【こわっ】「老後2千万円」報告書に安倍総理激怒!「金融庁は大バカ者だな」…官僚も震え上がるアベ恐怖政治!

Pocket

どんなにゅーす?

・国内で波紋が広がっている、金融庁による「老後に2千万円が必要」と記した報告書を麻生財務相が受け取りを拒否した問題について、安倍官邸が主導して受け取り拒否していたことが判明した。

・報道によると、金融庁の報告書について安倍総理本人が激怒。 「金融庁は大バカ者だな。こんなことを書いて」と周囲に漏らし、選挙に悪影響をもたらしかねない報告書の内容に、強い不快感を露わにしたという。

首相激怒「金融庁は大バカ者」 官邸主導、異例の火消し

老後の生活費が「2千万円不足」するとして資産形成を呼びかけた金融庁の審議会報告書の受け取り拒否は、首相官邸が主導していたことがわかった。森友・加計(かけ)学園問題などで隠蔽(いんぺい)を続けた政権の体質が、改めて浮き彫りになっている。

安倍晋三首相は、18日の参院厚生労働委員会でも火消しに追われた。

「あたかも一律に老後の生活費が月5万円赤字になるとしたことは、国民に誤解と大きな不安を与えるもの。高齢者の実態はさまざまで、平均での乱暴な議論は不適切であった」

~省略~

今月10日、首相も出席した参院決算委員会で「2千万円不足」問題の追及が強まり、公的年金にも焦点が当たった。その日、首相は周辺にこう漏らした。

「金融庁は大バカ者だな。こんなことを書いて」

~省略~

【朝日新聞 2019.6.18.】

「究極の反知性」の安倍総理が主導して、「2千万円報告書」を強制的に抹消!自らを棚に上げて「金融庁は大バカ者」と頭に血を上らせる!

出典:YouTube

金融庁の重要な報告書を安倍政権が強制的に「抹消」しちゃったけど、どうやら、安倍官邸が主導してこれを「なかったもの」にしたみたいねっ!
「やっぱり」って感じだけど、よりにもよって、専門家の意見を元に作られた報告書について、「金融庁は大バカ者だな」って…!!
この男は、一体どこまで傲慢で思い上がっているのよっ!!

ほんとに、政界の中でもトップクラスなまでに、知性も教養もゼロの「究極の反知性」だというのに、相変わらず、自分のことを全知全能の”神”か何かだと勘違いしているのかな
自分が「とてつもなく偉い」と勘違いしているから、自らの一存で、思い通りに事実をねじ曲げることも出来ると思い込んでいるのだろうし、だからこそ、事実を元に淡々と報告書を作った金融庁のことを「大バカ者」と罵っては、こんな「正式な報告書を強制抹消」なんていうメチャクチャなことも平気で出来るんだろうね。

ネット上では、「大バカ者はお前の方だ」の声が噴出しているけど、本当に、日頃から国民にとって重要な事実を改ざん・捏造・隠蔽・抹消しまくっている安倍総理こそが「真の大バカ者」だし、自らを”全知全能”と思い込んでいる究極的な勘違いぶりは、もはや付ける薬がないような状況だね。
(官僚自身も、こんな究極の反知性の総理にビクビクしている現状に、情けなくなってこないのかな?)

ツイッター上でも、「首相激怒」のワードがトレンド入りしたみたいだけど、いまだに総理の椅子に居座りながら傲慢・横暴の限りを尽くしている安倍総理の行状に対し、多くの国民がより強い危機感を持っては、一刻も早い退陣を求めて一斉に立ち上がっていく必要がありそうだ。
(霞が関の官僚も、そろそろ堪忍袋の緒を切らしては、一斉に安倍政権に対して反旗を翻してしかるべきような事態だろう。)

私も、さすがに「我慢の限界」に差し掛かっているような状況だわっ!!
より多くの国民が一致団結して、この究極の「勘違い総理」を引きずり下ろさなきゃいけないし、それが出来ない限り、国民がこのまま不幸のどん底に落っこちていくのは避けられないような状況なんじゃないかしら!?

Pocket

 

 関連記事