■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【闇深し】中国製ワクチンが水面下で日本に流入!?日本の富裕層や与党議員が密かに投与か!中国共産党幹部に近い中国人(中共のスパイ)が持ち込み!

【闇深し】中国製ワクチンが水面下で日本に流入!?日本の富裕層や与党議員が密かに投与か!中国共産党幹部に近い中国人(中共のスパイ)が持ち込み!
Pocket

どんなにゅーす?

中国で作られたワクチンが、地下ルートを通じて日本に流入し、一部の富裕層や国会議員らが密かに投与している可能性があることを毎日新聞が報じた。

・ワクチンは、中国共産党幹部に近いコンサルタントの中国人(スパイ)が持ち込んでいると報じられており、この記事に対して様々な声や意見が上がっている。

水面下で出回る中国ワクチン 富裕層から永田町へ? 狙われる日本市場

中国で製造したとされる新型コロナウイルス感染症の未承認のワクチンが日本国内に持ち込まれ、日本を代表する企業の経営者など一部の富裕層が接種を受けていることが明らかになった。2020年11月以降、既に企業トップとその家族ら18人が接種を受けたという。ワクチンは、中国共産党幹部に近いコンサルタントの中国人が持ち込んでいる。個人が自分で使う以外の目的で海外からワクチンを持ち込むのは違法の可能性があるが、中国側がワクチンをテコに影響力拡大を狙っている姿が浮かんだ。

「提供したい相手が決まっている」

12月12日土曜日の午後6時半過ぎ、東京都品川区にあるクリニックを大手IT企業の社長と妻が訪れた。休診日の診察室で待っていたのは、院長と中国人男性。「本当に安全なんですか」。初対面のあいさつもそぞろに、妻が不安そうに2人に尋ねた。背を向けたまま机上のパソコンのキーボードをたたき何も語らない院長に代わり、中国人男性がうなずきながらほほえんだ。

中国人男性は日中間を仕事で行き来しており、20年の付き合いがあるこの社長に新型コロナウイルスのワクチン接種を勧めた。

~省略~

【毎日新聞 2020.1.1.】

中共のスパイが持ち込んだ「中国製ワクチン」を一部の富裕層や国会議員が密かに接種!?一方で、一般庶民には「極めて有害な」ワクチンがあてがわれることに…!

新年早々、なかなかに衝撃的なスクープが出てきたわね。
つまり、すでに日本国内において、中国産のワクチンが本格的に”アングラルート”で流入していて、それを一部のお金持ちや国会議員までもがこっそりと接種している可能性があるってことね。

なるほど。やはり、大手の企業やITベンチャー、そして国会議員までもが、中国共産党と深く通じている中国人(平たく言うと中共のスパイ)と密な交友を持っていることがよく分かるし、彼らが持ち込んでくる様々な(オイシイ)情報や品物などを日頃からあてにしていることがうかがえる。

しかし、そうはいっても、ろくに治験が行なわれていないはずのコロナワクチンを、自ら進んで接種したがる富裕層(上級国民)たちがいるなんて…ちょっとにわかに信じがたいような話だ。
安全性について、「よほどの絶大な信頼性や確信」がない限り、自ら投与することを選ぶような”風変りな人”はそうそういないのではと思うんだけどね…。
こうした話を見聞きする限り、世界的なコロナ危機が勃発するかなりの前から「(実は)すでにかなりの前にワクチンが出来上がっていた」…なんていうことも有り得そうだし、てことは、中国共産党(グローバル資本勢力)は、やはり、かなりの前から新型コロナウイルスを通じた世界的な「テロ」を計画しており、自分たちが感染症に罹らないためにあらかじめウイルスとワクチンを”セット”で開発していた…などといった疑いがいよいよ本格的に浮上してくることになる。

少なくとも、中共に遣わされているスパイの人間がいくら「安心してください!」と太鼓判を押そうとも、ボクがお金持ちの立場だったら、たかだか1年にも満たない”にわか仕込み”で作った新型コロナウイルスワクチンを接種するなんて、まっぴらごめんだよ。

てことは、もうすでにかなりの前から新型コロナウイルスワクチンはすっかり完成していて、キンペーさんはもちろん、中共の幹部の人たち、自民公明の”お偉いさん議員”の人たちも、すでに多くが”接種済み”…ということなのかしら?
もしそうなのなら、そのワクチンの信頼性は結構高そうだけど、一方で、私たち一般庶民にはこうした「高品質のワクチン」が提供されることは永遠になさそうね。

ああ。
「タダより高い物はない」とはよくいうけど、ボクたち一般庶民には、「電子タトゥー機能(ID認証技術)」つきの「奴隷ワクチン」があてがわれることになるだろうし、今や中共とも一体化しているグローバル資本勢力は、新型コロナ用の「定期的なワクチン接種」を通じて、かつてなかったまでの「デジタル監視奴隷社会」を構築しようとしていることは明らかだ。

したがって、このような情報を通じて、ボクたち一般庶民がワクチン接種を強く求めるようになるのはいささか危険だと思うし、ワクチンにことさらに依存せず、既存の薬を活用したり、人々の移動を効率的に抑えていくことなどを通じて、この新型コロナ危機を収束することは十分に可能だと思っているよ。

いずれにしても、今回の毎日新聞さんの記事は、新型コロナ危機の裏側に潜んでいる「様々な闇」にわずかながらの光を当てたもののように思えるし、この「地球規模の混乱や危機」を通じた、1%の権力層による様々な思惑や計画が存在していることを私たちが知ることで、一般市民にとって最も有効かつ有益な解決法や予防法をよりよく考えていくことが大事なんじゃないかしら?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事