批判の声が上がっている。

<コロナ 医療を守ろう>コロナ病床数 政府過大公表 空きベッド数=対応病床扱い 自治体困惑

~省略~

「現在ある二万八千床の病床を五万床まで増加させる」。首相は今月六日、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、感染拡大への対応方針をそう強調した。三日の参院本会議でも、二万五千床を超える病床を確保していると説明している。

~省略~

新型ウイルスに対し、各都道府県は最近、どれだけ確保できたかを相次ぎ公表している。六日以降、公表されたものや本紙の取材で分かった全国の病床を合算したところ、計一万千床ほどにとどまった。

厚労省の担当者は、これまで説明してきた病床数の根拠について「指定医療機関にある一般病床も含めた空きベッドの数を都道府県に報告してもらい、足し合わせた」と説明する。

だが都道府県の担当者は、国に報告した空きベッド数がそのまま「コロナ対応の病床」として計上されていることを知らなかった。

青森県の担当者は取材に「報告した空きベッドの数字はコロナ対応病床の調査とは違う」と困惑した。

香川県も「空いているからコロナに使えるとは言えない。感染防護の措置など受け入れ側の対応もあり、個別に県が病院に当たって確約を取る必要がある」と言う。

宮崎県の担当者も「実際にコロナに使うには病室のハード面の改修やスタッフ確保、養成が必要だが、国には単に空いている数を答えた。国の指示があればコロナ用に転換できるものでもない」とした。

NPO法人「医療ガバナンス研究所」理事長の上昌広医師は「特に地方は指定医療機関でも結核病床などに空いている所が多い。それらを足し合わせれば病床を確保したように見せられる。実態のない数合わせを見せている」と話す。

~省略~

【東京新聞 2020.4.17.】

相変わらず、安倍総理のウソ・捏造が止まらず!総理のウソを安易に信じると、真っ先に殺されることに!

出典:NHK NEWS WEB

またまた、安倍総理がとんでもないウソを国民にばら撒いているみたいねっ!!
コロナ感染に対応できるベッド数を実際の2倍以上も誇張・捏造していたなんて、これは絶対に看過していい問題じゃないわっ!

つまりは、「ワタチの優れた政治力により、コロナ感染に対応出来るベッド数はこんなに多く用意されてまちゅよ!」と言いたいがために、出来るだけ大きい数字を発表するべく、コロナ感染に対応できない一般病床数も何でもかんでも入れていたということか。
まさに、筋金入りの真性的なペテン師だし、文字通り、自らのPRやイメージアップのためには一切の手段を選ばないというわけだ。

この男の口から発せられること、何から何まで出まかせやウソや捏造ばかりですし、この総理の言っていることを真に受けて、少しでも安心してしまったら、それこそ真っ先に殺されてしまうわっ!!

ここまで、24時間365日、自身の支持率アップや権力固めのための国民騙ししか頭にないのだから、こんな「真性の詐欺師」が強大な権力を握っている日本が、新型コロナをスムーズに克服できるはずがないし、(諸外国は徐々にピークを超えそうな雰囲気になっているものの)日本の場合は、さらに深刻な事態に発展していくことだろう。

ボクたち国民自身も「すでに本格的な医療崩壊が始まっている」と認識しないといけない段階に入っているし、くれぐれも、この総理のウソや捏造を信じてしまわないよう…というか、「安倍総理が言うことはほとんど全てがウソ」との前提で、この先のコロナ危機に対処していかなければならないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事