【ゆるねと通信】テドロス事務局長に世界中から怒りの声が大噴出、志村けんさん家族も遺体と対面できず、「マスク不足」一向に解消されず安倍政権はウソの喧伝繰り返す…

Pocket

(ゆるねと通信2020年3月31日号)

「コロナパニックの戦犯」WHOテドロス氏に世界中から怒りの声!

テドロス事務局長、安倍首相との会談自画自賛も…コメント欄は大荒れ

「非常に生産的な電話だった」とツイートしたが…

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が31日、ツイッターを更新。安倍首相との電話会談を報告した。

会談は日本時間30日夜に行われ、新型コロナウイルスの感染拡大防止について話し合った。

テドロス氏は珍しくツイートを3回に分ける長文で内容を詳報。「非常に生産的な電話だった」と会談の成果に胸を張った。

日本との良好な関係を国際的にアピールする狙いだったが、コメント欄にはテドロス氏に対して辛らつな声が相次いでいる。

~省略~

【Yahoo!ニュース(ENCOUNT) 2020.3.31.】

感染発生当初に、中国政府の発表を盲信したり習主席を強く賛美しては、徹底的に実態を矮小化させた情報を発信し続けていたWHOのテドロス事務局長に対し、世界中から怒りの声が大殺到しています。

「ゆるねとにゅーす」では、武漢でのパンデミック発生当初より、新型コロナに対する警戒を徹底して呼び掛けてきた上に、WHOが中国政府に事実上買収されていることで、新型コロナに関する間違った情報を出し続けていることを強く疑ってきたけど、なんせ、取り返しがつかないような段階になってから、パンデミックを認めたり「検査検査」などと呼びかけているのだから、世界中から集中砲火を受けるのは当たり前だろう。

ここまで「人類の危機」と言っていいほどの、グローバルレベルのパンデミックを引き起こした最大の戦犯はWHOと言っても過言ではない。

なんだか、この期に及んで、「日本国民を守る政策」を完全に後回しにしつつ、中国同様に莫大なカネをばらまいてくれた安倍総理と電話会談を行なったようで、いまだに安倍総理や自分自身を賛辞しているみたいだけど、まさに世界の市民に対して火に油を注ぐような「愚かしい行為」としか言いようがない。
現在、海外ではテドロス氏の辞任を求める署名運動が盛り上がっているみたいだけど、改めて、グローバル勢力が半ば意図的に新型コロナを世界中にバラまいた疑いが極限まで高まっているといえるだろう。

志村けんさんの悲壮な最期、家族も(入院中はもちろん)遺体とも対面できず

志村けん実兄・知之さんは遺体と面会できず…新型コロナ感染予防のため31日に火葬後、実家に遺骨が届き‘’対面‘’「盛大に送ってあげたかったのに…」

東京都東村山市にある志村さんの実家にはこの日早朝から報道陣が集まったが、午後2時前には実家に居住する実兄・知之さん(73)と妻・サヨ子さん(69)が集まった報道陣に対応した。

~省略~

感染を防ぐため、志村さんの遺体とは面会できず。遺体は31日に病院から火葬場に直行し、火葬後、実家に遺骨が届き夕方から通夜を行うという。参列するのも近親者のみとあって「本当は盛大に送ってあげたかったのに、こんなことになって悔しいです。コロナがこんなにはびこるとは思わなかったので、本人も悔しいと思う」と涙を見せた。

【中スポ 2020.3.30.】

ボク自身も彼の訃報はかなりショックだったけど、どうやら、家族も志村けんさんの遺体と対面できず、入院以降一度も会えることもなく、臨終後も素早く火葬されてしまったようだ。
少し前に「ゆるねとにゅーす」において、「肺炎診断の未検査(感染疑い)の遺体までもが、家族と対面できずに素早く火葬されてしまっている」との情報があることを紹介したけど、テレビや新聞が報道している以上に、日本もすでに欧米各国のようにとんでもない事態に発展していると考えるのが妥当だ。
つまり、安倍政権が正しい情報を徹底して隠蔽しているからこそ、「大したことがない」ように見えているのであり、こうした「隠蔽政策」に悪影響を受けた日本国民がいつも通りに出勤・外出をしてしまうという、「最悪の悪循環」が起こっていると考えるのが自然だ。
本当であれば、今すぐにでも交通機関を止め、完全な都市封鎖をしないといけないような段階に達しているはずだけど…この先日本国内がどのような事態に発展していくのか、非常に心配な状況だよ。

「マスク不足」一向に解消されず!安倍政権はウソの喧伝繰り返す

「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 1月から野党が指摘していたのに放置、3月29日になっても「増産を調整している段階」

~省略~

菅官房長官は2月12日の定例記者会見では、「1月28日に増産を強く要請し、24時間生産などの態勢強化で現在1億枚以上を供給できる見通しができた」と発言。「来週以降」にはマスクの品薄が解消されると述べていたのだ。

さらに経済産業省も同日、公式Twitterアカウントで、こう発信していた。

〈マスクを慌てて買い置きしなくても大丈夫です。厚労省や企業の皆様と連携し、毎週1億枚以上、お届けできるようになりました。〉
〈マスクは買い占めなくても大丈夫〉
〈毎週1億枚以上のマスクを消費者のみなさまにお届けします〉

ご存じのとおり、その後、店頭のマスク不足はまったく解消されず、手に入りづらい状況がつづいている。なのに安倍政権は「来週には品薄を解消できる」「毎週1億枚以上のマスクを消費者のみなさまにお届け」などとデタラメな情報を喧伝していたのである。

しかも、デタラメな情報を垂れ流しておきながら、安倍政権はマスク不足を訴える報道に圧力までかけた。

~省略~

【リテラ 2020.3.30.】

安倍政権は、少なくとも2月初めの時点で、「近日中にマスク不足が解消される」との喧伝を展開し、経産省においては「マスクを慌てて買い置きしなくても大丈夫です」などと公式ツイッターで宣伝していたようだけど、全くの虚偽広報ではないか。
ボクも一昨日に、近所にある2軒のドラッグストアに行ってみたけど、見事なまでにマスクが完全に売り切れていたし、朝一で行列で並ばない限り、店頭でマスクを買うのが困難状況が相変わらず続いている。

上のリテラも述べているけど、少なくとも、口先だけの喧伝を行ないながら、一向に実体の伴わない「やってるフリ政策」を続けている安倍政権に対し、国民ももっと怒りの声をあげる必要があると思うし、ここまでの日本政府による「やる気のなさすぎる対応」を見る限り、この先より多くの日本国民がウイルスに感染しては、多くのかけがえのない命が奪われてしまう展開に発展してしまうことを強く懸念しているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事