【癒着】ツイッター社のジャック・ドーシーCEOが官邸を訪れ、安倍総理と面会!ネット「どうりで安倍シンパのヘイトが野放しにされてるわけだ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月6日、米ツイッター社のジャック・ドーシーCEOが日本の首相官邸を訪れ、安倍総理と面会安倍総理はドーシー氏との2ショット写真をツイッターに投稿し、特製Tシャツをプレゼントしてもらったことを明かした

・ネット上では、これまでツイッター社が安倍政権と癒着している疑惑がくすぶってきた中、「やはりそうだったのか」「どうりで安倍応援団のヘイトスピーチらが野放しにされているわけだ」などの声が上がっている。

ツイッターCEOと面会 首相「どんどん発信する」

安倍晋三首相は6日、米短文投稿サイト、ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)と官邸で面会した。その後、自身のツイッターにドーシー氏との写真を載せ「これからもSNS(交流サイト)を活用した情報発信をどんどん行っていきたい」と投稿した。

ドーシー氏も「日本の皆さまに直接語り掛けるツールとしてツイッターを活用いただき、また気候変動をはじめとする地球規模の課題に指導力を発揮していただき、感謝します」とツイッターに英語と日本語でつづった。

〔共同〕

【日経新聞 2018.12.6.】

安倍総理と米ツイッター社CEOが官邸で面会!グローバル資本のSNSとも強力に連携し、日本国民を死地に追いやるグローバリズムを推進!

出典:Twitter(@AbeShinzo)

出典:Twitter(@jack)

なんで、アメリカのツイッター本社のCEOが、わざわざ日本の首相官邸に赴いて安倍総理に面会しているのよ!?
しかも安倍総理に「@AbeShinzo」なんてプリントされたオリジナルTシャツの手土産まで持っていっちゃって…やっぱり、ツイッターはアメリカの本社レベルで安倍政権とズブズブだったのね!!

なんせ、安倍政権にとってのツイッターは、今や”国民洗脳”に欠かせないほどの重要な「世論誘導ツール」としてフル活用している状況だし、DAPPIをはじめとして、素性を隠しながらも、安倍政権と深く繋がっているとしか思えない、怪しい工作系アカウントがいくつも存在している有様だからね。
日本支社の笹本社長も、話題のnetgeekをリツイートしたり自民党の勉強会に呼ばれるなどして完全にズブズブなのが分かっているけど、やはり本社レベルで安倍政権と繋がっていたようだね。

他のSNSでも同じことが言えるかもしれないけど、こうした自民党のネットサポーターズクラブをはじめとした大規模な政治系ネット工作部隊が「コアなユーザー」としてSNSサービスの普及を後押ししている側面があるし、そもそも、これらの世界的に普及しているSNSは、いずれもグローバル資本によって運営されている大企業である以上、グローバリストによる「市民洗脳ツール」としてこの世に生み出されたものと考えるべきだ。

そう考えると、必然的に、グローバリストにとって都合がいい情報がSNS内に蔓延していくことになるし、安倍政権支持に誘導していくような洗脳がツイッター内にはびこっていくのも、(よほど市民側が強く安倍政権に抵抗しない限り)ごく自然な流れだ。
したがって、安倍政権が水道民営化「移民拡大」に伴う労働者の奴隷化促進など、グローバル資本勢力を喜ばせる政策を行なえば行なうほど、ツイッター内では悪質な「安倍礼賛」の情報がますます蔓延しては、安倍政権に反対するアカウントが凍結されるなど、市民の生の声がより圧殺されていく展開が予想されるね。

つまり、テレビ・新聞だけじゃなく、ツイッターもNHKと大して変わりないということね…。
一人でも多くの国民が、安倍政権の正体と、安倍政権が腐心するグローバリズムの恐ろしさに気がつかないと、いよいよ取り返しのつかないような悲惨な事態になっていってしまうわ…!!

その通りだね。
いずれにしても、グローバルレベルで展開されている大手のSNSは、こうしたグローバリストによる民衆の洗脳や個人情報の収集、市民の監視などに活用されている側面があることを認識しておくのがいいのではと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket