政府が「新紙幣」のデザインを発表!1万円は渋沢栄一、5千円は津田梅子、千円は北里柴三郎に!ネット上では数字のフォントに「ダサい」の声!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月9日、麻生財務相が2024年をめどに紙幣のデザインを一新することを発表。新札の顔として、1万円札は渋沢栄一5千円札は津田梅子千円札は北里柴三郎に刷新することを明らかにした。

・麻生氏は、新元号「令和」の発表と重なったことについて、「たまたま重なった」と説明。巷では、新札の顔にちなむ地域や施設から歓迎の声が上がっている他、ネット上では、新札のデザインについて「数字のフォントがダサい」などの声が上がっている。

紙幣一新、正式発表 新元号とは「たまたま重なった」

麻生太郎財務相は9日午前、2024年度上期をめどに1万円札と5千円札、千円札の紙幣を刷新すると発表した。新しいお札の顔は1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎となり、明治維新以降の日本の実業や女子教育、医学研究を切り開いた人物が選ばれた。

紙幣を一新するのは2004年以来、約20年ぶりとなる。麻生氏は理由について、偽造防止の観点からこれまでも約20年ごとに変えてきたと説明。今月1日の新元号発表と続いたことについては「たまたま重なった」と説明した。

人物の肖像が刷られる表面に対して、裏面も一新される。1万円札は東京駅の丸の内駅舎、5千円札は藤の花、千円札は富嶽(ふがく)三十六景の「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」が採用される。

1万円札に選ばれた渋沢栄一について、麻生氏は「日本資本主義の父」と表現、「この方の功績は大きかった」と語った。一方、2千円札の刷新を見送ったことについては、「流通枚数が少ない」ためとした。

~省略~

【朝日新聞 2019.4.9.】

発表された新紙幣、日本の伝統や独自性が失われ、「欧米化」「グローバリズム」の本格的な到来を思わせるようなデザインに!

出典:YouTube

安倍政権が、突如、紙幣のデザインを本格的に刷新することを発表したわ。
新元号「令和」の発表のタイミングとかぶったことについて、麻生さんは「たまたま重なった」って説明しているみたいだけど、少なからず、これも選挙前の安倍政権にとっては、自政権の不祥事隠しにプラスに働く可能性がありそうね。

そして、新札のデザインについて、ネット上では全体の雰囲気や数字のフォントなどについて「ダサい」との声が多く上がっている様子だね。

ボク自身が感じたのは、これまでのお札に見られた、日本の伝統や独自性などがいくぶん後退しており、その分、欧米でメインに使われているアラビア数字(洋数字)を前面に出している上に、ユーロのフォントにも似ていることなどから、現在の日本が見舞われている(安倍政権が推し進めている)「グローバリズムの深化」を象徴しているようなデザインであるように感じたよ。

そして、1万円札に選ばれた渋沢栄一「日本資本主義の父」といわれる人物で、(グローバル資本勢力と薩長テロリストによって成し遂げられた)明治新政府による「グローバリズムの夜明け」において、銀行や証券市場などのグローバル金融システムの構築に尽力したことが知られている。

そうした点からも、「グローバリズム」を強調しているデザインであるのを感じるし、事実、この先の日本は、本格的な(国家・国境がますます希釈されては、「国境なき金融勢力」に国民が徹底的に支配される)新たなディストピア(グローバル独裁社会)が本格的に到来することが予想されるね。

そもそも、明治新政府の設立の経緯を見ても、明治に作り上げられた金融システムそのものがグローバル資本勢力の主導の下に進められたことがうかがえるし、日銀そのものも、欧州銀行家の実質的なコントロール下にあることが疑われるわ。

いずれ近い未来には、現物のお札が完全に淘汰されては、政府公認の暗号(仮想)通貨による「グローバリズムの最終段階」がやってくることが予想されるけど、そう考えると、今回の新紙幣が現物のお札として「最後のデザイン変更」になる可能性もありそうね。

平たく言うと、明治以降の日本を含めた、世界中に存在する「信用創造」による中央銀行制度や株・債券などの金融システムそのものが、欧州貴族の銀行家が考え出した「グローバリズム」そのものだし、現代の「グローバル資本主義」が深化し続けた先にあるのが、国家・国境が完全に無くなった「世界統一政府」による「究極の奴隷制度」ということになる。
この先、暗号通貨やAIがより存在感を増していくことで、人間の価値がますます低下しては、「完全なる市民監視社会」が構築されていくことになるし、今回の新紙幣の中にも、グローバリストによる様々な暗示やメッセージが隠されている可能性もあるだろう。

探究心溢れるブロガーさんやネットユーザーがこの先様々な分析をしていくことが予想されるわね。
早速世の中では、新紙幣の発表に色々と湧いている状況だけど、この動きやデザインの中に隠された暗示や本質について、今後も考察していく必要がありそうだわ。

Pocket

 

 関連記事