【ほっこり】中国で「となりのトトロ」が初公開、3日で15億円の興行収入!日本公開から時を経て、再び中国で多くの人々の感動呼ぶ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月14日、日本での公開から30年の時を経て、「となりのトトロ(宮崎駿監督・1988年)」が中国で初公開わずか3日で15億円の興行収入を達成し、話題になっている。

・メディアによると、中国国内では以前より海賊版や違法アップロードなどを通じて子供の頃からトトロを観てきた人も多いとのことで、その中でも、ここまで多くの中国人が映画館に足を運び、作品に親しんでいる事実を興味深く報じている。

中国で『となりのトトロ』初公開、3日で興収15億円突破 30年を経た異例のヒット

12月14日、『となりのトトロ』が中国で初公開され、3日で興行収入1300万ドル(約15億円)を突破したと、大手エンターテインメントメディアの「Variety」が報じている。

1988年の『となりのトトロ』日本初公開から、30年の時を経ての中国での劇場公開となる。

30年前の『トトロ』がなぜ?

『となりのトトロ』は、スタジオジブリが制作し、宮崎駿さんが監督をつとめた長編アニメーション映画。

ジブリ作品が中国で公開されるのは今回が初めてとなるが、多くの中国人が、海賊版や違法アップロードサイトで『トトロ』を子どもの頃に視聴しているのだという。

英国メディア・BBCの日本版は、本作が中国でカルト的な人気を誇る作品にも関わらずこれまで上映されなかった理由として、外国映画の上映本数に厳しい制限をかけていることを挙げている。

~省略~

【Yahoo!ニュース(KAI-YOU.net) 2018.12.17.】

「トトロは永遠に不滅!」30年の時を経て中国でトトロが大人気に!中国版のポスターも「センスがいい」と話題に!

出典:トイザらス

↓ネット上で好評を呼んでいるトトロの中国版ポスター。

出典:Twitter(@nowar1024)

にゃにゃ~~!!
にゃこも大好きなトトロが、にゃんと今頃になって中国で初公開されたんだってにゃ~!
しかも、たったの3日間で15億円の興行収入があったにゃんて、これはにゃこにとっても最高に嬉しいニュースだにゃ!!

そうか、日本でトトロが上映されてからもう30年も経つんだね。
今でも金曜ロードショーで放送される時にはついつい観入ってしまうし、さすが、宮崎監督が生み出した名作とキャラクターは、時代を超えて、子どもから大人までに夢や貴重なメッセージを与えながら、国や文化を問わずに永遠に生き続けていることを強く感じるよ。

ネット上では、中国版トトロのポスターが評判を呼んでいる状況で、なるほど、確かにトトロの愛らしくも不思議な世界観をよく表わしていて、なかなかセンスがいいね。
すでに多くの中国人が海賊版や違法アップロードなどを通じてトトロのことを知っていたみたいだけど、それでもなおここまで多くの人々が映画館に足を運んでいるというのは驚きだし、改めて中国市場の規模の大きさを感じてしまうね。

近年の中国といえば、習近平政権がかつて無いまでに権力と覇権を強めている中で、ちょうど米トランプ政権と情報・通信分野や貿易において激しくぶつかり合っている状況だけど、これがより大きな戦乱に発展してしまわないためにも、(こうした権力間の争いと離れた部分で)「市民レベル」で双方の文化に触れ合うなどして交流を行なうことが大切だと思うし、ボクら日本人としても、中国の人々にここまでトトロが愛されているのはとても嬉しいことだね。

中国では、これまでも「名探偵コナン(公開最初の週末で18億円)」や「君の名は(同47億円)」などの日本のアニメ映画が空前の大ヒットを記録してきたとのことだけど、今後もこうしたアニメや漫画、ゲームなどのサブカルチャーにおいて今まで以上に業界の活性化や文化交流を重ねていくことで、上手にバランスを取りながら、日中両国の関係性を維持させていきたいところだね。

色々と難しい問題はあるにゃけど、アニメの楽しさと奥深さは国や文化を越えて不変なんだにゃ!
このニュースを知ったらにゃこもトトロがまた観たくなってきたし、あとでまたDVD観よーっと!

Pocket