【ヤバすぎ】補助金不正流用のボクシング連盟・山根明会長が話題に!選手も審判も恐れる「恐怖体制」!我慢の限界に達した333人が一斉告発!

Pocket

どんなにゅーす?

・日本のアマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟の補助金不正流用の発覚を機に、山根明会長(78)の「恐怖支配体制」によるアマチュアボクシング界の強烈な腐敗に注目が集まっている。

・山根会長は、その威圧感抜群の風貌もあいまって選手や関係者、審判までをも徹底支配応援している選手を勝たせるように審判に圧力をかけて判定を操作したり、グローブ販売ビジネスの不当な独占、遠征の際にはスイートルームに専用の麻雀部屋を用意するなど、やりたい放題の運営体制に対し、ついに333人もの関係者が連盟で告発

・さらに、アメフト反則タックル問題の日大・田中理事長との2ショット写真なども明らかになり、ネット上を大きく賑わせている。

ボクシング連盟、助成金を不正使用「女にやってもいい」

国内のアマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟(山根明会長)が、日本スポーツ振興センター(JSC)からオリンピック強化選手ら個人に支給される助成金を不適切に使っていたことが分かった。

関係者によると、2015年度分の助成で、16年リオデジャネイロ五輪代表の成松大介選手(28)=自衛隊体育学校=の口座に240万円が振り込まれたが、成松選手は山根会長から別の2選手にも分配するように命じられ、それぞれの口座に80万円ずつ振り込んだという。

その後、成松選手は東京の同連盟事務所に呼ばれ、副会長と理事の2人から「人に言わないで」「(助成金は)何に使ってもいい。女に全部やってもいい」「自分の意思で分けてやったということにしてほしい」「会長の命令でやったとなるとおかしくなる。本来の趣旨と違うとなり(助成金が)セーブされる」などと言われたという。

同連盟は27日、朝日新聞の取材への回答で、成松選手から「会長からそのように(分配するように)言われた」と訴えがあったことを認め、その後に山根会長から成松選手に160万円を送金したと明かした。

【朝日新聞 2018.7.30.】

ボクシング連盟の山根会長の悪事を告発人が激白「レフェリーに不正を強要し、お気に入りを勝たせる」

今回の不正流用は、アマチュアボクシングの有志が結成した「日本ボクシングを再興する会」の告発で明らかになった。

7月27日付けで「告発状」を日本オリンピック委員会や文部科学省に送付。

告発人には333人が名前を連ね、日本ボクシング連盟のさまざまな不正やガバナンスの欠如を訴えている。そしてホームページで日本ボクシング連盟の山根明会長(78)に対し、「退会要求書」を募り、辞任を求めるという。

告発状に名前を連ねた1人、アマチュアボクシング関係者のAさんは内幕をこう明かす。

「ついに来る時がきたという感じだ。山根氏の連盟の私物化、横暴は目にあまる。もう黙ってられません」

「告発状」には、明らかに助成金の不正流用だけではなく、山根氏の数々の「不正」が記されている。

■ボクシングの公式グローブの1社独占販売、代金の入金口座は、山根氏の孫娘の個人口座
■山根氏がボクシングの大会などで、遠征する際はホテルのスィートルームに専用の麻雀部屋
■日本ボクシング連盟の不適切な会計問題など、13項目にわたっている。

その中でも、Aさんが行動に移した大きな理由が、公式試合の不適切な判定、審判の不正だというのだ。

アマチュアボクシングは1ラウンド3分、3ラウンド制で、試合は判定になることが大半だ。そこに不正があるというのだ。

「わかりやすくいうと、山根氏が勝たせたい、お気に入りの選手がいるとする。その試合には山根氏の息がかかった、審判が加わり、どんな内容であろうとも山根氏のお気に入り選手が勝つことが決まっているのです。とりわけ、山根氏自身が奈良県の出身でその息子が、奈良県のアマチュアボクシング連盟の役員だったこともあり、奈良県の選手が出ると、絶対に負けないような審判の構成になる。これを『奈良判定』と呼んでいます」(Aさん)

~省略~

過去に山根氏のお気に入りを勝たせなかった審判は試合後、呼びつけられて恫喝されることもあったという。

「私が見たのは、山根氏が日本ボクシング連盟のとりまきの幹部に審判を呼びにいかせ、10人くらいで取り囲んで『なんや、あのジャッジは』『お前、ええ加減にしろ』などとヤクザのような口調で、罵詈雑言を浴びせていました。だから、奈良県とやるときは、絶対に完璧にノックアウトしないと勝てないというのが、アマチュアボクシング界の鉄則です。山根氏の強権で試合の勝敗が決まるので、アホらしいからと、アマチュアボクシングに見切りをつけて、優秀な人材がプロに転向していった」

2012年ロンドン五輪男子ボクシングミドル級金メダリストでWBA世界同級王者の村田諒太(32)=帝拳=は自身の公式フェイスブックを更新し、山根会長を痛烈に批判した。

<そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません 新しい世代に交代して、これ以上、自分達の顔に泥を塗り続けることは避けるべきです>

山根氏は活躍した選手らに対し、あるフレーズを使うことを強要していたという。

「五輪などで好成績をあげた選手は必ず、『山根会長のおかげでメダルがとれました』と言っていますよ。厳命され、言わされているのは、アマチュアボクシング界では有名な話。つい言い忘れた選手を連盟幹部が『こら、なんで会長のおかげでと言わないんや』とこっぴどく叱ることもありました」

【AERA dot. 2018.7.31.】

強烈すぎる風貌の山根会長、暴力団との交流も取り沙汰されてきた田中理事長の日大で客員教授も務める!

出典:Twitter(@majan_saitou)

↓日大・田中理事長との恐怖の2ショット!

出典:Twitter(@hardblowblog)

ひぃぃいいいい~~っ!!
こ、こ、このお方が「アマチュアボクシング界のドン」と言われている、ボクシング連盟の会長さんなんですかぁ~~っ!?

う、う、嘘だと言ってくださいですぅ~~!!

こりゃまた、日大の内田・田中コンビに加えて、強烈すぎる新キャラが登場してきたね。
誰もが見ても、その場で震え上がってしまうような恐怖の風体で、文字通り、アマチュアボクシング界全体を強烈に威圧しては、審判をも徹底支配して、思い通りのヤラセ判定を強要していたとの報道がなされているね。

さらに驚くのは、その噂の「教育者とは思えない人相」日大・田中理事長とも交流があり、あろうことか山根会長は日大の客員教授も務めているという。
田中理事長は、かつて日本オリンピック委員会(JOC)の副会長を務めており、その中で山口組組長との2ショット写真が海外メディアにスクープされたことがあったけど、まったく、日本のスポーツ界隈はヤバすぎる人材が目白押しだね。

んもぉおおっ!
お相撲といい、アメフトといい、柔道といい、レスリングといい、ボクシングといい、日本のスポーツ界は一体どうなっちゃっているんですかぁ!?

補助金不正流用事件から端を発して、一気にその驚愕の内情が知れ渡ることとなったけど、こりゃ、日大同様に掘れば掘るほどスゴい話が出てきそうな予感がするよ。
すでに、恐怖をもってアマチュアボクシング界を徹底支配していたビックリの実態が明るみに出ているけど、今後もどんな情報が出てくるのかよく見ていこうかと思うよ。

Pocket