【最凶の売国】「水道民営化」法案が参院本会議で強行可決!今国会内で成立へ!テレビでは今頃になって池上彰氏が特集(遅すぎ…)

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月5日、安倍政権が腐心してきた「水道民営化」に繋がる水道法改正案が参院本会議で強行可決され、今国会内で成立する見通しになった。

・テレビでは、今頃になってから水道民営化の危険性を特集する番組も出始めているものの、「時すでに遅し」の様相になっている。

民間参入促す水道法改正案 参院本会議で可決 週内にも成立へ

水道事業の経営の安定化に向け、民間の参入を促す水道法の改正案は5日、参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党などの賛成多数で可決されて、再び衆議院に送られました。改正案は週内にも成立する見通しです。
水道法の改正案は、水道事業の経営の安定化に向け、自治体の広域連携を進めることや水道施設を所有したまま自治体が運営権を民間事業者に売却できる「コンセッション方式」の導入などが盛り込まれていて、4日、参議院厚生労働委員会で可決されました。

そして5日の参議院本会議で採決が行われた結果、自民・公明両党や日本維新の会などの賛成多数で可決されました。

改正案は、先の通常国会で衆議院で可決されていましたが、国会法の規定により、成立には改めて衆議院での可決が必要となることから再び送付されました。そして5日午後の衆議院厚生労働委員会で審議が行われたあと採決される予定で、改正案は週内にも成立する見通しです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2018.12.5.】

水道“民間”法案 6日成立へ 野党反発「値上がりする」

~省略~

自治体の水道経営強化をはかるこの法案には、運営権を民間企業に売却する方式の導入が盛り込まれていて、野党は「海外では失敗している」、「水道料金が値上がりする」などと批判している。

法案は、午前の参議院本会議に続き、午後5時15分すぎ、衆議院の厚生労働委員会でも、野党側が抗議する中、与党などの賛成多数で可決された。

6日の衆議院本会議で、可決・成立する見通し

【Yahoo!ニュース(FNN) 2018.12.5.】

安倍政権による”強行採決後”に池上氏がTV特番で水道民営化の危機を語る!ネットでは「おせ~よ!」の大合唱!

出典:YouTube

今頃になって、池上さんの特集番組(TBS)で水道民営化の危険さが伝えられていたけど、強行採決後に放送してもほとんど何の意味もないじゃないのよっ!!
せっかく分かりやすく水道民営化のヤバすぎる売国性がまとめられていたのにっ…これじゃすでに後の祭りじゃないのよ~!!

管理人さんもかねてより「マスコミの動きが安保法の強行可決の時とよく似ている」と言っていましたが、ますます”あの時”とそっくりになってきていますね。

本来であれば、麻生氏がワシントンで「日本の水道の民営化」を宣言した2013年の頃からこの件を調査し始めて、安倍政権がこれを推進しようとしていた時点で、いち早く報じ、国民に強く警鐘を鳴らしていくのが、「本来のあるべきジャーナリズム」のはずなんだけど…これでは、良識派のフリをして「ジャーナリズムっぽさ」を演出しつつ、その根底では安倍政権のグローバリズム(つまりは売国)を強固に支援していると言われても仕方ないだろう。
(ちなみに当サイトでは、2016年5月にサイト開設してから半年後の16年10月に強く警鐘を鳴らす記事を配信しているし、ジャーナリストの岩上安身氏が運営するIWJは2013年の時点で麻生氏の発言と水道民営化の危険性を丁寧に伝えている。)

これが、グローバリストに資本を握られている大手マスコミの姿だし、だからこそ、ボクたち一般庶民は、1%の巨大資本が政治やマスコミを支配している現状を知った上で、自分自身の力で社会の裏側を考え、想像し、獰猛で非情な資本勢力から自らを守るための知識や術を身につけなければならないんだ。

こうした「社会の仕組み」を学校でもテレビ・新聞でも一切教えてくれないせいで、大多数の国民が何も知らずに、無意識のうちに「グローバリストの奴隷」にさせられながら、過酷労働や低賃金などにあえぎながらも、ただ漫然と生活している状況だし、ここまで徹底的に与党政治家に愚弄されても本気で怒ろうとしないのであれば、海外の人から「日本人はあまりにおバカだ」と言われてしまっても、残念ながら何も言い返せない状況だろう。

こうした様子を見ても、つくづく大手マスコミは全く頼りにならないことを感じるし、「そもそも(グローバル資本の一部である)マスコミはそのようなもの」との認識の下で、自分たちの力で社会の仕組みを考え、物事の本質を見極める能力を手に入れ、下層の市民が一致団結しながら現状の閉塞感を打破させていかなければならないということだね。

悔しいけど、これでも政治や社会の無関心のまま選挙にも行こうとしないのなら、本当に自分たちの「自業自得」としか言えないわよね…。
マスコミも正直言ってほとんど何の役にも立たない状況だし、ネット上に存在している”僅かな手がかり(質の高い情報)”を元に、私たちの力だけで道を切り開いていかないといけないのね…!

事態は悪い方向に向かうばかりですが、これからやってくる「過酷な時代」を生き残っていくための思考力や能力を高めていくべく、今後も地道に頑張っていきましょう。

おススメ記事&広告

 
Pocket