【悪質】日本郵政社員らが”コロナ減収”装い持続化給付金を不正申請&受給!「かんぽ不正販売事件」の損失補う!→会社側が返還を求めるも、10数人が返還拒否!

Pocket

どんなにゅーす?

保険商品の不正販売発覚により大幅な減収となった日本郵政とかんぽ生命の社員およそ120人が、「コロナ危機による大幅な収入減」を装って持続化給付金を不正申請していたことが発覚した。

・会社側は、申請中または既に受給した社員に対して取り下げや返還を求めているものの、すでに給付金を受け取っている10数人が返還を拒否しており、日本郵政関係者の悪質な手口に国民から怒りの声が噴出している。

日本郵政 社員120人が持続化給付金申請 会社は取り下げ求める

~省略~

持続化給付金を申請したのは、日本郵便で保険の販売などを担当する社員、およそ100人と、かんぽ生命の社員、およそ20人の合わせておよそ120人です。

会社によりますと、これらの社員はかんぽ生命の保険の不適切な販売問題がきっかけで収入が減ったにもかかわらず、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだとして、個人事業主などの場合、最大100万円を受け取れる持続化給付金を申請していました。

保険の販売を担当する社員は給与とは別に、営業成績に応じた手当を事業所得として受け取っていて、この部分の減少を理由に申請したということです。

これについて日本郵政グループは、制度の趣旨に反する申請だとして申請の取り下げや、すでに給付金を受け取った場合の国への返還を求めています。

これに対して、日本郵便の社員10数人は取り下げに応じていないということで、会社は引き続き取り下げを働きかけるとしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.6.12.】

本来「真っ先に届けるべき人」にはいつまでたっても届かず、悪徳不正申請者には素早く入金!?日本郵政の悪徳体質と持続化給付金の根本的な問題点が露呈!

出典:FNN

一体どうなってんのよこれはぁ~!?
どうして、コロナ危機のせいで本当に窮地に陥っている、多くの個人事業主の人たちには待てど暮らせど給付金が届かない事態が頻発しているのに、お年寄りの人たちを巧みに騙して保険商品を不正に売り付けていた人たちがこんなに素早く給付金を手に出来てるわけっ!?
しかも、一部の受給者は、会社からの返還要求を拒否しているなんて…!!

実際に(まっとうな理由や正しい手続きで申請しているにもかかわらず)持続化給付金が一向に届かないせいで、倒産・廃業に追い込まれてしまったお店や会社も多くあるだろうに…
まさに、「カネを得るためなら手段を選ばない」といった日本郵政の元々の悪徳体質と、(かねてから問題視されてきた)持続化給付金の根本的な問題点が露呈した一件と言えるだろう。

そもそも、(当然のごとく)持続化給付金を受け取るには、コロナ危機によって大幅な収入源となっていることを証明する資料や申請者からの説明が必要になるはずだけど、なんでこのような申請がパスしてしまったのかがとても不思議だ。
120人もの社員が揃って申請・受給している点も気になるし、そういう風に考えると、日本郵政の中にいわゆる”仲介者”みたいなのが存在しては、持続化給付金を所管する経産省や委託先の電通などに働きかけては優先的にパスできるように「何らかの取り計らい」が行なわれたことなども疑いたくなってくる

どちらにしても、(ただでさえ不安定な立場にある)中小零細企業の経営者や個人事業主を対象にした持続化給付金を、日本郵便やかんぽ生命の社員が受給できるということ自体が完全におかしいし、こんなことが出来てしまっている背後に、何かの”裏”が存在していることを疑わざるを得ないね。

ほんとにそうだわっ!
日本郵政だけじゃなく、この不正申請をOKしてしまった持続化給付金の運営側にも大きな問題があるし、是非とも野党にもこの問題を調査・追及してもらいたいところだわ!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事