■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【全部バレた】Dappi運営企業の社長は「元宿仁・自民党事務総長の親戚」か!赤旗日曜版が報道!「元宿氏の親戚」を名乗り、自民党内や国会に出入り!

【全部バレた】Dappi運営企業の社長は「元宿仁・自民党事務総長の親戚」か!赤旗日曜版が報道!「元宿氏の親戚」を名乗り、自民党内や国会に出入り!
Pocket

どんなにゅーす?

・日頃から様々なデマや捏造を用いて安倍元総理を賛美したり野党を叩いてきた、悪徳匿名自民サポアカウント「Dappi」について、運営元のIT企業(ワンズクエスト)の社長が「自民党・元宿仁事務総長の親戚」と名乗り、党内や国会にも出入りしていたことが判明。赤旗日曜版が報じた。

・登記簿によると、元宿事務総長の親族の土地(群馬県)に社長が住宅を新築していたことも分かったといい、ローン取扱店は、国会の通行証がないと使えない大手銀行の衆議院支店だったという。

・また、「自民党の金庫番」ともいわれる元宿事務総長は、安倍元総理から特に厚い信頼を受けているといい、自民党による犯罪レベルの悪徳ネット工作の実態が本格的に白日の下に晒される事態になっている。

悪徳デマTwitterアカウント「Dappi」の実態がほぼ完全にバレる!→テレビは相変わらず「報道特集」以外ダンマリ!

出典:Twitter(@dappi2019)

これで、ほぼDappiの実態が完全にバレた形でしょうか。
赤旗日曜版の報道によると、Dappiを運営していたIT企業の社長が「元宿仁・自民党事務総長の親戚」と名乗って国会や党内に出入りしていたことが分かったとのことです。

つまり、(以前に自民党神奈川県議の弟が運営していたことがバレた)悪徳自民サポデマサイト「政治知新」などとも同じく、自民党と切っても切れないカネや人の繋がりがあったってことだし、どうりで、内部関係者しか入手できないような様々な資料や情報を持っていたわけだ。

これまでわかっているDappiの運営実態をざっとまとめると…

●運営元のIT企業(ワンズクエスト)は、岸田総理や甘利幹事長ら自民党のお歴々が取締役を務めてきたダミー会社「システム収納センター」と取引

●安倍トモジャーナリスト・山口敬之氏や、自民・小野田紀美、山田宏議員らが「Dappi様、Dappiさん」などと揃って崇敬や賛辞。

●ワンズクエスト社長は、「自民党元宿事務総長の親戚」と名乗り、自民党内や国会に出入り。さらに、元宿氏の親族の土地(群馬県)に住宅を新築。

こんな感じであり、まさに、自民党と切っても切れない関係にある人間が、党関係者から巨額の資金や財産を流してもらいつつ、犯罪そのものといえるデマツイートを繰り返しながら、悪徳ネット工作に励んできた内情が本格的に浮かび上がってきた感じだ。

ちなみに、自民党の元宿事務総長は、特に安倍元総理が深い信頼を寄せてきた「自民党の金庫番」と言われてきた人物ですし、日頃からDappiを敬愛していた様子が見られる山田宏議員は、安倍元総理や岸防衛相らと同じ「長州田布施一族」の議員ですね。

山田宏

~省略~

経歴
東京都八王子市生まれ。本籍は山口県田布施町、今も山田家の墓がある。山口市立湯田小学校、山口大学付属山口中学校2年生の時に転校、国分寺市立第三中学校、東京都立国立高等学校、京都大学法学部(国際政治学:高坂正堯ゼミ)卒業後、松下政経塾に入塾した(第2期生)[2]。卒塾後熊谷弘衆議院議員の秘書を経て、1985年の東京都議会議員選挙に新自由クラブ公認で出馬し当選[3]。新自由クラブ解散後は自民党に合流。

~省略~

【Wikipedia】

まさしく、Dappiの存在そのものが、(グローバル資本勢力の傀儡である長州田布施一族が法を超えた特権を手にしてきた)「田布施システム」と密接に繋がっていることを感じるけど、こうした内情が本格的にバレてきたということは、まさしく、安倍一派をはじめとした「長州一族」の権力が徐々に揺らぎ始めていることを示唆しているのではないかな。

確かにそのように感じられますが、しかし、一方で、ここまで「安倍一味による犯罪そのものといえるネット工作」がバレてきたにもかかわらず、テレビでこれを報じたのは、今のところTBS「報道特集」のみであり、その他の局や番組はいまだに一様に「見て見ぬふり」を決め込んでいる始末です。

こうした内情が大々的にテレビで特集されれば、自民党の大惨敗が現実のものになりかねないし、さぞかし、官邸レベルで局に相当に強い圧力がかかっているのだろう。
テレビがこれを懸命に覆い隠そうとするのなら、ますます野党議員がこの先大々的かつ直接的に岸田総理を追及していかないといけないし、小西議員や杉尾議員のみならず、デマによる被害を受けてきた多くの野党議員や国民がDappiを集団で訴えていく必要があるのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事