【首相案件?】弁護士に懲戒請求を送りつけ、”返り討ち”に遭っている安倍シンパ(ネトウヨ)が迷走!「余命さんが今自民党経由で官邸と対応協議してる!」「安倍さんからの援護を待て」

Pocket

どんなにゅーす?

・ヘイト問題や労働問題などに取り組みながら、安倍政権を批判していた弁護士らに大量の懲戒請求を送りつけ、逆に弁護士から賠償請求や刑事訴訟を起こされている安倍シンパらが激しく迷走と狼狽を続けている。

・現在、被害を受けた複数の弁護士が連携を取りながら全員に対して賠償請求を行なう構えを見せている中、「(扇動元のブログが)今、自民党経由で官邸と対応を協議している」などとツイートする安倍シンパが出現。ネットで話題になっている。

↓ツイートのまとめにも多く取り上げられている安倍シンパのアカウント。

↓「扇動元のブログが、現在安倍官邸と協議中」「近いうちに安倍総理から援護がある」とツイート。

↓その他の安倍シンパ(自称愛国者)の動向やネットの反応など。

安倍シンパたちの”カルトすぎる”身勝手思考が全開!今までは散々社会弱者を叩いては権力礼賛を徹底→”自業自得”で自ら危機に陥った途端に「弱いものいじめ」だと懸命に主張!

あらあら。「自称愛国者」のおかしな安倍シンパたちがますます崩壊しちゃってるわね。

今までは散々「自己責任論」を振りかざしつつ、日本の中で苦しんでいる社会弱者の人たちを徹底的に中傷して叩いては、彼らを救済する活動していた弁護士さんたちに対して「犯罪行為」として懲戒請求を送りつけておいて、今頃になって、「自分たちこそが社会弱者である」なんて強調し始めては、賠償請求する姿勢を崩さない弁護士さんたちを「人でなし」なんて批判しているんだから…これはちょっと、付ける薬がなさそうね。

今回紹介した安倍シンパのアカウントの過去のツイートを見ても、思わず眉をひそめてしまうような酷い差別ツイートが並んでいたけど…いくら貧困層で社会弱者であることを強調しようとも、彼らがこれまで散々、「弱者側の味方」として安倍政権を強く批判してきた弁護士らに対して、犯罪レベルの誹謗中傷や脅迫じみた嫌がらせコメントを大量に送りつけてきたのは厳然たる事実だし、これだけでも十分に刑事事件や訴訟案件に発展する要素があるだろう。

今回はそれだけにとどまらず、実際に手紙で嫌がらせメッセージを送りつけては、ここまで弁護士業務を大々的に妨害するほどの不当請求をかけているのだから、(現状のツイートを見ても)ちょっとこれは同情のしようがないというのが、正直な感想だ。

それにしても、上のアカウントで「現在、余命ブログ(扇動元の有名ヘイトブログ)が安倍官邸と協議中」「安倍さんからの援護を待て」なんてツイートしているけど、例の扇動元のブログは安倍総理と繋がりがあるのかしらね?
だとしたら、この大量懲戒請求事件もバリバリの「首相案件」ということになってしまうと思うけど。

このツイートがただの妄想なのか本当なのか、現状では不明な状況だけど、扇動元のブログ主は本を複数出版している上に、YouTubeでアップされた動画に本人が顔出しで出たりしているので、統一教会や生長の家原理主義、幸福の科学など、日本会議系のカルト宗教か、あるいは暴力団系の政治結社などに属して、以前から(組織的に)政治的な活動を行なっていた可能性や、安倍一派と何らかの繋がりがある可能性も否定できないね。

いずれにしても、不当懲戒請求の被害を受けていたのは、いずれも日本会議勢力の「ヘイト活動」や安倍政権の「ブラック労働推進」や「弱者いじめ」の政策を批判していた弁護士ばかりなので、安倍総理にとっても日頃から非常に邪魔に感じている弁護士たちなのは間違いないことだし、このような弱者差別や民族ヘイトを伴った権力礼賛思想を持つ”集団”を(直接ないしは間接的に)生み出したのは、まぎれもなく、安倍一派らの宗教勢力と、その背後でアジアの軍事や民衆の思想をコントロールしている軍産資本勢力だということだ。

↓扇動元のブログ主が、過去に大量の告発状を地検に送りつけていた活動をしていたことも判明。

 

現在、被害を受けた弁護士は「あくまで全員に賠償請求を行なう考え」を見せており、見たところ、これにより(強固な組織力を持つ)安倍シンパの側が大きく統制を崩し、激しく狼狽しては、右往左往している状況だ。
扇動元のブログや同調していた有名人らも完全に「知らん顔」になり始めている中で、まんまと騙され嵌められてしまった末端の安倍信者たちの行き着く先が気になるところだね。

残念だけど、末端の信者さんたちを見ても、ここまで身勝手で歪んだ思考がこびりついてしまっている以上、現時点では救済のしようがなさそうな状況だわ。
権力に思うがままに利用された挙げ句、用済みになればゴミのように捨てられるだけの”哀れな存在”なのに、それに気づかずに、社会全体に憎悪や差別感情をまき散らしては同じ側の弱者を痛めつけることしかしないんだから、これはちょっと救いようがないわ。

トルーマンらが生み出した「最強のゴイム」としか言いようがない人たちだけど、ここまで殺伐としてしまった日本社会が少しは健全な方向に向かっていくことを願いつつ、この先どうなっていくのか、静かに見守っていきましょう。

おススメ記事&広告

 
Pocket